• 001 キョウリンシルバー

  • 002 キョウリンマイワシ

  • 003 キョウリンサンマ

  • 004 キョウリンピンク

  • 005 メッキシルバー

  • 006 メッキグローイワシ

バリエーションイメージ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • 001 キョウリンシルバー	001 キョウリンシルバー
  • 002 キョウリンマイワシ	002 キョウリンマイワシ
  • 003 キョウリンサンマ	003 キョウリンサンマ
  • 004 キョウリンピンク	004 キョウリンピンク
  • 005 メッキシルバー005 メッキシルバー
  • 006 メッキグローイワシ	006 メッキグローイワシ

紹介文を読む

¥2,400~¥2,800

(JV-223S:¥2,400 / JV-226S:¥2,600 / JV-230S:¥2,800)

海中でジグの動きを観察すると、電動リールによるハイスピードジャークを行なった場合、通常のジギングタックルでは到底出せない速度でジグが動いています。だから、普段のアクションで喰わない魚が反応するのです。しかし、普通のジグではこのスピードに耐えられず、簡単に回転してしまい、狙った喰わせのアクションを出す事が難しい事が分かりました。
そこでEJスピードは、ビーストマスター2000EJのハイスピード(表示速度:H)リトリーブでのジャークでも回転せずに、安定して高速スライドを続けられる形状を目指して専用設計されています。

ブリとヒラマサの狙い方

ブリを狙うアクションは、表示速度:10前後の中低速で、大きなロッド操作で長めのラインスラックを作ってジグのスライド幅を大きくします。また、ヒラマサを狙う時には、表示速度:20〜Hまでの高速域で適切な速度を選んでクイックにジャークする操作がおすすめです。

¥2,400~¥2,800

(JV-223S:¥2,400 / JV-226S:¥2,600 / JV-230S:¥2,800)

技術特性

技術特性

  • 狂鱗

    狂鱗

    狂鱗

    独自に開発されたシマノオリジナルホログラム。

    閉じる
※狂鱗:005、006を除く

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 カラー サイズ/自重 本体価格(円) 商品コード
品番
JV-223S
JV-223S
JV-223S
JV-223S
JV-223S
JV-223S
JV-226S
JV-226S
JV-226S
JV-226S
JV-226S
JV-226S
JV-230S
JV-230S
JV-230S
JV-230S
JV-230S
JV-230S
品番 カラー サイズ/自重 本体価格(円) 商品コード
JV-223S 001 キョウリンシルバー 224mm/230g 2,400 65873 9
JV-223S 002 キョウリンマイワシ 224mm/230g 2,400 65874 6
JV-223S 003 キョウリンサンマ 224mm/230g 2,400 65875 3
JV-223S 004 キョウリンピンク 224mm/230g 2,400 65876 0
JV-223S 005 メッキシルバー 224mm/230g 2,400 65877 7
JV-223S 006 メッキグローイワシ 224mm/230g 2,400 65878 4
JV-226S 001 キョウリンシルバー 232mm/260g 2,600 65879 1
JV-226S 002 キョウリンマイワシ 232mm/260g 2,600 65880 7
JV-226S 003 キョウリンサンマ 232mm/260g 2,600 65881 4
JV-226S 004 キョウリンピンク 232mm/260g 2,600 65882 1
JV-226S 005 メッキシルバー 232mm/260g 2,600 65883 8
JV-226S 006 メッキグローイワシ 232mm/260g 2,600 65884 5
JV-230S 001 キョウリンシルバー 244mm/300g 2,800 65885 2
JV-230S 002 キョウリンマイワシ 244mm/300g 2,800 65886 9
JV-230S 003 キョウリンサンマ 244mm/300g 2,800 65887 6
JV-230S 004 キョウリンピンク 244mm/300g 2,800 65888 3
JV-230S 005 メッキシルバー 244mm/300g 2,800 65889 0
JV-230S 006 メッキグローイワシ 244mm/300g 2,800 65890 6

■フックサイズ JV-223S・JV-226S:オリジナルアシストフック#7/0/JV-230S:オリジナルアシストフック#9/0

ラインナップ

ラインナップ

  • 001 キョウリンシルバー

    001 キョウリンシルバー

  • 002 キョウリンマイワシ

    002 キョウリンマイワシ

  • 003 キョウリンサンマ

    003 キョウリンサンマ

  • 004 キョウリンピンク

    004 キョウリンピンク

  • 005 メッキシルバー

    005 メッキシルバー

  • 006 メッキグローイワシ

    006 メッキグローイワシ

閉じる

シマノが新たに提案する「電動ジギング」の魅力をご紹介。
電動ジギング対応のリール、ロッド、ジグが三位一体となって創り出す、未知のジギングゲームを目撃せよ!

POWER ON!電動ジギング Ver.Ⅱ ~電動でしか獲れない魚がいる~

POWER ON!SHIMANO電動ジギング

ハイスピード&ハイパワー
電動でしか獲れない魚がいる

シマノの新たな挑戦が始まっている。
ビーストマスター2000EJ、オシアEJ、オシアEJスピードが、
人の手では極めて困難な高速ジャークをも可能にする。
リール、ロッド、ジグが三位一体となって創り出す、
いまだ経験したことがない未知のジギングゲーム。

電動でしか獲れない魚がいる。

すべてが電動専用仕様

電動ジギングに釣果が偏る状況がある
理由は移動距離とスピードの違い!?

 電動ジギング専用タックルによって生み出される、新しいジギングの世界。いままでにない電動ジギングの本質を理解するため、シマノルアー開発チームは水中のジグの動きを観察するテストを敢行。テストは実際の潮の流れと、実用範囲の水深での観察を条件とし、海中にダイバーが潜ってジグの動きを撮影する方法を選択しました。
さまざまなテスト結果のなかでも、通常のスピニングタックルと、ビーストマスター2000EJを使用した電動ジギングタックル、2つの違いによるジグアクションの変化は想像以上でした。とくに注目に値するのはワンピッチジャーク時におけるジグの移動距離の違い。電動ジギングタックルではジグの移動距離がスピニングタックルに比べ1.5倍以上と長く、さらに同じリズムで巻き上げると水中カメラの撮影速度が追い付かないほどのスピードで移動していることが判明。電動ジギングだけに魚が反応するときがあることも納得できる、大きな差を確認できました。

高い水圧にも回転せず安定した動きを演出し、ハイスピードに対応できる電動専用設計。

電動ジギングでのハイスピードジャークは、通常のジギングタックルでは不可能な速度でジグが動いています。だからこそ通常のジギングではヒットしてこない魚までも反応してくるのです。しかし、一般的な設計のジグではこのハイスピードによる水の抵抗に耐えることができずに回転、動きが破綻してしまうことがあります。これでは狙い通りの喰わせのアクションを生み出すことが難しいのが現実です。
ビーストマスター 2000EJのハイスピードジャークでも回転することなく、安定した高速スライドを続けることができる形状とは?水中での現実に対応するための電動ジギング専用ジグの設計とは?この問いへの回答がオシア EJスピードです。ビーストマスター 2000EJにしか生み出せない高速アクションにも姿勢を崩すことなく安定した動きを続け、そのスピードを武器にターゲットのスイッチをオン、見切られることなく誘い続けることができるのがオシア EJスピードなのです。
ビーストマスター 2000EJ独自の「EJモード」セレクト時のハイスピードジャーク&スライド、フォールはこれまでにないジグアクション。ハイスピードがもたらすまったく新たなジギングの世界です。シンプルな電動リーリングジャークによるハイスピードアクション、回収時間の短縮など、実釣シーンにおいてハイスピードがもたらす恩恵は数多く存在します。
この優位性を大いに活用することで、これまで以上の釣果アップも現実となるでしょう。


きらめく多面形状がジャーク&フォールでアピール

効果的な演出法を探り、
アクション変化で釣り分ける!

 通常のタックルを使用したジギングと同様、ビーストマスター 2000EJを使用した電動ジギングでも、さまざまなジグの演出パターンが存在します。同じ魚を狙う場合でも、フィールドやシーズンの違いによって効果的なアクションは異なります。どんなアクションが効果的なのか?これを探り当てる愉しさこそがジギングの魅力。これは電動ジギングであっても変わりません。
しかし、まずはファーストステップ。電動ジギングを始めたいというアングラーに、まずは魚種ごとに存在する有効なアクション例を紹介しましょう。
ブリを狙う場合のアクションは、ビーストマスター 2000EJのモニターの表示速度を10前後の中低速に設定、大きなロッド操作で長めのラインスラックを作り、ジグのスライド幅を大きくします。オシア EJスピードは、きらめく多面形状を採用。狂鱗仕様、メッキ仕上げとの相乗効果で、スライド後のフォール中にキラキラとしたフラッシングを発し、ヒットを誘発します。
さらに、ヒラマサを狙いたい場合は、ブリ狙いのアクションに加え、表示速度20~Hまでの高速域で適切な速度をセレクト、クイックにジャークする操作法がおすすめです。


アングラーを迷わせない
マストでシンプルなラインナップ

オシア EJスピードのウェイトラインナップは、多様なジギングフィールドをカバーする230g、260g、300g。 カラーはベイトフィッシュを意識したシルバー系ベースを中心に全6色を用意。 仕上げに狂鱗仕様、メッキ仕様の2パターンを採用することで、多面形状との相乗効果を発揮、フォール時もハイアピール。 230g、260gには#7/0、300gには#9/0のオリジナルアシストフックを標準装備。 パッケージから取り出せばすぐ使用できる、ユーザーフレンドリーな電動ジギング専用ジグです。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
きらめく多面形状
1/1

きらめく多面形状

オシア EJスピード 水中ルアー動画

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。