夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

高橋哲也が語る ズームロッドを使った「流す釣り」

高橋哲也が語る ズームロッドを使った「流す釣り」

風の吹く沖磯で、大きく複雑な流れを釣るために。

今回のBB-X SPECIAL MZIIは、パラボラチューンRXガイドシルキーズームなど先進の機能に加え、新たにハイパーノンコンタクトIIを#4まで搭載し、よりベタつきを解消。ライン操作がしやすくなっています。そして4本半という継ぎ数はブランクスを非常に細身にすることが可能。このシェイプされたブランクスはBB-X SPECIAL MZIIの大きな特長のひとつですが、風に吹かれることが当たり前の沖磯では大きなメリットになります。

ロッド操作はもちろん、やり取りまですべての動作が行いやすい。特に細かなライン操作を重ねて、狙いの流れに仕掛けを流していく私の釣りにとっては欠かせない性能です。BB-X SPECIAL MZIIBB-X SPECIAL SZIIに比べて、ズームの可変幅が大きくなり、ズームアップの状態ではレングスが30cm長くなります。この差は大きく、BB-X SPECIAL MZIIは幅の広い流れや遠いポイントを攻略することに対して、より適した性格を持ちます。

辿り着けるか。流れの中の痺れる快感に。

魚と釣り人の距離。それは遠くても近くても、最短距離で勝負したい。そのために、一旦は離れるけれど、ラインを大きく送り出す。潮や風によってゆるみがほどけ、仕掛けのドリフトが阻害される直前に最短距離にする。そんな複雑な操作が必要な場面があります。

これらを鏡やサラシを含んだ本流で行う場合、BB-X SPECIAL MZIIの550のレングスは大きなアドバンテージです。流す釣りでひとつ付け加えたいのが、連発という現象。魚が連発で釣れるのは快感だしテンションも上がります。私の体験では1尾目が釣れた同じ流れをトレースし続ければ連発する可能性がとても高くなる。これを意識する、しないの差は歴然。海の流れは刻一刻と変化します。2尾目を狙うとき1尾目が釣れた流れは離れているかもしれないし、より近くなっているかもしれません。この変化する流れに対応する手段がズーム機能なのです。ラインの出発点、穂先の位置を変えながら、流れの中の痺れるような快感を見つけてください。

PAGE TOP