夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

REPORT ブログ・レポート

遠投スルスルの精度を高める
百合野崇が体現するクロダイ釣技の現在形

ツイート

大知昭さんとの出会い

山口県下関市で生まれ育った百合野さんは中学時代にクロダイ釣りを始めた。競技会に熱中するようになって興味を抱いたのが全層釣法。いわゆるウキ止メを付けないスルスル釣り。この釣技を世に広めた第一人者で「チヌ釣りの神様」とも称される大知昭さんと出会ったのは10年ほど前。山口との県境付近・広島県大竹市に住む大知さんは百合野さんにとって意外なほど身近な名手だった。その釣りを間近で見て衝撃を受け、師と仰ぐようになる。現在は親しみを込めて「昭さん」と慕う。

クロダイの現代釣技の礎を築いたといっても過言ではない大知昭さんは、百合野さんの師匠である。

「昭さんと出会わなければ、今の私の釣り方はなかったと思います」
大知さん流の全層釣法は、現在のクロダイ競技をより先鋭化させた釣り方といえる。今やシーンの主流といっても過言ではないほど、幅広いポイントおよび条件に対応する強力な釣技である。百合野さんは言う。
「ウキ止メを付けてタナを探る半遊動の釣りは、底ダチを測ることをはじめ、タナ合わせに時間を要します。対して全層釣法は表層から底層まで、手間なくチヌの泳層を探れます。どんな水深でも海底までサシエを確実に届けやすく、ベタ底に這わせる釣りもしやすい。競技会場の大半は選手にとって初めての釣り場。となれば全層釣法は短時間で釣りを組み立てやすい、競技に適した釣り方といえます」
それでは百合野さんの釣りの礎となった釣法とはどんなものか。
はじめにウキは沈めて使う。といっても海底まで一気に入れ込むような極端なマイナス浮力ではなく、海面下を漂う00号が主体。ウキを沈めるのは、あくまで上潮の抵抗を受けないように仕掛けを安定させるため。ウキを支点にサシエを「スルスル」と海底まで落とし込んでいくのである。基本は軽い仕掛けをゆっくり落としてタナを探るが、底ねらいとなればハリスにシズを足して沈下速度をスピーディーに調整する。着底させたエサを手前にサビいて誘ったり、流れに乗せてコロコロと転がしたりと、喰い気をうながす操作も入れる。ラインは適度に張った状態を保ち、アタリはラインや穂先の変化で取る。シマノのクロダイロッド「鱗海」シリーズに採用された高視認な「白い穂先」は、すべからくこの釣法を念頭に置いて作られたものだ。
もうひとつ大事な要素は「遠投」である。大知さんといえば70m以上のスポットにコマセとサシエを大遠投して合わせる。より多くのクロダイを沖の海底に集め、爆発的な釣果を出す。技術の差が問われるのは、サシエとコマセの正確なコントロールにある。その技術は百合野さんにも引き継がれ、今大会では遠投釣技が鮮やかに決まった。すべての試合でクロダイがほほえみ、完全試合の優勝となったのだ。中でも決勝は正面から吹く強風に真っ向勝負を挑む格好。それでもコマセと仕掛けを正確に合わせた。真剣勝負を見守る選手や審判がその精度の高さに目を見張るほどの素晴らしい遠投釣技である。

決勝では向かい風をものともしない、正確な遠投釣技がギャラリーを沸かせた。

PE使いが生んだブレイクスルー

今大会までの百合野さんの大会成績を振り返ると、全国大会は2度目の出場である。初出場となったのは第3回(2013年)大会。しかし予選3試合ともノーフィッシュと釣果に恵まれず、不完全燃焼に終わった。以降も釣技を磨き続けていた百合野さんだが、今大会までの6年間は地区予選を通過できずにいた。

百合野さんが全国大会初出場となった2013年大会は
予選3戦ともにノーフィッシュに終わる。

予選では大知昭さんの長男、正人さんとも対戦した。
百合野さんと正人さんは年齢も近く親交が深いトーナメント仲間。

ブレイクスルーに導いたのは、磯釣り専用を謳う高比重PEライン「LIMITED PRO PE G5+ サスペンド」との出会いが大きい。
PEは直線強力が高く0.6号、0.8号という細号数も安心して使えるのがメリット。それに伴い軽々と仕掛けを遠投することができ、水切り抵抗も軽減され、喰い込みをさまたげにくい。そのうえ低伸度のため高感度。ゆえに小さなアタリも取りやすく、着底のサイン、海底からエサを持ち上げた時のエサの重さ(有無)も把握しやすくなる。そうして「釣りの精度が上がった」、「イメージが明確になった」と自信を持てるようになったという。

高比重PEライン「LIMITED PRO PE G5+ サスペンド」によって
遠投スルスル釣技が格段にしやすくなり、釣りの精度が上がったと百合野さんは言う。

「私は0.8号を愛用していますが、細くて軽いPEはウキのイト抜けがとてもいい。その結果サシエをピンポイントに留めておきやすくなったのもメリットと感じています」
海底にサシエを安定させること。それは九十九島攻略に極めて重要な技術だった。水深がサオ2本から3本、チョイ沖で20m以上に落ち込む深場が連なる九十九島の磯。208もの島々を縫う潮の流れは湾奥部ほどはっきりとせず、フラフラと上滑りするばかり。クロダイの活性は低く、ベタ底でしか喰わない。このフラつく潮の深場でサシエを底に安定させなければいけない。
百合野さんはウキをPEに直通しにする。ナビ下には極小サルカンを介して、PEとサルカンは漁師結びで結束。ハリスはサオ1本分の長さを取っている。そして仕掛け投入後はラインを風上、もしくは潮上に置き直すメンディングをほとんど行なっていない。コマセの芯から極力サシエを動かさぬよう、引っ張らないように意識している。基本はオープンベールで、風下・潮下にミチイトが膨らめば、ある程度の張りを保ちつつイトを送る。
細号数のPEはウキ穴からイトがスルスルと抜けやすく、ウキが引っ張られ、流されたとしてもイトが抜けるので海底のサシエは動きにくい。それはとりもなおさず、喰い込みのよさにつながる。居喰い時もエサを離しにくいのでヒットにつなげやすく、加えてPEの高い水切り性能と相まって、イトが大きく膨らんでも小さなアタリを表現してくれる。

イトが膨らみ、ウキが仕掛けを引っ張るような恰好になれば、
イトを適宜送り込んでかつ適度な張りを保ちアタリを待つ。

ちなみに今大会はファイナリスト27名のうち約1/3の選手がPEを使用。2位の横路幸浩さん、3位の内海通人さんもPEを使って好成績をおさめた。ベスト3がPE使いというのは、現代のクロダイ競技にPEが台頭したことを物語る象徴的な結果といえるだろう。

3位の内海さんもPEを愛用。ウキはPEに直通しではなくショックリーダーに通す。

2位の横路さんは九十九島攻略がきっかけでPEを使うようになった。

左から2位の横路幸浩(広島県三原市)さん、1位の百合野崇さん(山口県下関市)、3位の内海通人さん(広島県三原市)。
筋金入りのチヌ師が生まれる中国勢が圧倒的な強さを見せた大会だった。

百合野崇
シマノインストラクター
百合野崇(ゆりのたかし)

1981年生まれ。
山口県下関市在住。広島湾をはじめとする瀬戸内海ほか、九十九島や五島列島など九州各所にも足しげく通うクロダイ釣りのエキスパート。

PAGE TOP