• HIGH VISION MASTER SS175<span style="color:red">【追加】</span>

  • Long Edition MH200

  • Individual Edition S175

  • Individual Edition HH165

  • PE Edition HHH171

ラインナップ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • HIGH VISION MASTER SS175<span style="color:red">【追加】</span>HIGH VISION MASTER SS175【追加】
  • Long Edition MH200Long Edition MH200
  • Individual Edition S175Individual Edition S175
  • Individual Edition HH165Individual Edition HH165
  • PE Edition HHH171PE Edition HHH171

紹介文を読む

徹頭徹尾、カワハギのために設計されたStephanoシリーズの中にあって、技術の探究に余念がない熱狂的アングラーのために生まれた「攻」。同船者の誰よりも広範囲に探り、激しく誘い、そして喰わせるために、特定の性能に特化させた。スパイラルX採用はもちろん、ハイパワーXティップ、フィッティングサポートCI4+リールシートなど、シマノが誇る数々のテクノロジーを集約。

技術特性

技術特性

  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    柔軟なソリッド部を極細カーボンテープで強化。ソリッドの魂ともいえる喰い込み性能、繊細な曲がりを阻害することなく、ブレやパワーロスを抑制。キャスト精度、操作性、感度を飛躍的に高めました。

    閉じる
  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • タフテック

    タフテック

    タフテック

    素材の配合と製法を見直すことで、従来にない強さを与えられたカーボンソリッド穂先。タフテックαと比べて張りのある高感度が特長です。

    閉じる
  • ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    穂先に極薄のシマノインフィニティカーボンテープをX状に巻き上げる高度な強化構造。これにより穂先のネジレに対する剛性が増すと同時に、スパイラルXとの相乗効果による竿ブレの低減、さらなる感度向上をがねらえます。

    閉じる
  • CI4+

    CI4+

    CI4+

    カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。

    閉じる
  • VIVID TOP

    VIVID TOP

    VIVID TOP

    VIVID TOPは非常にしなやかに、なめらかに曲がる無抵抗感覚のグラスソリッド穂先です。餌をくわえたとき、あるいは食い込もうとしたときでも軽度なテンションしか魚に与えず、しなやかに送り込んでいきます。合わせたあともテンションが少ないので魚が暴れにくく静かに取り込むことができます。

    閉じる
VIVID TOP:SS175のみ

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン含有率(%) リールシート位置(mm) 本体価格(円) 商品コード  
品番
追加
SS175
MH200 ◎
S175
HH165
HHH171 ◎
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン含有率(%) リールシート位置(mm) 本体価格(円) 商品コード  
追加
SS175
1.75 2 142.5 67 0.9/9.6 5~35 89.5 297 61,000 25126 8
MH200 ◎ 2.00 1 200.0 75 1.0/10.0 20~40 100 297 56,000 24851 0
S175 1.75 1 174.8 62 0.9/9.2 20~35 100 297 52,500 24613 4
HH165 1.65 1 164.8 65 0.9/9.7 20~40 100 297 54,600 24614 1
HHH171 ◎ 1.71 1 170.8 69 1.1/9.8 20~40 100 297 56,000 24766 7

※◎印はソリッド交換サービス対象アイテムです。
※リールシート位置=竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
※元径はリールシート下側のホールドポジションの寸法になります。

その他スペック

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
品番
SS175
MH200
S175・HH165
HHH171
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
SS175 カーボン グラスソリッド+ハイパワーX ソリッド X+KT+LRV フィッティングサポートCI4+
MH200 カーボン タフテック+ハイパワーX TIP F+KT+LN フィッティングサポートCI4+
S175・HH165 高弾性カーボン タフテック+ハイパワーX TIP FST+KT+LN フィッティングサポートCI4+
HHH171 高弾性カーボン タフテック+ハイパワーX TIP FST+KT+LN フィッティングサポートCI4+

※ブランクス部:スパイラルX構造採用 ※オールチタンガイド採用

ラインナップ

ラインナップ

  • HIGH VISION MASTER SS175【追加】

    集器や中オモリの使用を想定し、動かす。止める。待つ。といった、あらゆる誘いで低活性のカワハギを誘うために設計された“ゼロテン専用機”がStephano 攻 SS175です。誘い上げて落としたり、あるいは下オモリを動かさずに中オモリを揺らす、中オモリを底に着けてハワせるなど海中の状態などをイメージしやすく、喰い渋った魚を“勝手に釣ってくれる”かのように感じられます。極軟グラスソリッド穂先のビビッドトップをハイパワーXで締め上げ、さらにXガイドを搭載することですぐれた表現力を獲得。仕掛けの微妙なモタレ具合を察知し、縦横に揺れる微妙なアタリを鮮明な目感度として表現。魚に違和感を与えず喰い込ませます。穂持ちから下はHHH相当の硬さを保ち、喰い込ませた後のフッキング性能も際立ちます。

    HIGH VISION MASTER SS175<span style="color:red">【追加】</span>
  • Long Edition MH200

    その軽さは以前の180クラスと同等の自重75g。シマノのブランクステクノロジーを駆使して到達した、長さによるストレスをまったく感じさせないMH200モデル。195ではロングロッドの効果が薄く、205では操作にキレがない。5cm刻みでテストを重ねて辿り着いた、これがベスト。中オモリや集魚板を付けての40~60mラインでの深場タルマセ釣りなど、糸フケが多く発生するときに確実にアワセを効かせるには、200というレングスがきわめて有効となる。宙の釣りでもストロークを生かし、幅広く探ることができるため、いち早くカワハギのタナを見つけ出すことが可能。近年大型化されてきた船では、座りながら竿を出す釣り師にとっても扱いやすい長さだともいえる。座って釣ることで仕掛けを安定させ、わずかなアタリを捉えることにも優れているのだ。

    Long Edition MH200
  • Individual Edition S175

    [BIOIMPACT カワハギS180]のイメージを踏襲しつつ、バット部の強化と全長を5cm短くすることにより、特筆すべき喰い込み性能と目感度、操作性を実現。穂先は[TAFTEC+HI-POWER X TIP]を採用し、曲がりしろを長めに設定してるため、誘いの最中に出るわずかな変化も視覚でキャッチしやすい。また、リールシートは[フィッティングサポートCI4+]で、ブランクスとの一体化を目指すシリーズのDNAを継承。全体的なアクションは“曲がる”胴調子でありながら、適度なフレックスを備えたバットによる復元力を保持。それはエサの付いたハリをカワハギの口の中へ確実に吸い込ませる一方、誘いの延長上でのフッキングを可能にする。オートマチックに掛ける能力を備えるからこそ、誘い続ける攻めの釣りにマッチ。喰わせの能力を突き詰めることは、イコール、守りのカワハギロッドでは決してない……。そういったことを教えてくれる1本。

    Individual Edition S175
  • Individual Edition HH165

    過激なまでのショートレングスとハードアクションは、シマノカワハギロッド史上最短かつ最硬調。[TAFTEC+HI-POWER X TIP]採用の穂先、そして[フィッティングサポートCI4+]リールシートとの相乗効果により、カワハギがエサをついばむわずかな変化も手元に大きく伝え、ひとつひとつのアタリを確実にキャッチ。堅実に、確実に掛け合わせていく釣りにマッチする。また、エサの付いていない状態を確実に把握でき、特に[Stephano XG 200/201]との組み合わせでは、より鮮明な画像としてアングラーに認識させることも不可能ではない。それはロスタイムの激減につながり、釣りの効率を格段にアップさせる。また、タナの釣りはもちろん、投げて広く探るスタイルにも適応。激しく誘い、フワッとテンションを抜いてカワハギが喰っている状態をイメージした後、ラインで水を切るようなシャープなフッキングも得意とする。

    Individual Edition HH165
  • PE Edition HHH171

    幹糸にPEラインを使用することで仕掛けの伸びを抑え、感度を高めたPE仕掛けに完全対応させた専用モデル。[HH165]をも上回る超超硬調子、加えてトップガイドを含め計18個もの小口径ガイドを高密度で配置することにより、ガイド間のわずかな糸フケを抑え、手に伝わる感度をよりダイレクトに、タイムラグを可能な限りなくして伝える。それはカーボンソリッドのレスポンスでしか伝えることのできない“超絶手感度”を生み出した。また、171cmに設定された長さは、1cm単位で変えたブランクスの組み合わせを繰り返しテストして導き出した結論。極端に硬いだけの調子とは一線を画す絶妙のバランスであり、新たなカワハギゲームの方向性を決定付けるモデル。

    PE Edition HHH171

閉じる

手感度すら期待できない、極端な低活性時にも効果的。

手感度すら期待できない、極端な低活性時にも効果的。

飯田 純男
飯田 純男

シマノインストラクター

このロッドが活躍するのはカワハギの活性が下がって底にいるときですね。

特に厳寒期の深場、極端な喰い渋り時に手感度すら期待できないときでも、ビビッドトップなら餌を吸い込ませやすく大きな目感度でアタリを捉えることができます。

目感度重視で作られたロッドですが、手感度も想像以上にありますね。

繊細な操作も得意で、集器がわずかに潮を受ける抵抗すら穂先の曲がりで判別できます。

カーボンソリッドでこの柔軟性と表現力は出せません。

穂先とは対照的に、穂持ちより手元側は相当硬くしてあるので、喰い込ませた後のフッキング性能も高いです。


ハイパワーXソリッド 強化炭素無垢穂先

カーボンソリッドに強さと曲がりの正確さを強化炭素無垢穂先

ソリッド穂先に極細のカーボンテープをX状に巻き付け、強度を高めてネジレを抑制したのが[ハイパワーXソリッド]です。

デリケートな曲がりを阻害することなくブレやパワーロスを抑え、操作性や感度を高めています。

タフテックにハイパワーXソリッドを採用することで、振動が「大きく一瞬で密に」伝わるのが特徴。

つまりグラス素材よりも金属素材よりも、アングラーが感じ取りやすい手感度を備えます。

また、ネジレの少なさは海中の仕掛けを意のままに操れる操作性につながり、スムーズな曲がりは目感度での表現力も向上させています。

※タフテック+ハイパワーXソリッドモデル MH200・S175・HH165・HHH171

前アタリ以前の反応も捕捉

鈴木 孝

シマノインストラクター

タフテック+ハイパワーXソリッドはカーボン素材の軽さに加えて、引かれた方向に対してネジレずに曲がるため感度が高い。

極限的な話をすると、前アタリよりも前に出る「さわり」、餌を取りに寄ってきてはいるけれど、まだ噛んでいない状態さえも感じ取れます。

糸フケが出やすい状況ではアタリが分かりづらくなってしまいますが、そんなときでも反応を捉えやすく、加えた力もロスしないので必要最小限の動きで掛けられます。

たとえ掛け損ねても、2度目、3度目のアワセを入れることが可能ですね。

鈴木 孝
X GUIDE+ 伝達力と表現力が向上

穂先の潜在能力を引き出すシマノ独自のガイド伝達力と表現力が向上

ロッドメーカーの観点から生まれた[Xガイド]は、ブランクスが備える潜在能力を十二分に引き出すシマノオリジナルガイドです。

ガイドリングを支えるのは、冷間鍛造したチタン素材を3Dテクノロジーで成型した一体構造フレーム。

美しいフォルムは計算された傾斜角度と立体構造でライン絡みを抑え、強さも兼ね備えます。

さらに軽く、小さく、存在を感じさせません。特にカワハギロッドのような繊細な穂先に搭載すれば、かすかなアタリを捉える伝達力や、動きでアタリを伝える表現力が向上します。

また、多彩なロッドワークで演出する誘い時においてもライン絡みを防いでくれます。

※「ステファーノ 攻 SS175」に採用

アタリを素早く伝えてくれる

飯田 純男

シマノインストラクター

Xガイドは全体的に小さいので、ガイドを通るラインとブランクスとの距離が必然的に近くなります。

さらに一体成型でガイドフレームがたわみにくい分、ラインとブランクスが同調してアタリが早く出ますね。

たとえばガイドの脚が長く穂先との距離があると、ガイドの脚から曲がり、その後でブランクスが曲がるためアタリが出るのが遅くなってしまいます。

また、カワハギ釣りの誘いでは穂先に絡みやすいのですが、Xガイドが登場してからは絡みをほどくロスタイムがなくなり、ストレスもなくなりましたね。

SPIRAL X ロッド性能を根幹から高める

三層構造でネジレとつぶれを克服したブランクスロッド性能を根幹から高める

[スパイラルX]はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。

従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。

アングラーの意志をロッドグリップから穂先へと忠実に伝える、あるいは逆に穂先から伝わるすべての振動や荷重を忠実に受け止めることが可能となり、キャストやアワセ、多種多様な誘いといったカワハギゲームのロッドワークにおいて瞬時のパワー伝達がよくなります。

ロッドの軽さを維持しながら“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

※「ステファーノ 攻」全モデルに採用

キャストしやすく掛けやすい

鈴木 孝

シマノインストラクター

スパイラルXのブランクスは、まずキャストしたときに力が逃げないので飛距離が伸びます。

ロッドを振るとわかりますが、震えがすぐに収まりコントロール性も高い。

それに魚を掛けるときにハリが深く刺さり込みます。

さらに高感度なブランクスにより、喰い渋るカワハギの微細な気配すらも手感度として感知できます。

また、どの方向にロッドを動かしても与えた力がきっちり伝わり、正確な操作で仕掛けが動きますし疲れにくいと思います。

手元に伝わるアタリも普通の構造より断然大きく感じますね。

鈴木 孝
CI4+ 軽さとフィット感を追求

持ち方の自由度が増したリールシート軽さとフィット感を追求

[フィッティングサポートCI4+]はシマノ独自の素材、CI4+を採用した軽く高強度のリールシート。

持ち方の自由度が広く手にフィットする形状は操作性が高く、ブランクスに触れることもできるため感度に優れています。

そもそもCI4+はカーボン繊維によって強化された素材ですが、ブランクスとの一体化を目指したリールシートだといえます。

また、低重心化設計により、セットしたリールとの距離も近くパーミングしやすくなりました。

リールシートのフード部分も極端に短くしているため、握り方によってはブランクス根元に直接触れてアタリをキャッチすることが可能です。

※「ステファーノ 攻」全モデルに採用

軽さが操作性と感度に直結

飯田 純男

シマノインストラクター

このリールシートの特徴は何と言っても軽さと操作性。

軽さイコール操作性につながりますし、独特の形状も持ちやすさ、操作性に貢献しています。

キャストが安心してできますし、数を釣っても手が痛くなりにくいのがいいですね。

同じロッドでも軽く握ることができれば感覚が鋭敏になるため、小さな変化も感じ取れます。

また、自由な持ち方ができるのもいいと思います。

人によって手の大きさはちがいますが、楽に握ることができるほど操作性と感度の印象は大きく変わってきますからね。

飯田 純男

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
穂先交換サービス
1/6

穂先交換サービス

ワンピースロッドの穂先を破損した際にも、ソリッド部分だけ交換することも可能になりました。今回登場した[Stephano 攻 PE Edition HHH171]から採用。長年のご愛用をサポートいたします。

※Stephano 攻 PE Edition HHH171のみの対応となります。

スパイラルX
2/6

スパイラルX

ネジレを克服しロッド性能を根幹から高める。

ロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

ハイパワーXソリッド
3/6

ハイパワーXソリッド

仕掛けの状態や微妙なアタリを感知する。

Stephano 攻 SS175では、きわめて軟らかいグラスソリッド、ビビッドトップにカーボンテープをX状に巻き付けたハイパワーXソリッドを穂先に採用。喰い渋るカワハギに違和感を与えず、同時にネジレを抑えることで微妙な仕掛けの状態や繊細なアタリに対しての表現力、特に目感度を高めています。

フィッティングサポートCI4+リールシート
4/6

フィッティングサポートCI4+リールシート

パーミング性能が高く感度と軽さにもすぐれる。

低重心化によりセットしたリールとの距離が近くなるため、パーミングしやすくなり操作性が高まります。また、グリップエンドまでブランクスが貫くことにより、感度と軽さも優れています。

Xガイド
5/6

Xガイド

繊細なグラスソリッド穂先の性能を引き出す。

最新素材を3Dテクノロジーで成型した一体構造のガイドフレームはライン絡みを抑え、軽く、小さく、強く、Stephano 攻 SS175に搭載された繊細なグラスソリッド穂先の潜在能力を引き出します。※SS175穂先部のみ

VIVID TOP
6/6

VIVID TOP

VIVID TOPは非常にしなやかに、なめらかに曲がる無抵抗感覚のグラスソリッド穂先です。餌をくわえたとき、あるいは食い込もうとしたときでも軽度なテンションしか魚に与えず、しなやかに送り込んでいきます。合わせたあともテンションが少ないので魚が暴れにくく静かに取り込むことができます。※SS175のみ

■Kガイド採用

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。