夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

百合野 崇 × 鱗海 SPECIAL 00号530 & 鱗海 ハイパーリペルα ナイロン ZEROフロート

百合野崇のチヌ釣り戦術
ポイントが見えない状況下にもヒントがある
長崎県佐世保市相浦「大崎1番」

百合野崇さんに竿を振ってもらったのは長崎県佐世保市相浦の磯。春磯はのどかで釣りの好シーズン。だが、外気と海の水温の差に開きがあり、瀬に上がると海霧が発生してしまった。濃霧に覆われる前に見えていたのは、マキエをすると海面が真っ黒になるほどのエサトリ。この状況下、百合野さんはどんな釣りを見せてくれるのだろうか?

なぜ遠投が必要なのか?

エサトリは、小魚の群れ。沖の方までは出ていけない。大きな魚が現れれば身を隠すため、その存在は気にならなくなるものだ。遠投したポイントにチヌを集めることができればエサトリ対策の解決方法となりうる。
百合野さんはファイアブラッド チタン遠投ヒシャクの85㎝モデルでマキエを遠投し始めた。

ヒシャク「ヒシャクは長い方が遠投しやすいと思います。ここは30m先にポイントがあるのでロングヒシャクで狙います」

遠投能力を持ち合わせた鱗海スペシャル

百合野さんは30m先に狙いを定めたようだ。
マキエを効かせ次に仕掛けを投入するのだが、チヌ釣りの場合、エサトリ対策以外にも潮の干満でポイントが遠くなることはよくあり、遠投技法は避けて通れない。チヌ用のウキはそれ自体が重たく、しかもツケエはネリエサを使うこともある。一日釣るとなるとキャストの回数は数百を超える。

そこで遠投を得意とする百合野さんにコツを聞いた。
「私はどちらかというと細身でパワーもありません。だからこそ腕だけを使うのではなく腰を入れ野球の投球フォームに近い形で、竿を持つ左手と逆の右足を半歩前に出して、腰の回転と腕の振り切りだけのフォームで遠投しています」
たしかに百合野さんの投入フォームを見ると、しっかりとウキの重さを竿の胴に乗せてフルキャストしている。

鱗海スペシャルは竿の節ごとに「1番は喰わせ、2番は掛け、3・4番はパワー、そして5番はコントロール」という役割がある。しっかりと竿の反発力を利用してウキに飛行力を持たせるようにキャストすれば、ツケエに余計な力が掛からないので外れず遠投できるというわけだ。

遠投「霧で前が見えなくなりましたが、足元の岩場の形状の延長線上をイメージして方向を見据えます」

遠投2「腰を使ったフォームだと体のへの負担は少なく一日中釣りに集中することができます。」

遠投完成「ツケエが外れるのを心配しながらキャストするよりは、思いっきり振り抜くことが上達のコツです。
ネリエサで遠投に不安がある場合は外れにくくするためにフトコロのあるグレ針を使うという方法もありますよ」

鱗海ゼロピット遠投スペシャルを使いこなす

とは言え、ウキ自体にも遠投の秘訣はあるはず。
「軽くキャストしただけでも遠くに仕掛けを飛ばすことができる鱗海ゼロピット遠投スペシャルは必須アイテムです。このウキだとネリエサを使った場合でも安定した飛行姿勢が保てるからです」
あまり軽いウキだとネリエサのモーメントが勝る。すると仕掛けが宙で回転してしまって狙いのポイントまで届かない。

ウキ鱗海ゼロピット遠投スペシャル00号(自重は16.3g)に板鉛を貼り、
浮力を完全に無くしてなるべくウキストッパーと分離しないようにします」

遥か30m先でツケエとマキエが同調するための方法論

百合野さんは鱗海遠投スペシャルを使うときは、ウキとナビストッパーとが離れないようにする。ウキが水中に入ると水圧でウキはホバリングし、ナビストッパーと分離していく。こうすることで、仕掛けを回収したときにウキの位置+ハリスの長さの先にツケエがあると判断できる。
ツケエの位置が分かればマキエの投入ポイントと乖離しているか否かが分かりやすいので、素早い修正が可能。

百合野さんはウキ止めのない全遊動がスタンダード。目視できない状況下でも、仕掛けがなじむとXガイドを通る道糸のテンションが軽くなりツケエが着底するのが分かる。鱗海ハイパーリペルαナイロン ZEROフロートのピッチマーキングがより変化を分かりやすくする。その後、ラインを巻き取りラインに張りを持たせてアタリを取る。潮は左から右へとゆっくり流れている。

早速ライン引きでアタリが出始めたが、手のひらサイズのグレ。海面に湧いたエサトリの正体は小グレだった。チヌ釣り場は砂地のことが多いが沈みにいたグレが回遊してきたようだ。

リールとラインBB-X テクニウム C3000DXG SUTプレーキタイプは右ハンドル。ラインはファィアブラッドEX FLUORO HARD-TIDE 1.5号。
ピッチマーキングはエサの状況を知る手掛かりとなる。

アタリ待ち「あくまでウキは目安であり、実際にはマキエの煙幕の中にツケエが入っていることが大切です」

小グレをかわしてチヌを釣る

相変わらず前方はほとんど見えない状況。
百合野さんはマキエを入れるポイントはそのままにして、仕掛けの投入点をズラし、流す距離を長くしていく。エサは取られてないようだ。 「ネリエサを替えて目立たなくさせました」
こういうこともあろうかと、明るい色と黒っぽい色のネリエサを用意していたというのだ。
ツケエを黒い色に替え小グレをかわす戦術が功を奏しツケエが底まで通った。

構え「水面下での状況は目視できないのであくまでもイメージが大事です」

さらにマキエの流れる潮下まで仕掛けを流していく。
チヌはマキエの周辺から様子を伺いながら徐々に近寄ってくる性質があり、そこまでツケエを届ければ喰ってくるはず。

マキエに群がるグレの喰み音を利用しチヌの活性も上げる。とうとう数投後に本命のライン引きのアタリ。タモに収まったチヌを見るときれいに緑がかっていた。

今度はチヌの群れが近くまで寄ってきているのではないか?
視界不良のなか、百合野さんの戦術がズバリと的中した。

竿曲がりパラボラチューンRにより、どの方向にも綺麗に曲がる鱗海スペシャル

タモ「私はチヌのフォルムが好きなので、例えどれだけ待たされても釣れたときの歓びは何にも代え難いです」

百合野崇さんのタックル

ロッド 鱗海スペシャル00号 (5.3m)
リール BB-X テクニウム (C3000DXG SUTブレーキタイプ)
道糸 鱗海ハイパーリペルαナイロン ZEROフロート (1.5号)
ハリス ファイアブラッドEX FLUORO HARD-TIDE (1.5号)
ウキ ZERO PIT 遠投SP (00号)
FIRE BLOOD ナビストッパー(マスカット)サルカン埋込固定
ハリ チヌバリ2号
ウェア NEXUS・DSレインスーツ(RA-118Q ディープブルー)
キャップ NEXUS・DSキャップ(CA-191Q ディープブルー)
シューズ ドライシールド・ラジアルスパイクフィットシューズ(FS-083P ネイビー)
PAGE TOP