最先端技術で武装する Btフォースの覚醒  奥田学 × 旧吉野川水系他(徳島県)パート1

ビッグベイターの新たなる希望、いよいよ!

稀代のビッグフィッシュハンター、奥田学さんが手がけるビッグベイトがいよいよ世に姿を現した。その名も「Btフォース」(読み:ビーティーフォース)。昨季、プロト段階から各メディアを賑わせてきた話題作の全貌を明らかにしよう。最終プロト、いわば製品版とほぼ同様のモデルが仕上がったばかりの頃、奥田さんはそのポテンシャルを再度確認すべく徳島県へと向かった。

バンタム作品としては初の奥田プロデュース。かねてより数々の名作を生み出してきた奥田さんは、何を求め、何を生み出そうとしたのか。そこが聞きたい。

「僕のルアービルダー精神から言えば、作りたいルアーは日々、無尽蔵に湧き上がる。そんな中でバンタムとして生み出すなら、どうアプローチすべきか。そう考えてみると、即座に答えが出た」。

腕利きのアングラーとして、そして優れたルアービルダーとして活躍している奥田さんはこう続けた。

「自分自身のモノ作りはハンドメイド寄りのローテクがベース。対して、バンタムはシマノならではの世界屈指のハイテクを活用して、また新たな方向性が拓けるのではないかと。僕の期待を大きく上回る作品を仕上げることができたよ」。

この夏、満を持して登場するBtフォース。そのハイテクを駆使した各部の構造とは、如何に。

Btフォースは2ピースのジョイント構造に、ソフト素材のシャッドテールが装着された異色作。全長は190ミリ、自重は50グラム。

鋭く切り込まれたアイの瞳にはバンタムを意味する「Bt」の文字。スクエアビルはボディに対してほぼ垂直方向にセッティングされているのがわかる。

「バスを浮かせて獲る、完全なるスイッチベイト」

ここまでをご覧になった通り、Btフォースはジャンルで言うならば、いわゆる「ビッグベイト」だ。とはいえ、奥田さんのこと。ビッグフィッシュを獲るべく、その形状を見るだけでは計り知れない緻密なプロダクトデザインが秘められている。

「今まで様々なタイプのビッグベイトを作ってきたけど、今回のは表層攻略スペシャリティー。バスを下から浮かせて獲るウェイクベイトに仕上げた」。

wake(=ウェイク)とは目覚めさせる、覚醒させるという意味。水面下を泳ぐバスに対して、如何に表層へと眼を向かせるか。そして如何に闘争心を掻き立て果敢にバイトへと至らせるか。奥田さんはバス、それも大型を覚醒させる特殊能力とでも言うべきポテンシャルをこの新作に求めたのだ。

「各部の特殊な構造と相まって、バスを寄せる能力を最大限に発揮する。バスが追ってくるだけじゃない。寄ってきたら即時にバイトする、いわばスイッチベイトとも呼べるモデルだね」。

Force(=フォース)とは本来、力や強さと同義の意味だが、ここではBtフォースだけが身につけた特殊能力とご理解いただきたい。奥田さんはそのフォースの1つ1つを解説すべく、塗装前のクリアボディを手に語り始めた。

フォース・その1 重低音サウンドで呼ぶオクタゴンコア

ここまでにBtフォースがウェイクベイトであることは判明した。では、バスを表層へどう呼ぶのかという問いに対して、以前奥田さんはこう答えたことがある。

音と泳ぎ。そこに徹底的にこだわった」。

これまでのプロト開発段階では形状の外観こそ明らかになっていたが、内部構造に関しては深く言及せずひた隠しにしていた経緯がある。おそらくはここで明らかになる驚くべき独自構造は、今回初めて世に語られるのではないだろうか。

「ワイドリップが水を受け、ボディは左右に激しいロールを生む。そのロールの動きを活かして、内蔵されたオクタゴン(=8角形)のロールウェイトが転がって内壁と接触し複雑なサウンドを発生する」。

通常のボールウェイトであれば接触しても単音でしかない。しかし、これは多音。下段動画では、そのサウンドを聴くことができる。

「8角形の各頂点が時間差で内壁に接触することで、多音でありながら重低音のサウンドを奏でる。カエルの鳴き声にも似ているよね」。

その音はゴロゴロ、いやゲロゲロだろうか。食欲を誘う艶かしさというよりは、バスを威嚇する耳障りなサウンド。これが広範囲に反響することで、テリトリーに侵入するストレンジャーを排除すべく、バスは口を使ってしまうのだろう。

フロントボディのややジョイント部寄りに内蔵されているのが、8角柱のウェイト。一見する限りでは固定ではなく、クリアランスを設けた非固定の遊動式だ。

フォース・その2 もう1つのサウンド要素を司るジョイント部

ビッグベイトと言えばただ巻きするだけで、ヘッド側とテール側のボディを交互にフレキシブルに動かして波動を発生する大型ルアー。何よりその強烈なインパクトはバスの興味をそそり、思わず口を使わせることはご存知じだろう。その構造の要とも言えるのが、前後を繋ぐジョイント部。アクション時に各ピースが接触することで発生するサウンドはどのビッグベイトにも存在するアピールポイントだが、Btフォースはそれだけに留まらない。ここでもまた他に類を見ない独自の構造を築き上げているのだ。

「前後のボディピースは、2つの高強度エイトカンで接続。それを支えているのが前後それぞれの柱」。

シングルコネクトと呼ぶ構造で、体高とほぼ同等の長さかつ軸太なピラーがエイトカンを支え、ヘッド側とテール側のアクションを融合。注目すべきは、テール側のピラーだ。ネジ溝が設けてあるという。

「2つのエイトカンが接触することで、ジリジリとごく小さいながらも耳障りな音を発生する。特にスローリトリーブ時やデッドスティッキングでその威力を発揮できる」。

動きを止めた時や、喰わせの間を与えるべく水面放置の間などにおいて、微かな流れや風でボディが押された瞬間の「ジリッ」。これが食わせのトリガーになる。いわば最終兵器とも呼べるギミックがここに秘められているのだ。もちろん、ただ巻き時でも不定期に鳴る微細な金属音がバスのスイッチを入れることは言うまでもない。

フロントとリアのボディを繋ぐジョイント部は、2つのエイトカンで接続。フレキシブルな動きを生むのは見た目にも明らかだが、核心はそこだけではない。

フォース・その3 独自テールが促す圧倒的な激飛沫

2ピースのジョイントボディに加え、ソフト素材のテール部を搭載しているのもBtフォースの大きな特徴の1つ。奥田さんがこれまで手がけてきた数々の名作をご存知の方なら、このテールを見た瞬間、身体中にビリビリと電気が走ったのではないだろうか。

「そうだね、アレです。2ピースボディの激しい動きに加えて、このテールが魅せる圧倒的な水押しと飛沫が広範囲からバスを寄せることは間違いない。これは実際に体験してもらいたいね」。

そして、知っておいていただきたい大切なことがある。Btフォースは購入したら即座に使えるビッグベイトではない。2ピースのジョイントボディとマストテールはパッケージ内に同梱されているものの、ユーザー自ら装着する必要があるのだ。

ソフト素材の通称「マストテール」を搭載。どんな泳ぎを見せるのだろうか…。

<使用上の注意>Btフォースの組み立て方

Btフォースのパッケージ内には、ボディ本体とブリスターパックに入った2本のテールが同梱されている。まずはこれらを合体させることから、Btフォースの釣行計画は始まる。以下、手順を追って完成させてみよう。

1:ブリスターパック裏に添付された小袋には、ステンレスのピンが2本。細かなパーツなので失くさないように注意。

2:本体のテール部左右にある各2つの穴を確認。正面から見て右側の穴が大きく、左側は小さい。

3:パックからテールを1本取り出す。本体とテールの付け根にはスライドイン可能なミゾがあるため簡単に装着可能。それぞれを湿らすとよりスムーズだ。

4:装着したら、ボディの右面にある大きな穴から、ステンレスピン2本をそれぞれ押し込む。プライヤー等があると便利。

これでいよいよBtフォースが完成。いざ、まだ見ぬ大物が待つフィールドへと出かけよう。

次回パート2からはいよいよ実釣編がスタート。奥田さんの切れ味鋭いビッグベイトテクニックにご期待いただきたい。