NEW BB-X HYPER FORCE

画像をクリックすると拡大画像を表示します。

NEW BB-X HYPER FORCE

今までLBリールになかった1700&C2000サイズを追加。
コンパクト&軽量化が磯釣りを変える!

BB-X HYPER FORCE コンパクトモデル[ハイパーフォース コンパクトモデル]

「BB-Xハイパーフォース」に1700D(HG/XG)、C2000D(HG/XG)が新登場。BB-Xハイパーフォース2500サイズに比べて約40gの軽量化とコンパクト化により、これまでのLBリールでは体験することのできなかった新たな世界へと釣り人を誘います。ハイパーフォースのコンパクトモデルのスプールサイズはトーナメント志向の細糸に最適化した1700とC2000の2サイズ。ギアシステムはスピードキングのXG、速さと力強さを両立したHGの2アイテム。

クイックレスポンスシリーズ

軽量・コンパクトな低慣性ローターが生み出す『巻出しの軽さ・優れたリーリング感度』を特徴とするシリーズ

  • “HAGANE”ギア
    “HAGANE”ギア

    “HAGANE”ギア

    「ギアのシマノ」が最先端のテクノロジーを駆使して送り出す心臓部・"HAGANE"ギアは、驚異の耐久性によって"箱を開けたばかりの気持ちの良いフィーリング"が今まで以上に持続可能です。また、ドライブギアの歯面には一切の切削加工を行っていません。歯面はすべて三次元設計技術によって緻密にデザインされており、全ての歯は先端から根元に至るまでシマノが培った冷間鍛造テクノロジーによって形成されています。これは耐久性に対するシマノのあくなきこだわり。"HAGANE"の力を生みだすギアは、これまで同様シマノリールの根幹を成すコンセプトであり続けます。

  • X-SHIP
    X-SHIP

    X-SHIP

    入力したパワーを効率よく伝達し、より強力な巻き上げを可能にするギアシステム。ギアの大型化、最適配置の見直し、歯面精度や支持性能の向上によって軽やかなリーリングを実現します。

  • マグナムライトローター
    マグナムライトローター

    マグナムライトローター

    CI4+を採用したシマノ史上最軽量ローター。十分な剛性を保ちつつ軽量化し、回転慣性によるブレ、ムラを減少。素早い立ち上がりとともに感度アップも達成しました。

  • AR-Cスプール
    AR-Cスプール

    AR-Cスプール

    「トラブルなく」、「飛距離をのばす」というふたつの目的を両立させるため、シマノ独自の加工技術で軽量化を施したスプール。スプールリングの特殊な形状による「ライン整流効果」で、ライン放出がベストな状態に整えられます。

  • CI4+
    CI4+

    CI4+

    軽量カーボン素材CI4を進化させた新カーボン素材。軽さはそのままに剛性、耐久性が大幅にアップし、ボディ、ローターのさらなる小型軽量化を実現しました。

  • S A-RB
    S A-RB

    S A-RB

    業界初の「表面改質」により「不動態層」を形成し、錆を寄せつけないベアリングを実現したのがA-RB。さらに、その側面を防錆素材でシーリングし、ベアリング内部での塩分再結晶化による塩ガミを大幅に減少させたのがSA-RBです。

  • ワンピースベール
    ワンピースベール

    ワンピースベール

    冷間鍛造テクノロジーの粋を注入し、極めて硬く傷つきにくい強度を実現した一体成型の極細形状ベール。段差のない構造によりラインが引っ掛かるなどのトラブルを克服しました。

  • バリアフィニッシュ
    バリアフィニッシュ

    バリアフィニッシュ

    ブランクス表面に施した特殊コーティング“バリアフィニッシュ”により、汚れの付着を大幅に抑えることに成功。優れた撥水防汚性能により、たとえ汚れがついても、さっと水洗いするだけで簡単に落とすことが可能で、ロッドの美しさを保ちます。

  • 海水OK
    海水OK

    海水OK

    錆を寄せ付けないシマノ独自の高性能ベアリング、S A-RB、A-RBの採用、また外装の防腐処理により、海釣りでも安心してお使い頂けます。末永く快適にご使用いただけるよう、使用後はシャワーでの洗浄をおすすめします。

※CI4+:ボディ素材&ローター素材

攻めのコンパクト。
  • インスタラクタ―コメント 田中修司/平和卓也/森井陽
  • 田中修司×BB-Xハイパーフォース
  • この軽さと収まりの良いサイズはトーナメントシーンの必須アイテムですね。
    実際に触ってみると、想像以上にコンパクトで軽量ですね。NEW極翔1-530と組み合わせて使用しましたが、磯釣りの一連の動作をロッドだけでやっているかのような印象を持ちました。手首に重さを感じないのでトーナメントにおいても集中力を途切れさせずに使えると思います。また1.7号、2号のラインが150mしっかり巻けて、流す釣りにも対応できるし、トーナメントでも手返しが良くなりスムーズな釣りができるので、必須アイテムになると思います。黒鯛にも適していますね。グレ釣りよりもインターバルが長めなので、この軽さが際立ってくるはず。そして軽いということ以外に、コンパクト化によって私が感じた大きなメリットをふたつご紹介します。まずはスプールに指が近づいたこと。従来のリールは指先だけでラインを押さえていたため強いアワセを入れるとバラバラっとラインが放出され、余分に魚を走らせてしまうことがしばしばありました。今回のコンパクトモデルは、多少の個人差はありますが指の第一関節がスプールに収まり、ダイレクトにアワセが効くため、無駄な走りを防ぐことが可能です。そして従来、魚をためていてレバーブレーキを解除した瞬間にブンという動きを感じること、皆様も体験されていると思いますが、これが逆転ブレで、その運動が大きいほど魚に伝わり反転して突っ込むんですね。しかし今回ハンドルが45mmと短くなったことで回転円周が小さくなり、逆転時のブレを抑える効果が向上し、より小気味の良い逆転性能を獲得しました。ぜひお使いいただき、これらの効果を実感してください。
    田中 修司
    軽快なキャストフィールがもたらすリズム感と良型の魚にも十分に対応する安定感。
    シマノLBリール史上最も軽くコンパクトな、BB-Xハイパーフォース1700&C2000サイズが登場しました。今回のモデルはボディとローターに軽くて、強い素材CI4+が使われています。2500サイズと比べると、小型化と合わせて約40gの軽量化が図られているんですが、この軽さがもたらす恩恵はとてつもなく大きいものがあります。キャスティングにおいて片手でのサイドスローというのが最も多いスタイルだと思いますが、その際リールは横向きにならざるを得ません。そしてリールに重量があると下へ向かう力が大きく働き、一日中やるときは体力的にかなりきつい状態になります。でも軽量化と重心が手元に近づいたことにより、振り抜きの軽快感が格段にアップしました。特に5mロッドに装着した時はすごく楽ですね。さらにスプールに指を当てラインを流す、ベールを起こす、倒すといった操作が、とてもスムーズに小さな動きでできるようになり、テンポの良いリズムで釣り続けることができます。もちろん手が小さい方にもお勧めです。もともとローターに軽量カーボン素材のCI4+が採用されていて、回転がスムーズなんですが、コンパクト化によって、さらに回転が軽くなっています。だから、魚が突っ込んでロッドの角度がヤバくなったとき魚を走らせやすいんですね。それでいて良い型の魚が掛かっても、しっかり対応してくれる安心感も備えています。実釣テストでは40cm台後半のグレも掛けましたが、やり取りに困るようなことは全くありません。それ以上に軽さ、小ささによるメリットを感じていただけると思います。
    平和 卓也
    タフなトーナメントを戦い抜けるウェイトと細やかな操作を可能にするコンパクトボディ。
    ロッドにリールを装着したときの軽さは格別のものがありますね。オープンベールにしてラインを流していくときもロッドを握った手とリールとの距離が短いため包むように持つことができ、ベールの開閉や繊細なラインコントロールなど操作性が格段にアップしました。これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。僕はトーナメントに出場する機会が多いのですが、トーナメントは試合時間も長く、1日の試合数もこなしながら、数日間に渡って行われます。振り込んで、掛けて、取り込んで……。しかも手返しを速く。これがずっと繰り返されるわけですね。これまでのサイズだと自ずと疲れが蓄積しました。リール自体がここまで軽量化されていれば、疲れや腕の痛みがかなり軽減されるものと期待しています。それでいて掛けてからのパワーや安心感も2500&C3000サイズと遜色がない。今回は40そこそこの魚が多かったですが、口太なら少々の大物でも充分戦えます。これはもうトーナメントで積極的に使えるリールですね。ハンドルはこれまでにはない短さに設定されていますが、ハイギアを使用したときにも力負けせずグイグイ巻き上げることができます。潮通しが良く本流がガンガンに流れ、100m以上流すことを繰り返すようなフィールドや40オーバーばかりが釣れる状況なら、巻き取り量で勝る2500&C3000サイズ。それ以外のトーナメントや防波堤、半島周りの口太グレ、黒鯛のフカセには1700&C2000サイズで臨みたいと思います。
    森井 陽
    軽快なロッドワークで攻めの釣りを。
    とにかく軽くて小さい。ぜひ手に取って驚いてください。軽量な鱗海シリーズと合わせれば軽快そのもので、ロッドワークが断然楽!特に外洋に面した渚釣りの場合、ロッドを45°以上の立て竿に構えて、波やうねりにラインメンディングで対処するのですが、腕への負担が少なく、集中力が途切れません。スプールサイズも黒鯛フカセに使用する号数にジャストです。そしてこのサイズでもXGなら一巻き89cmでパワーも十分。超遠投を必要とするフィールド以外では、コンパクトサイズの優位が際立ちます。
    INSTRUCTOR'S VOICE 大知 昭
  • 田中修司 × BB-Xハイパーフォース コンパクトモデル まさに攻めのコンパクト。 軽量ボディが可能にする驚くべき操作性

    激戦区だからあえて細タックル。大分・米水津で実力を試す

    北向きにゆっくり流れていた潮が、しばらくの潮止まりを境に南流へと転じた。その流れは当初、磯際をとろりとなめるような緩流だったが、みるみる勢いを増し、やがてはるか沖を通り抜けるダイナミックな本流へと変化していった。瀬戸内海と太平洋をつなぐ豊後水道。九州と四国に挟まれた狭い水道を大量の海水が行き来する。その光景は、自然界が持つ圧倒的な力を誇示しているかのようだ。

    6月下旬、2013ジャパンカップグレの覇者である田中修司さんが、ホームグラウンドの大分県米水津にアタックした。夜明けとともに沖黒島の西の鼻に渡り、実釣前の静かな時間を楽しみながらタックルの準備にかかる。ロッドケースから取り出したのは、NEW極翔1-530とBB-Xハイパーフォース1700DXG。今秋、シマノから発売される注目の新製品だ。

    米水津は九州東部のグレ釣りメッカであり、連日、多くの釣り人が攻める激戦区といえる。そんな中でコンスタントに好釣果を引き出すために、田中さんはあえて細タックルで挑むことが多い。

    道糸はBASIS磯ナイロン1.5号、ウキはCORE R攻00、FIREBLOODナビストッパーを通して、ハリスBASIS EX Fluoro1.5号を直結する。ハリはグレバリ6号。喰わせ重視のハリス1.5号をメインとした細仕掛けに対して、NEW極翔1-530とBB-Xハイパーフォース1700DXGは、どのようなポテンシャルを発揮するのか。最終実釣テストが始まった。

    まるで竿1本だけを持っているよう。 手返しの多い釣りにベストマッチ

    「米水津は潮の流れが激しい場所。刻一刻と潮が変化するなか、潮に合わせて狙い場を絞り、レスポンスよく釣ることが求められます」。田中さんが目を付けたポイントは、50mほど沖を走る本流と、そこに向かう引かれ潮が重なる合流点。磯際近くはエサ取りが多いこともあって、狙うポイントを沖へと展開していく。

    「BB-Xハイパーフォース1700DXGは、従来の2500番よりもすごくコンパクトで軽量化されていますね。極翔1号に取り付けると、まるで竿1本だけを持っているような感覚。軽いから片手で仕掛けを振り込めて、ロッドを振り続けても疲れません」。軽くなったことで操作性が向上し、手返しの多い釣りを実践する田中さんには、ベストマッチのリールといえそうだ。

    複雑な潮流にもまれながら漂っていたウキが不意に水面下に消し込まれた。反射的に鋭くロッドを立ててアワセを入れる。ズンッとした重みを受け止め、NEW極翔がきれいなカーブを描く。磯際での突っ込みを難なくかわして取り込んだのは、45cmクラスの口太グレ。幸先のいいスタートを切った。この後、44、45cmを4尾追加して納得の釣りを展開した。

    ロッドとスプールの距離が近く 一連の動作がスムーズにできる

    「投入する、フェザリングする、ブレーキをかけて流す、掛け合わせる…、こういった一連の動作が実にスムーズにできます。これはひとえに、リールが軽く、私の手に隠れてしまうほどコンパクトになったからでしょう。ロッドとスプールとの距離が近くなり、人さし指の第一関節がスプールエッジにしっかり当たります。オープンベール時のライン操作がしやすく、アワセも確実に効きやすくなりました。指の短い人や女性には、1700番、C2000番はうれしいサイズだと思います」

    さらに、ハンドル長が45mmと短いため、良型グレの急激な引きに対しても、スムーズに逆転。回転円周が小さくなったことで振動が魚に伝わりにくく、走りを最小限に食い止めて、浮かせやすくなるというメリットも見逃せない。

    「これまでのLBリール(2500番やC3000番)よりひと回り小さいから、良型グレに対しては、どうかなという思いがありました。でも、実際に45cmクラスを掛けても、まったく不安は感じませんでした。1700番でも道糸1.7号が150m巻けるので、本流釣りでも十分対応できます」

    粘りのある胴で引きを受け止める。 NEW極翔は掛けた魚が小さく感じる!?

    一方、「タメて獲る」をコンセプトに粘りを進化させたNEW極翔については、どのような印象を持ったのだろう。使用したのは1号だったが、「45cmクラスの引きに対して、全然パワー負けしませんでした。魚の引きを粘りのある胴で受け止め、吸収してくれるから、腕への負担が少ない。口太の35、36cmかと思って浮かせてくると、実は優に40cmを超えていたということが何度もありました。魚を暴れさせないので、掛けた魚を小さく感じるロッドです(笑)」

    今回の実釣テストでは、道糸にBASIS磯ナイロン、ウキはCORE Rシリーズ、ハリスはBASIS EX Fluoroを使用した。これらも新しいアイテムになる。BASIS磯ナイロンは耐摩耗性に優れ、しなやかでさばきやすいサスペンドライン。「視認性の高いイエローで、潮のヨレにきれいになじんでアタリが取りやすい道糸でした」。内側は硬い素材で、外側を軟らかい素材で覆った二重構造ハリスのBASIS EX Fluoroについては、「道糸と直結しても、結節強力に優れています。やり取りの間に根ズレしても、表面の軟らかい部分が内側の硬いフロロをガードして切れにくくなっていると感じました」と、その実釣性能の高さに満足の様子だ。

    ウキはアタリを取るための最重要アイテム。CORE Rシリーズは、シチュエーションに合わせて、挑み、自在、喰わせ、攻、遠征の5アイテムがラインナップされている。「上部に段差を設けたスタビライザーヘッドだから、潮をかみやすく、一回なじむと浮きにくくてコースから外れにくい。素材自体が視認性に優れたカラー樹脂で、傷付いても色が剥がれないので、よく見えます。気に入ったウキを長く使えるのは、うれしいことです」

    1投1投の精度が高くなる。 トーナメントで強い味方に

    二日目も同じ沖黒島の西の鼻に渡り、本流脇にできる鏡潮のエッジを狙った。ピンポイントで発生する潜り潮に仕掛けを滑り込ませる戦法で、口太グレ35~43cmをコンスタントに仕留め、新しいタックルの実釣性能を試すに十分な釣果を得ることができた。

    最後に、ジャパンカップグレの2連覇を狙う田中さんに、NEW極翔とBB-Xハイパーフォース1700DXGのトーナメントを見据えた使用感を聞いてみた。「制限時間内にいかに手返しを多くして、1尾1尾を確実に取り込んでいくか。それが競技会で勝つための重要プロセス。NEW極翔1-530なら、30cm前後が主体で、時折45cmクラスが出る釣り場でも安心して使えます。1700DXGと組み合わせることで操作性が格段に向上して、おのずと釣果がのびると思います。1投1投を高い精度で釣り続け、その積み重ねが勝利につながるトーナメントでは、きっと強い味方になってくれるはずです」。

    NEW極翔とBB-Xハイパーフォース1700DXGが、トーナメントシーンでどんな輝きを放つのか楽しみでならない。

    ロッド
    NEW 極翔
    リール
    NEW BB-X HYPER FORCE コンパクトモデル
    ライン
    BASIS磯ナイロン1.5号
    ハリス
    BASIS EX Fluoro1.5号
    ウキ
    CORE R攻00
    ハリ
    グレバリ6号

バリエーションイメージ 画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。

  • C2000DXG

    C2000DXG

フィーチャー 画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。

  • X-SHIP

    X-SHIP

    一気に間合いを詰める。軽さとパワーの革新的ギアシステム。

    X-SHIP、それは驚異的な回転の軽さ、あらゆる変化を指先に伝える高感度、無類のハイパワー、そして耐久性を高次元でバランスさせた、シマノが誇る革新的ギアシステム。BB-X HYPER FORCEではすべての機種においてX-SHIPを採用。シマノ磯ロッドとのコンビネーションは、獲物との間合いを一気に詰める、高速で切れ味鋭い釣りを実現する。

  • X-SHIP 大径ドライブギア

    X-SHIP 大径ドライブギア

    ハイギアでもパワフル

    ボディサイズを変えることなくドライブギアを大径化。この大径化により超ハイギアでも軽い力で巻き上げられ、大きな負荷が掛かっても余裕のパワーで対応が可能になる。

  • X-SHIP 最適ギア配置設計

    X-SHIP 最適ギア配置設計

    ドライブギアの力を効率よく伝達

    各サイズごとに根本から設計を見直し、ピニオン&ドライブの最適なギア配置を実現。大径ドライブギアとの相乗効果で、スムーズ&ハイパワーな巻き上げを可能にしている。

  • X-SHIP ピニオンギアベアリング2点サポート

    X-SHIP ピニオンギアベアリング2点サポート

    高負荷時も軽やかに回転

    非常に高速で回転するピニオンギアの両端をベアリング(S A-RB採用)で2点サポート。巻き上げの軽い立ち上がりと、高負荷時での軽くパワフルな巻き上げを可能にする。

  • マグナムライトローター

    マグナムライトローター

    軽量化により、回転慣性が生む回転ブレやムラを大幅に減少。

    剛性を保ちながら大幅な軽量化を実現し、回転慣性が生む回転ブレやムラを大幅に減少。わずかな力で起動する速い立ち上がり、スムーズな逆転など、磯際での接近戦の攻防にも瞬時に対応する。

  • 小型軽量化されたマグナムライトローター

    小型軽量化されたマグナムライトローター

    より軽量なパーツの採用で、
    スムーズな正転・逆転性能を実現。

    マグナムライトローターは新カーボン材料「CI4+」の採用と最新の3D設計により、アルミニウムやカーボン樹脂ローターに比べて大幅な軽量化とコンパクト化に成功。1700・C2000サイズはより軽量なマグナムライトローター(1000番サイズ)+45mmT型ノブハンドルの採用でハンドルの逆転時にも、より軽い回転を実現するとともに逆転ブレが抑制され、スムーズなラインの送りが可能となる。

  • BB-X AR-Cスプール

    BB-X AR-Cスプール

    磯釣りにおける操作性を考慮したBB-X専用設計。

    スプールリングのライン整流効果により、安定した飛距離とトラブルの減少を実現。さらに仕掛けを流すときなどに指とスプールエッジがフィットしてラインを操作しやすい、磯のためのBB-X専用設計。

  • CI4+

    CI4+

    シマノ独自の新素材、軽量カーボン素材の進化形。

    競技用自転車のパーツ素材として、その軽さと耐久性が世界でも高く評価されている軽量カーボン素材の進化形CI4+。このシマノ独自の新素材をボディ、ローターに採用し小型軽量化を実現している。

  • CI4+製軽量コンパクトボディ

    CI4+製軽量コンパクトボディ

    スプールとロッドの間隔が近づく。人差し指に、より確実な操作性を。

    コンパクト化に伴い2500サイズに比べスプールエッジが4.8mmロッド側に近づいた。これは人差し指をスプールエッジに添えやすいということにつながる。キャスト時のフェザリングはもちろん、ラインを流す、止めるなどオープンベール時における人差し指の操作性が飛躍的に向上。これまでアワセた際に、いくらかのラインが放出されていたときと比べ、放出ロスが低減されることでしっかりとアワセが効くようになる。

  • デュアルブレーキレバー

    デュアルブレーキレバー

    ご自身で簡単にレバー交換が可能。夢屋パーツでカスタマイズを。

    一体型だったブレーキレバーをセパレート構造にすることでアーム部分のスリム化を達成。レバーはボルト2本で簡単に交換することが可能で、夢屋ブレーキレバー(L-1タイプ)に対応。

  • ゼロフケテンションレバー

    ゼロフケテンションレバー

    大きなライントラブルを防ぐためのわずかなテンション。

    ONにすることにより、ローターの逆転に微小なテンション(ハンドルの自重で逆転しない程度)を掛けることができ、ローター逆転によって、ラインが風に煽られ放出するなどのトラブルを軽減。

  • ウォータープルーフドラグ

    ウォータープルーフドラグ

    波や雨からドラグを守り、ベストコンディションをキープ。

    ドラグの初期性能を雨、雪、波しぶきなどから守るためにシーリング設計されたウォータープルーフドラグ。水の浸入を防ぎベストコンディションをキープ。常に波しぶきが舞う磯釣りには必須の機能。

  • イージーメンテナンスシステム

    イージーメンテナンスシステム

    リールの心臓部へのオイル注入を、確実、迅速、簡単に。

    ボディにあるメンテナンスホールを通じて、リールの心臓部、ギア部へのオイルインジェクションを行うことが可能。もちろんボディに凸部分をつくらず、無駄なトラブルを防ぐフラット形状とした。

  • バリアフィニッシュ

    バリアフィニッシュ

    優れた撥水防汚性能で、 オキアミや集魚剤の汚れを防止。

    リール表面に施したバリアフィニッシュにより、優れた撥水防汚性能を実現。たとえ汚れがついても、さっと水洗いするだけで簡単に落とすことができる。

  • ボルトレスボディ

    ボルトレスボディ

    ボルトを露出させない構造で、海水溜まりによる腐食を防止。

    ボディ表面にボルトを露出させない構造。水の浸入箇所を可能な限り減らすことで、海水溜まりによる腐食を防止する。※リールフット付け根のボルトはブレーキレバーを固定するためのものです。

  • サイドホールドマシンカットハンドル

    サイドホールドマシンカットハンドル

    仕掛けを通したままの磯替わり時にも安心感を。

    剛性感があり、ガタつきのないネジ込み式ハンドル。唯一の弱点である収納時のブラつきを折り畳める設計により克服。コンパクトに折り畳め、しっかり固定できるため磯変わりの際も心強い。

スペック表

品番 ギア比 最大
ブレーキ力
(kg)
最大
ドラグ力
(kg)
自重(g) スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
  • ナイロン糸巻量(号-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
S A-RB/
ローラー
本体価格
(円)
商品コード  
1700DHG 6.0 5.0 3.5 190 43/12
  • 1.5-170、1.7-150、2-125
  • 0.8-330、1-260、1.2-190
81 45 8/0 45,800 03296 6
1700DXG 6.6 5.0 3.5 190 43/12
  • 1.5-170、1.7-150、2-125
  • 0.8-330、1-260、1.2-190
89 45 8/0 45,800 03297 3
C2000DHG 6.0 5.0 3.5 190 43/12
  • 1.7-165、2-150、2.5-125
  • 1-300、1.2-200、1.5-140
81 45 8/0 45,800 03298 0
C2000DXG 6.6 5.0 3.5 190 43/12
  • 1.7-165、2-150、2.5-125
  • 1-300、1.2-200、1.5-140
89 45 8/0 45,800 03299 7

※HGはハイギア仕様、XGはエキストラハイギア仕様です。
※Cはコンパクトボディの意味です。
※Dはドラグ付きの意味です。
△最大巻上長は、スプール前ツバ最外径による計算値となっています。

関連商品 ~他製品~

  • 極翔[きょくしょう]

    「タメて獲る」。伝統の極翔コンセプトを進化継承。
    逆境においてもなお、アドバンテージは我にあり。

    • スパイラルX
    • タフテックα
    • エキサイトトップ
    • パラボラチューンR
    • SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)
    • パワーパームフィットシートCI4+
    • バリアフィニッシュ
    • ハイパーノンコンタクトII
    • Gクロスプロテクター
    • しっとりグリップ

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。