• 001 ゴーストアユ

  • 002 ギザーシャッド

  • 003 チャートホワイト

  • 004 クリアワカサギ

  • 005 マットチャート

  • 006 ホットタイガー

  • 140 ベイトギル

  • 286 ホワイトリアクション

  • 287 ブラックフォース

バリエーションイメージ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • 001 ゴーストアユ001 ゴーストアユ
  • 002 ギザーシャッド002 ギザーシャッド
  • 003 チャートホワイト003 チャートホワイト
  • 004 クリアワカサギ004 クリアワカサギ
  • 005 マットチャート005 マットチャート
  • 006 ホットタイガー006 ホットタイガー
  • 140 ベイトギル140 ベイトギル
  • 286 ホワイトリアクション286 ホワイトリアクション
  • 287 ブラックフォース287 ブラックフォース

紹介文を読む

¥3,450

バスを騙し狂わせるために創り上げたバンタムシリーズ初のビッグベイト「Btフォース」。スイムバランスが難しい硬いテールをあえてワイドリップで強引に動かすことで、ファーストリトリーブで泡とスプラッシュがルアー後方をカモフラージュするコンセプト。
威嚇を意識させる強波動と低音ラトルに興奮しきったバスが、ルアーであることを見切ることなくド派手にバイトしてきます。勝負が早く、出ればデカい…完成度の高いサーフェス系ビッグベイトです。

※発売予定

発売予定


¥3,450

※発売予定

発売予定


技術特性

技術特性

  • 狂鱗

    狂鱗

    狂鱗

    独自に開発されたシマノオリジナルホログラム。

    閉じる
※強鱗:002のみ

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 カラー サイズ/重量 タイプ 本体価格(円) 商品コード
品番
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
ZT-119Q
品番 カラー サイズ/重量 タイプ 本体価格(円) 商品コード
ZT-119Q 001 ゴーストアユ 190mm/50g フローティング 3,450 998729
ZT-119Q 002 ギザーシャッド 190mm/50g フローティング 3,450 999085
ZT-119Q 003 チャートホワイト 190mm/50g フローティング 3,450 999092
ZT-119Q 004 クリアワカサギ 190mm/50g フローティング 3,450 999108
ZT-119Q 005 マットチャート 190mm/50g フローティング 3,450 999115
ZT-119Q 006 ホットタイガー 190mm/50g フローティング 3,450 999122
ZT-119Q 140 ベイトギル 190mm/50g フローティング 3,450 628978
ZT-119Q 286 ホワイトリアクション 190mm/50g フローティング 3,450 628985
ZT-119Q 287 ブラックフォース 190mm/50g フローティング 3,450 628992

■フックサイズ フロント#1、リア#2

ラインナップ

ラインナップ

  • 001 ゴーストアユ

    001 ゴーストアユ

  • 002 ギザーシャッド

    002 ギザーシャッド

  • 003 チャートホワイト

    003 チャートホワイト

  • 004 クリアワカサギ

    004 クリアワカサギ

  • 005 マットチャート

    005 マットチャート

  • 006 ホットタイガー

    006 ホットタイガー

  • 140 ベイトギル

    140 ベイトギル

  • 286 ホワイトリアクション

    286 ホワイトリアクション

  • 287 ブラックフォース

    287 ブラックフォース

閉じる

強鱗 強烈なほどに刺激する鱗

2019年に公開されたシマノ独自のリアル鱗デザインホログラム「狂鱗」。各地のフィールドはもちろん、国内外のルアー業界にまで波紋を広げた、対象魚を「狂わせるほどの本物感」。

釣果実績の報告や新たなカラーアイデアの提案が、当初想定していたシーバスやオフショアに留まらず、元祖ヒラメハンターの 堀田光哉をはじめとしたフラットフィッシュフィールドや、ビッグバスハンティングの代名詞である奥田学からも飛び込んできたほどだ。彼らと「狂鱗」の進化について話し合う中で共通したアップデートの要素が「強さ」。新たな「強鱗」の開発コンセプトが固まっていったのである。

強鱗 01
強鱗 02

堀田光哉が最後までこだわったのは、広大なサーフで強烈にアピールできる強いフラッシング能力と、ホログラムの効果を最大限に発揮する光彩の幅広さである。しかし、「狂鱗」の基本的な開発思想である「狂わせるほどの本物感」は失わずにそれらの要素も盛り込むという、無理難題とも言えるテーマである。

奥田学は常にリアリズムを追求する製品開発にこだわっており、堀田光哉の求める「強さ」とは少し違うアプローチで「狂鱗」に「強さ」を求めていた。それは鱗の大きさで強調するベイトフィッシュのもつ「強さ」である。ギルやフナ、さらに汽水域でコノシロを捕食するバスを想定したリアルな鱗の大きさである。この「コノシロ」というキーワードは堀田光哉や元々「狂鱗」の開発に携わっている鈴木斉が必要とする鱗の大きさとも合致した。そこでシマノルアー企画開発チームが「マブナ」と「コノシロ」の鱗をルアーに貼り付けるイメージで大きさを調整。さらにホログラムの効果を活かして強烈にアピールできる新しい技術を、一枚一枚の鱗に細かく加えることによって、1本のルアーでありながらそれぞれの鱗が別々に輝き、それによって得られるさらなるリアルさと、一枚一枚の鱗が強く輝いて全体的なアピール力を強めるという仕上がりで本当に釣れる強い鱗になったのである。

それが進化した「強鱗」ホログラムである。


※写真のルアーはプロトタイプです。

推奨タックル

ロッド
バンタム1711H-SB
リール
アンタレスDC HG
ライン
フロロ14ポンド

3つの要素がビッグバスのスイッチを入れる

ひとことで言うなら、ウェイクベイトです。ビッグベイトの形状で表層攻略に特化して、下から魚を浮かせるルアーに仕上げました。潜ったほうがいいとか、そういった迷いは一切なく、表層攻略に徹底的にこだわっています。

このルアーに求めた要素は3つ。

まずはウェイク(引き波)。バスを寄せる能力を最大限に発揮するスピード域では、絶対に潜りません。

次にサウンド。特殊な内部構造に仕上げることで、他の追随を許さないほど音を反響させます。

最後にテール。音と共に、テールによるスプラッシュで魚に見切られません。

クリアウォーターでテストするとバスが寄ってくるのが見えます。ドンドン距離を詰めてバゴッ! バスが躊躇することなく喰う、完全なるスイッチベイトに仕上がりました。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
ワイドリップ
1/8

ワイドリップ

2/8

激しいボディロールと強波動を生むワイドリップ。

ロールウェイト
3/8

ロールウェイト

ボディ内を転がるように動くウェイトで、単音ではない複合低音を発生。

シングルコネクト
4/8

シングルコネクト

シングルコネクトによりヘッドアクションとテールアクションの融合を生む。

マストテール
5/8

マストテール

独自のマストテールが飛沫と泡を生み、チェイスしてきた魚にルアーを見切らせない。

6/8
テールセッティング方法
7/8

テールセッティング方法

テールの取り外し方法
8/8

テールの取り外し方法

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

Bantamが創造するバスフィッシングの世界

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。