• リミテッドプロ RS HF

紹介文を読む

様々な場面で感動をおくりとどける突出した数釣り能力をより現代のフィールド事情に適合させるため、RS穂先の設計を見つめなおしソリッド部を短く、SOFTUBEに継いだかのような自然なつながりに仕上げることでゼロ周辺の操作性がさらに的確かつイメージどおりに。竿全体のマイルド化により16~18㎝の引き抜き性能もいちだんと向上。競技会、混雑河川など使用状況を問わず野鮎サイズ20㎝級までのハイレベルな数釣りに新たな威力を発揮。もちろんソリッドならではのオトリの弱りにくさは従来どおり。オトリを引きすぎず、底なじみがよいのでエントリー層にもきわめて扱いやすい仕上がりに。さらに今作ではスペシャル小太刀RSに搭載され好評を博すショート設計パワータイプ替穂(H2.75相当※)を標準装備。22~23㎝級に好対応できるほか、あたかも「軟らかめのチューブラーロッドを扱う感覚」で使用可能。'15年のみパーソナルスペックでノンズームもラインナップ。「今の鮎はこの調子のほうが釣れる」ジャパンカップ王者が語る最新鋭数釣りアクションをご体感いただきたい。
(※1:Hランク表記はロッドに装着した状態でのロッド全体としての硬さ表記です)

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • タフテック

    タフテック

    タフテック

    素材の配合と製法を見直すことで、従来にない強さを与えられたカーボンソリッド穂先。タフテックαと比べて張りのある高感度が特長です。

    閉じる
  • ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    穂先に極薄のシマノインフィニティカーボンテープをX状に巻き上げる高度な強化構造。これにより穂先のネジレに対する剛性が増すと同時に、スパイラルXとの相乗効果による竿ブレの低減、さらなる感度向上をがねらえます。

    閉じる
  • リミテッドプロカーボン

    リミテッドプロカーボン

    リミテッドプロカーボン

    ウルトラマッスルカーボンより、さらに低樹脂化を実現した高密度素材、並びにかつてない強い張りを実現するPAN系最高クラス高弾性素材。この2つの上位高性能素材をリミテッドプロカーボンと名づけ、先進の高度な成形技術とともに商品化する事に成功しました。

    閉じる
  • 回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    天上糸を直接穂先に結びつける構造の回転「超感」トップ。天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減します。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。また、トップが回転するので天上糸をガッチリ結びつけても効果は変わらず、結び方を選びません。

    閉じる
  • Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    節の継ぎ目はやりとり中に最も負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。

    閉じる
  • しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    濡れた手でも高いフリクション性能が得られて滑りにくい、しっとり加工の素材一体成型グリップです。より質感を高めた揉み皮風バージョンもご用意しました。

    閉じる
※ハイパワーX-ティップ:ソリッド部を除く

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
品番
90-93HF
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
90-93HF 9.0~9.3 9 137.0 250 0.55(0.7)/28.2(25.5) 0.1~0.6/0.02~0.2 0~1(0~2) 99.6 395,000 36327 5

※[H2.6相当]
※( )内の元径は後端から100mmの外径を表示しています。
※先径の( )内は替穂先仕様です。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/4

スパイラルX

芯から強くなれ。

ネジレを克服しロッド性能を根幹から高める[スパイラルX]

[スパイラルX]はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

標準穂先/RSソリッド, タフテック
2/4

標準穂先/RSソリッド, タフテック

※標準穂先は従来に比べ高弾性な素材を使用しているため、先径が細くなっています。先径を穂先の硬さの目安にされる場合、ご注意ください。なお、従来の素材で換算した場合、約1.7mm程度となります。

替穂先/パワータイプRS, タフテック
3/4

替穂先/パワータイプRS, タフテック

メタルトップ口栓(レーザー彫刻入り)、口金具(元上/彫刻入り)
4/4

メタルトップ口栓(レーザー彫刻入り)、口金具(元上/彫刻入り)

■リミテッドプロカーボン
■固着・中子落ち対策
■スパイラルX
■エアロシェイプボディ(元上)
■HPW製法
■タフテック
■ハイパワーXティップ(ソリッド部を除く)
■パワータイプRS替穂先付(全長は標準から-15mm)
■しっとりグリップ
■回転「超感」トップ(極細)
■ハイスピードⅢ(30cm)
■RTC(中竿/#1除く)
■口金具(元上/彫刻入り)
■メタルトップ口栓(レーザー彫刻入り)
■Gクロスプロテクター
■トリコット竿袋
■ニット製竿袋
■ハードケース

LIMITED PRO RS  さらに鋭く、攻撃的

85㎜のソリッド短縮化により歴代最高度の操作性を獲得し生まれ変わったRS。 ソリッドだけが創造できる柔軟アクションが三次元のゼロ操作にスムーズに追従。 入れ掛かりの好循環を途切れることなくロングキープする。 これほどまでの高度なゼロ操作を、こんなにも簡単に手にできる竿が他にあるだろうか?

ゼロオバセを三次元で従えよ

RSロッドの心臓部ともいえる穂先先端ソリッド部分を大胆に短くしたことで RS史上最高の操作性を手に入れた新生リミテッドプロRS。 最強の数釣りロッドを追求し、さらに、タイプHに変貌を遂げるパワー替穂をも装備し圧倒的な状況対応力を身にまとった。 シマノが攻撃的ソリッドロッドにこだわり続け、 島啓悟が勝負竿として決して手放さぬ理由がここにある。

ジャパンカップ王者の理論 三次元でとらえるゼロオバセ

仮にオトリを直線的に引き上げる操作を一次元。横方向にスライドさせる操作を二次元的と表現するならば、三次元的オトリ操作とはどんなものになるのだろうか?島啓悟はこんなふうに三次元的な釣り=自身のゼロオバセ感覚を表現する。
「僕がイメージするゼロは、ある一点に固定された状態ではなくオトリの泳ぎや水流によって常に前後上下左右一定範囲の球体の内側で動き続ける立体的なイメージ。ある一点でピタッとゼロを取ったとしても次の瞬間オトリが動いてまたゼロを取り直す。次もその連続。こんなゼロを滑らかに追従するためにはオトリの動きに応じて柔軟に曲がり込む穂先=ソリッドがいい。目印が5~10㎝幅で動き続ける球体のゼロに追従する柔軟な調子。硬くてパワーのあるチューブラーの球体(スウィートスポット)は小さく弾かれやすいけれど、ソリッドだとその球体が大きくなるうえ弾かれにくい。僕が長年RSソリッドを使い続ける一番の理由はここにあります」

パワー替穂でタイプHへと変貌 23㎝級にも動じない瀬釣り対応力

■替穂先/パワータイプRS, タフテック

ところで今回リミテッドプロRSにはスペシャル小太刀RSで好評を博すパワータイプショート替穂が標準装備されている。この穂先を組み合わせればスペシャルRSタイプH(H2.75相当)を連想させる23㎝級にも動じない瀬釣り対応力を発揮すると同時に、きわめてチューブラーに近い感覚でオトリを扱うことができる。

極短ソリッドが生む鋭敏操作 20㎝以下の数釣りに特化

理想のゼロオバセ状態の長時間キープを可能にするRS。今作リミテッドプロRSでは「現代最も掛かる調子」をさらに追求すべく、まずはその心臓部ともいえるソリッド部分を従来から85㎜大幅短縮。さらに攻撃性を高めた新設計とした。
「ソリッド部分を短縮した効果を一言でいえば“あやふやから確信操作への進化”だと個人的に考えています。今回タフテックソリッドが短縮し先が軽くなった分だけ操作性と感度が向上してアソビが消え、さらにイメージ通りの操作が可能になりました。(魅力的なオトリの状態を作り出せるかどうかは別にして)チューブラーのダイレクト操作を100%とした場合、僕の感覚では従来のRSが鮎師のイメージの60~70%を操作に反映できていたとすればニューモデルは常時80%反映できる感じ。いちだんとチューブラーに肉迫した非常にレスポンスのよい操作性です」

さらに今、島啓悟が考える「現在最も掛かる調子」とは、どんなアクションなのか。
「昔と今、釣れる鮎が変わったかといえばそうは思いません。今も昔も野鮎は“動くオトリ”に好反応を示す。RSロッドはその動きをダイレクトに作り出せる竿。僕が考える最も掛かる調子とは、思い通りに、例えばさっき言った三次元の球体のゼロ操作でオトリを動かすことができる調子です。そんな意味で言えば今回の竿はイメージするオトリの動きをより素早く明確に生み出せる=さらに掛かる調子に生まれ変わっていると思います。
従来硬めのボディー設定だったことで18~20㎝をちょっと抜きづらく感じる場面もありましたが、今回は20㎝以下の競技会サイズをメインターゲットに設定したことで竿全体がマイルドになりイメージ通りに抜ける、より数釣りを追求した調子になっていますね」
RSロッドを手にしたことのないチューブラー派の中には、この竿を難解で扱いにくい竿と考える人もいるかもしれないが、それは全くの誤解である。RSロッドはシマノ鮎ロッドの中でもきわめて扱いやすく、しかも数を釣る能力に関しては全ロッド中、間違いなくトップクラスに位置づけられる。そしてゼロオバセ操作を容易かつ長時間にわたってコントロールできる能力はどんなロッドもかなわない。

RSで入れ掛かりが途切れぬわけ

「チューブラーより格段にオトリをいたわりながら高度なゼロオバセ操作を簡単操作できるRSロッド。あれこれ考えず、まずはチューブラーに近いパワー替穂から慣れるスタイルもよいかもしれません。
一般的に野鮎が低活性で厳しい場面だけがソリッド竿の出番と思われがちですが、そうではありません。真っ黄色な元気鮎が入れ掛かりという場面でも糸を軽く張ってテンションをかけながらオトリをなじませてやると横の動きが出て野鮎の反応が明らかに違ってきます。この動きを長時間生み出せるので入れ掛かりの循環がチューブラー竿より途切れにくい」
真っ黄色な背掛かり天然オトリを手にしたのになぜか掛からない、あるいは掛かりが遅い……こんな経験をお持ちではないだろうか。そんな方はぜひ一度リミテッドプロRSを手にしてほしい。このロッドに備わる引き出しの多さ、チューブラーでは作り出すことのできない泳ぎと多彩な遊泳変化が、かつて経験したことのない入れ掛かりのロングキープをもたらしてくれるはず。
誰もがより簡単に釣れる竿。今まで反応させられなかった野鮎を呼び寄せる威力を秘めたゼロ管理のカリスマロッド。シマノがこだわり続ける数釣りロッドの新たな理想形を手にしていただきたい。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。