• 001 キョウリンイワシ<span style="color:red">【追加】</span>

  • 006 キョウリンカタクチ<span style="color:red">【追加】</span>

  • 007 キョウリントビウオ<span style="color:red">【追加】</span>

  • 008 キョウリンオレンジ<span style="color:red">【追加】</span>

  • 04J ヒラマサクリア

  • 22T スケサンマ

バリエーションイメージ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • 001 キョウリンイワシ<span style="color:red">【追加】</span>001 キョウリンイワシ【追加】
  • 006 キョウリンカタクチ<span style="color:red">【追加】</span>006 キョウリンカタクチ【追加】
  • 007 キョウリントビウオ<span style="color:red">【追加】</span>007 キョウリントビウオ【追加】
  • 008 キョウリンオレンジ<span style="color:red">【追加】</span>008 キョウリンオレンジ【追加】
  • 04J ヒラマサクリア04J ヒラマサクリア
  • 22T スケサンマ22T スケサンマ

紹介文を読む

¥2,370~¥3,500

(OT-145K、OT-160J:¥2,370 / OT-190J:¥3,000 / OT-022L:¥3,500)

飛びと泳ぎを両立させたオシアペンシルシリーズに、S字ダイブ系アクション専用モデルが登場。コンセプトは“飛び”と“入り”の良さ。ホースヘッド等、足場の高い所でも安定してダイブする簡単操作設計。ヒラマサはもちろん、ブリ、マグロキャスティングにも対応。ベイトや活性に合わせて選べる多彩なサイズ展開で、状況に応じた攻めが可能に。

¥2,370~¥3,500

(OT-145K、OT-160J:¥2,370 / OT-190J:¥3,000 / OT-022L:¥3,500)

技術特性

技術特性

  • 貫通ワイヤー

    貫通ワイヤー

    貫通ワイヤー

    閉じる
  • 狂鱗

    狂鱗

    狂鱗

    独自に開発されたシマノオリジナルホログラム。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 カラー サイズ(mm) 自重(g) タイプ 本体価格(円) 商品コード
品番
【追加】
OT-145K
【追加】
OT-145K
【追加】
OT-145K
【追加】
OT-145K
OT-145K
OT-145K
【追加】
OT-160J
【追加】
OT-160J
【追加】
OT-160J
【追加】
OT-160J
OT-160J
OT-160J
【追加】
OT-190J
【追加】
OT-190J
【追加】
OT-190J
【追加】
OT-190J
OT-190J
OT-190J
【追加】
OT-022L
【追加】
OT-022L
【追加】
OT-022L
【追加】
OT-022L
OT-022L
OT-022L
品番 カラー サイズ(mm) 自重(g) タイプ 本体価格(円) 商品コード
【追加】
OT-145K
001 キョウリンイワシ 145 46 フローティング 2,370 645630
【追加】
OT-145K
006 キョウリンカタクチ 145 46 フローティング 2,370 645647
【追加】
OT-145K
007 キョウリントビウオ 145 46 フローティング 2,370 645654
【追加】
OT-145K
008 キョウリンオレンジ 145 46 フローティング 2,370 645661
OT-145K 04J ヒラマサクリア 145 46 フローティング 2,370 762320
OT-145K 22T スケサンマ 145 46 フローティング 2,370 762306
【追加】
OT-160J
001 キョウリンイワシ 160 57 フローティング 2,370 645913
【追加】
OT-160J
006 キョウリンカタクチ 160 57 フローティング 2,370 645920
【追加】
OT-160J
007 キョウリントビウオ 160 57 フローティング 2,370 645937
【追加】
OT-160J
008 キョウリンオレンジ 160 57 フローティング 2,370 645944
OT-160J 04J ヒラマサクリア 160 57 フローティング 2,370 731265
OT-160J 22T スケサンマ 160 57 フローティング 2,370 731241
【追加】
OT-190J
001 キョウリンイワシ 190 70 フローティング 3,000 645951
【追加】
OT-190J
006 キョウリンカタクチ 190 70 フローティング 3,000 645968
【追加】
OT-190J
007 キョウリントビウオ 190 70 フローティング 3,000 645975
【追加】
OT-190J
008 キョウリンオレンジ 190 70 フローティング 3,000 645982
OT-190J 04J ヒラマサクリア 190 70 フローティング 3,000 731302
OT-190J 22T スケサンマ 190 70 フローティング 3,000 731289
【追加】
OT-022L
001 キョウリンイワシ 220 114 フローティング 3,500 644947
【追加】
OT-022L
006 キョウリンカタクチ 220 114 フローティング 3,500 644954
【追加】
OT-022L
007 キョウリントビウオ 220 114 フローティング 3,500 644961
【追加】
OT-022L
008 キョウリンオレンジ 220 114 フローティング 3,500 644978
OT-022L 04J ヒラマサクリア 220 114 フローティング 3,500 864529
OT-022L 22T スケサンマ 220 114 フローティング 3,500 864543

■フックサイズ/
OT-145K:ST-46(#2/0)
OT-160J:(100lbリング)ST-66(#2/0)
OT-190J:(150lbリング) 推奨フック ST-66(#3/0)
■スプリットリング 200LB 推奨フック ST-66(♯4/0) or リング付シングル(♯6/0~♯7/0)

ラインナップ

ラインナップ

  • 001 キョウリンイワシ<span style="color:red">【追加】</span>

    001 キョウリンイワシ【追加】

  • 006 キョウリンカタクチ<span style="color:red">【追加】</span>

    006 キョウリンカタクチ【追加】

  • 007 キョウリントビウオ<span style="color:red">【追加】</span>

    007 キョウリントビウオ【追加】

  • 008 キョウリンオレンジ<span style="color:red">【追加】</span>

    008 キョウリンオレンジ【追加】

  • 04J ヒラマサクリア

    04J ヒラマサクリア

  • 22T スケサンマ

    22T スケサンマ

閉じる

狂わせるほどの本物感を求めた鱗

本当のリアリズムを追い求める上で狂鱗ホログラムのデザインは、生きたイワシの鱗をスケッチする所から始まっている。実際のイワシから鱗を採取し、それを拡大。スケッチに起こしたイラストのアウトラインをデータ化し、それをイワシの拡大写真に重ね写しながら本物の鱗が配置されている実際の間隔でレイアウトを作成。この一枚一枚の鱗をそれぞれしっかり輝かせるために、更に必要な技術を取り入れて独自に開発されたのが、シマノオリジナルの狂鱗ホログラムなのである。

開発担当者による鱗のスケッチ
スケッチを実寸でアウトライン化
イワシの拡大写真を元に実際の鱗の配置を再現

4~5匹のデカいヒラマサが
狂った様にルアーを取り合った!!

この日、まだ名称も決まっていない新開発のオリジナルホログラムを搭載したオシアペンシル別注平政を玄界灘でキャストしていた鈴木氏の目の前に、ルアーを奪い合う様に良型のヒラマサが姿を現した。
「これだけリアルなウロコ模様と、水中で艶めかしく輝くフラッシングは他には無いよね。だからヒラマサもしっかりエサと認識して本気でルアーを取り合ったんじゃないかな。」
 シマノがルアーに求めるベイトの持つ生命感を再現すべく、必要に迫られて遂に開発に着手したオリジナルホログラムの「狂鱗(きょうりん)ホログラム」は、現場で実戦的に魚の反応を聞きながら、正にこの瞬間、船の上で完成したのである。

鈴木 斉

プロトモデルのテスト段階では、
ヒラスズキのヒットラッシュに驚く事も!

もちろんテストはオフショアだけでなく、サーフやリバーシーバスでも行いながら確認を進めてきたが、特に開発チームが重要視したのがヒラスズキである。透き通った潮の中で、特別目玉の大きなヒラスズキが見切ることなく、しっかりと「喰い」に来てくれるかどうかを試したのである。結果的に、写真を撮るのを忘れるくらい、ヒラスズキのヒットラッシュに遭遇するテスト日まで有り、疑いようのない「狂鱗ホログラム」の実力を目の当たりにした。自信を持ってリリースできるだけの充分な性能を確認する事が出来たのだ。


魚を狂わせるほどの本物感を持った鱗模様

開発チームにはいつものルアー開発スタッフとプロアングラーに加えて、ホログラム開発のプロが加わって進行した。だからこそ、これだけリアルな輝き方をするホログラムに仕上っているのである。
ホログラムは受ける光によって輝き方が変わる。この事を熟知した専門家がテストに加わり、更に熟練の職人が手作業で型を調整して専用の鱗柄が完成。また、これをそのまま製品化するのではなく、実際に使用する現場で、プロアングラーの目線から意見が加えられ最終的なデザインに落とし込まれている。

「狂鱗ホログラム」が搭載されたルアーを手にしたら、是非水中にルアーを浸けてその輝き方を確認していただきたい。そこにはまるで、「生きているかのような」輝きを放つルアーが存在しているはずである。
 もちろん、シマノがオリジナルで作るホログラムだからといって強度や耐久性が弱いという事があってはいけない。その点もホログラムの品質に精通するプロが、最新の技術を投入してカタチにしてあるので、思う存分、フィールドで投げ込んで頂きたいと思う。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
従来のオシアペンシルよりも体高が大きくなり、アピール力がUP!
1/1

従来のオシアペンシルよりも体高が大きくなり、アピール力がUP!

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。