夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

渚のフカセ釣り チヌ釣りエキスパート 内海通人on the Beach

渚のフカセ釣り チヌ釣りエキスパート 内海通人on the Beach ~その①~

海水温の高い時期はいろんな魚が釣れ盛る。エサトリは増えるものの、チヌの活性は高くなり、さまざまなフィールドで釣ることができる。今回は高水温期におすすめの渚のフカセ釣りを紹介。

遠投や、やり取りなどの練習もでき、スキルアップのヒントがたくさん得られるので、初心者はもちろん、レベルアップを目指す人にもおすすめの釣りだ。

エキスパートが渚へ行く理由

 内海さんはチヌフカセ釣り全国大会の常連で、バリバリのトーナメンター。でもいつも磯だけで釣っているわけではなく「渚にも行きますよ」とのこと。磯釣りのイメージが強い内海さんだが、渚でも釣るのはなぜだろうか?

内海通人内海 通人(うつみ みちと)。瀬戸内を中心にチヌ釣りを展開し、トーナメントでも活躍中。シマノ磯フィールドテスター

「チヌがよく釣れるからというのはもちろんですけど、一番の理由は、いつものフカセとは違う開放感ですね。磯では場所によっては竿を振るスペースが限られることが多いんですが、渚は左右、後ろも広々としています。思い切り竿を振れるのはとても爽快。タックルも服装も、磯釣りのときとはガラッと変えて新鮮な気分で釣りを愉しんでいます」

内海通人

 そのほかにも内海さんが渚へ行く理由をいろいろと教えてくれた。
「細ハリスの使用とか、チヌを存分に泳がせるやり取りの仕方など、ふだんの磯釣りではやらないことができるという点もおもしろいですね。渚釣りの難点があるとすれば砂だけです。精密機械のリールにとってはまさに天敵だし、竿や玉網の柄の隙間に入っても大変です。でもこれはフィッシュバッカンのロッドレストや三脚を使えば防げますよ」

内海通人

内海通人足場がよく広々とした渚は、
開放感が味わえる魅力的な釣り場

内海さんオススメ!好フィールド渚の魅力

「足場がよく危険が少ない」

砂地なので転倒してもケガをするおそれが少ない。高低差がないので落水もまずありません。このためライフジャケットは身軽な自動膨張式でOKです。

「多人数で竿が出せる」

渚は横に広く、沖に向かう水深も横方向に均一に変化していることが多い。そのため多人数で並んで釣りができます。釣り座も簡単に移動できます。

「遠投の練習ができる」

狭い磯や波止だとオーバースローで竿を振れず遠投しにくい場合があります。一方、後方が広い渚では存分に遠投ができます。

「細いハリスが使える」

岩や藻、海中の構造物がない砂浜なら、1号くらいのハリスでやり取りが愉しめます。細いハリスは喰わせることにもつながるので、釣果アップやアタリをつかむ練習にもなります。

「やり取りを覚えるのによい」

渚でヒットさせたチヌは横走りを見せ、強烈な引きを愉しめます。障害物がなく広いので、チヌを十分に泳がせて、やり取りの練習ができます。

「海に浸かってクールダウン」

夏の釣りは暑さに注意が必要で、我慢して釣り続けるのは危険です。渚なら海に浸かって暑さをしのげます。時々ヒザまで浸かりながら釣ることで、熱中症にならないように気をつけています。

渚を愉しむライトなスタイル

ウェア

ふだん磯で釣るときは「ネクサス」または「リミテッドプロ」という本格派仕様のウェアを着ている内海さん。この日はポロシャツハーフパンツフィッシングサンダルというラフなスタイル。ライフジャケットはウエストタイプの自動膨張式だ。

内海通人「釣り場に合わせた装備です。とても動きやすいですし、足が濡れても乾きやすいんですよ」

CHECK!

「塗るから着る」へ。シマノの日焼け対策内海さんが着ていたインナーウェアは日焼け防止機能を備えている。日差しから肌を保護する「UPF50+」素材で、しかも吸水速乾。フィッシングシーンにも適した耐摩耗性の高い生地を採用して快適な釣行をサポート。

内海通人

タックル

 内海さんが今回使用したタックルは『ボーダレス』495M-T。
「この竿は『鱗海スペシャル』などのチヌ竿にくらべるとパワーがかなり強いんですが、そのおかげでいろいろな釣りに使えますね。オモリも5号くらいならフルキャストできるので今日はチヌが釣れなかったらキス釣りをやってみようかな」

内海通人
砂対策は必須。釣具を直接砂地に置かないように。ちょっとしたアイテムで解決できる

内海通人フィッシュバッカンのサイドに付属しているロッドレストの出番だ

内海通人
40cmのチヌをヒットさせたときの『ボーダレス』。しっかり曲がりながらもまだまだ余裕のパワーを備えている

ボーダレス
ボーダレス』495M-T。オモリ負荷はなんとMAX30g。ウキ釣りからちょい投げ、ルアーまでこなせる万能ロッドだ

マキエとサシエ

マキエは渚仕様。「渚は近くから深くなっていく地形もあれば、かなり沖で深くなる地形もあります。瀬戸内だと干満の潮位差が大きいので、満潮時は遠投しなければいけないけど干潮時は近投でよいということもあります。狙う距離が刻々と変わるのです。
また、砂地にいるフグやベラのようなエサトリをかわすために遠投が必要な場合もあります。そんなときに対応できるよう、遠投性が高いマキエを使うとよいでしょう」とのこと。サシエはオキアミとネリエサとエビ。「これは磯と変わりないですね」と内海さん。

内海通人さんのタックル

ロッド ボーダレス (495M-T)
リール BB-X テクニウム (SUTブレーキタイプ)C3000DXG S LEFT
道糸 鱗海 ハイパーリペルα ナイロン ZEROフロート (1.5号)
ハリス ファイアブラッド EX FLUORO HARD-TIDE (1〜1.2号)
ウキ 鱗海 ZEROPIT 遠投SP (G3ほか)
ハリ チヌバリ2号
その他 ファイアブラッド ナビストッパー ポジティブ
PAGE TOP