夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

百合野 崇×鱗海スペシャル×BB-Xテクニウム SUTブレーキモデル 熱釣インプレッション

百合野 崇(ゆりの たかし)×鱗海スペシャル×BB-Xテクニウム SUTブレーキモデル
熱釣インプレッション

私が普段からチヌのフカセ釣りで愛用するタックルは、Xガイドが搭載されている鱗海スペシャルBB-Xテクニウム SUTブレーキモデルのコンビです。年中、瀬戸内海から九州北部のチヌ釣り場に出向くため、どんな状況下でもどんな大物が掛かっても対応できるように一番信頼のおけるタックルで挑んでいます。

夏から秋にかけては、九州の長崎・九十九島エリアでノッコミから完全回復した元気なチヌを追い求めて竿出しする事が多いです。リアス式の地形を活用した真珠の養殖棚や鯛や青物の養殖が盛んなのですが、チヌ釣り場はそのストラクチャー周りがポイントになることが多いです。足下から真珠棚や養殖生簀を固定するロープが張り出しており、そのロープの間でポイントを作り、チヌが掛かってもロープとの間でやり取りをするため、鱗海スペシャルの魚を怒らせない調子設定と絶妙な硬さのバット、そしてスムーズに糸送りが出来るSUTブレーキを使ってなるべく短時間で勝負を決めます。

私の実感としては、先代の鱗海スペシャルRBに比べ魚の動きがさらによく分かる調子に仕上がっているため動きが予測しやすく、やり取りの際にチヌに主導権を与えてしまうことが減り、バラすことも減りました。またSUTブレーキの大きな特長であるリールの逆回転時の振動の少なさから、魚が暴れにくく優しくやり取りできるので、ロープや瀬にラインが触れてのバラシもかなり軽減されたと実感しています。

私の場合、ロッドケースの中には0号、06号、1号の3本を入れて持ち歩きますが、基本的には、オールラウンドに使用可能な06号を、チヌの引きを存分に楽しみたい時や遠投が必要な時は0号を使用します。55cmを越すようなチヌ、または障害物や根がある場所では1号を目安に使用します。記録狙いや、大型の真鯛やグレが当たるような場所は1.2号がおすすめです。

別の竿のセレクト方法としては、ウキの重さで決めて頂くことも良いと思います。最近のチヌ釣りは15グラム前後と重めのウキが流行っていますが、15gまでは0号、15gから20gまでが06号、20gオーバーなら1号と目安を決めておけば、竿を選びやすいと思います。この目安で選ぶと私の場合、振り込み等の操作が非常にしやすいと感じています。

是非、最新鋭の機能が搭載された鱗海スペシャルBB-Xテクニウム SUTブレーキモデルで元気なチヌとのやり取りを楽しんで頂ければと思います。

PAGE TOP