• オシアジガー∞(インフィニティ)

紹介文を読む

テクニカルで奥の深いスロー系ジギングのゲームスタイルにシマノが提案するフラッグシップ『オシアジガー∞(インフィニティ)』のコンセプトは連続するジャークとフォールを滑らかに繋ぎ、あらゆる誘いでフォールアクションを演出すること。それを実現するため繊細なティップと高反発スローテーパー設計のブランクスを装備、スローピッチはもちろん、しっかり動かすワンピッチジャークや、スライド幅とスピードを自在に可変させるコンビネーションジャークにも対応し、根魚のみならずド本命の大型青物をも難なく攻略する。2016年は開拓が進む中深海やさらなる大型魚に向けてB635、B636の2アイテムをリリース。無限に広がるスロー系ジギングの世界にさらなる一歩を踏み出す。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • ハイパワーX

    ハイパワーX

    ハイパワーX

    キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込むシマノ独自の強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差のノーマル構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特徴。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ジグウェイト(g) 適合ラインPE(号) リールシート位置(mm) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
品番
B651
B652
B653
B634
B635
B636
B803
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ジグウェイト(g) 適合ラインPE(号) リールシート位置(mm) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
B651 1.96 1 196.0 133 1.8/9.3 MAX130 MAX1.5 450※D 87.5 52,000 36705 1
B652 1.96 1 196.0 137 1.9/9.3 MAX180 MAX2 450※D 89.9 52,000 35963 6
B653 1.96 1 196.0 140 2.0/10.1 MAX230 MAX2.5 450※D 89.9 52,000 35964 3
B634 1.91 1 191.0 140 1.9/10.1 MAX300 MAX3 450※D 90.0 53,000 36652 8
B635 1.91 1 191.0 147 2.1/10.2 MAX400 MAX3 450※D 98.2 53,000 37073 0
B636 1.91 1 191.0 160 2.3/11.1 MAX450 MAX4 450※D 98.0 53,000 37074 7
B803 2.44 2 195.2 170 2.0/11.9 MAX400 MAX2.5 450※D 90.1 59,000 36706 8

※リールシート位置=D(ダウンロック):竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
※適合ジグウェイトは参考値です。ジグの形状やジャークのスピードによって引き抵抗が変わるので、適合値は増減します。
※バットガイドのスレッドの下部はアイテム別に専用カラーを採用。B651はライトブルー、B652はガンメタグレー、B653とB803はゴールド、B634はブルー、B635はオレンジ、B636はグリーンです。

ラインナップ

ラインナップ

  • B651

    繊細さのなかに驚異的なトルクを内包

    水深30~80m、メタルジグ60~130gを基本に活躍するアイテム。1パワーならではの繊細な“しなり”によって、軽いウェイトのジグを艶めかしく操ることができます。スムーズに曲がるティップと粘り強いバットを使い分けることで、スローな誘いや緩急をつけたジグアクションなどを自由自在に演出。さらに1パワーでありながら青物にも通用するバットパワーを秘めた、攻撃的な特性を備えています。

  • B652

    粘り強い「しなり」を備えた繊細な一本

    水深80mまでを基本に100g台のジグを自在に操るためのアイテム。2パワーの繊細さを生かした滑らかな誘いは青物、根魚のほかタチウオにも適合します。

  • B653

    スロー系ジギングスタンダードアイテム

    水深100m超までの攻略を基本に、レスポンス良くジグを操作できるスロー系ジギングの基軸となる一本。フォール重視でスローに誘う底物、根魚狙いだけでなく、スピード感あるジグアクションで誘う青物攻略に好適。水深200mを超える中深海のアカムツ(ノドグロ)狙いにも適応。

  • B634

    パワーとレスポンス性を高めた63レングス

    水深60~130mや激流の浅場、メタルジグ160~300gを基本としたアイテム。反発力を高めながら、操作時の負担を低減するために6′3″レングスに設定。積極的にジグを動かして誘う青物狙いや、中深海のアカムツ狙いに適応。遠征先での不意の大型魚にも対応できるパワーをも備えています。

  • B635

    中深海まで対応のパワフルスタンダード

    水深70~160mの青物狙いや水深350mまでの中深海におけるアカムツやマダラ、底物に適応。ゆっくり誘うだけでなくスピード感あふれる操作も得意とし、様々なジグアクションでターゲットを魅了。潮流の速いエリアでもジグをコントロールできる反発力と、遠征エリアの大型魚にも対応するパワーを兼備する。

  • B636

    大型青物を攻め落とすシリーズ最強スペック

    水深80~200mの青物や水深500mまでのキンメダイやアカムツ、底物に適応。レスポンスとパワーを高めながらもオートマチックに復元するブランクスが体への負担を低減、遠征での大型カンパチにも通用する力を秘めている。

  • B803

    ロングフォールを生みだす8フィートレングス

    メタルジグのフォールアクションで、ベイトフィッシュが弱った動きをより長く演出することを追求したロングロッド。8ftのロングレングスを活かし落差2m以上のフォールを生み出せるだけでなく、極端にスローな"上げ"と"下げ"の誘いや、高速リトリーブからのフォールといったコンビネーションにも適応。ボトムレンジを集中して攻める根魚や底物狙いはもちろん、中層の青物攻略にも適したアイテムです。

閉じる

スロー系ジギングの真髄へ

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
Fuji DPS22
1/1

Fuji DPS22

面積が広く、ホールド性とグリップ性に優れた太径シート。滑りにくいマットラバーコーティング仕様。

■スパイラルX
■ハイパワーX
■チタンフレームKガイド
■シート内部のスペーサーに、高感度で軽量性に優れた硬質発泡ウレタンを採用
■グリップにカーボンマテリアルを採用し、振動伝達性を向上

新番手の追加でさらに充実
近海も遠征もスローでカバー!

B635とB636が加わったことで、オシアジガーインフィニティには近海から身近な遠征まで一通りをカバーするラインナップが揃いました。新たに加わったB635は、主に中深海のアカムツ狙いを想定したロッド。従来の4パワーではやり切れなかったジグアクションを実現し、300m以深のレンジにも対応します。

またB636は完全な大物仕様。深場のカンパチや大型の根魚を想定し、南方の200mレンジでも十分に闘いを挑めるレベルに仕上がっています。ただしエキスパートオンリーの竿ではなく、ビギナーでもオートマチックに、ジグに横を向かせることができる設計。これはインフィニティシリーズに共通するコンセプト。扱いやすいテーパーで、ヒット後は粘り強く魚を浮かせてくれるロッドです。

山本 啓人
山本 啓人 HIROTO YAMAMOTO
身近な海でのエサ釣りを経てルアーフィッシングをスタート。ソルト全般に親しむ過程でジギングに出会う。現在は「理論と勘を駆使して考える」釣りであるスロー系ジギングに没頭。緻密にしてシンプルな思考でその魅力を発信している。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。