夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

山本太郎×Seihakou SPECIAL 熱釣インプレッション

チヌの泳層を立体的にとらえて攻める
ロングレンジ(LR)を駆使した「中切(宙切り)」が新たな領域を拓く

戦略的に3調子の穂先を使い分ける

実に6年ぶりのフルモデルチェンジとなったSeihakou SPECIAL(せいはこう スペシャル)ですが、その特徴は、SR(ショートレンジ)とLR(ロングレンジ)の2つのレングスタイプがあり、それぞれに3種類の穂先が標準装備されていることにあります。SRには、フカセ、攻、先が、LRには中切(宙切り)、攻、先の3調子がラインナップされ、釣法やエサに合わせて、戦略的に穂先を替えて攻めることができます。

ダンゴの煙幕に同調させて落とし込む

とりわけ私がこだわって実釣テストを繰り返してきた穂先が、LRに搭載された「中切(宙切り)調子」です。「中切」とは、ダンゴの沈下途中で意図的にサシエを抜いて、割れたダンゴの煙幕に同調させながらサシエを落とし込んでいく釣り方です。LRに中切(宙切り)の穂先を取り付けると、全長172cmになりますが、このロングレンジが「中切」に最適な長さといえます。

水深15m以上なら「中切」がはまる

長い間、チヌは底で釣るものというイメージが定着していました。しかし実際は、チヌの泳層はその時の条件によって上がったり下がったりします。底でアタリを待つばかりでなく、チヌのレンジを立体的にとらえて、沈下途中でダンゴを割って攻める。そうすることで攻めの幅が広がり、ゲーム性が高まります。さらに、「中切」でヒットするチヌは良型が多いことも魅力です。水深が15m以上ある釣り場であれば、「中切」がはまる可能性が高いといえます。底狙いで結果が出ないとき、思い切って中層でダンゴを割って落とし込んでみてください。一発で喰ってくることがありますよ。

小さくしゃくってダンゴを意図的に割る

「中切」の具体的なアプローチ方法としては、先に海底から20~30%のタナでラインにマーキングを入れておき、ダンゴ投入後、フリーでラインを送っていきます。マーキングまで出たところで竿のティップにダンゴの重みを乗せて、小さくしゃくって意図的にダンゴを割ります。あとは、サシエの重みだけでダンゴの煙幕の中を落とし込みながらアタリを待ちます。ラインにオモリは打ちません。また、約30センチずつの小刻みな落とし込みを繰り返しつつ、アタリがあった時には即アワセの体勢をとる必要があるため、セイハコウシリーズのリールに搭載された「チョイ出しクラッチ」が本当に役立ちます。是非、中切の釣りを楽しむ際はこのチョイ出し機構をご活用下さい。

サシエの重みを感じられる極細穂先

これら一連の動作がスムーズにできたときほど、ヒット率が上がります。中切(宙切り)調子は、ダンゴが割れやすいようにティップ部に独特の張りを持たせるとともに、穂先を極めて細く仕上げ、ノーシズでもサシエの重みを感じながら落とし込んでいける理想のテーパーを実現しています。自重が非常に軽いオリジナルワイヤーガイドを穂先に採用し、極細穂先なのにシャキッとした調子が出ています。風が強い中でも穂先が暴れず、落とし込みの動作がきちっとできて、アタリを明確に表現してくれるのです。

プラチナレインボーの美しい仕上がり

深場や潮流が速いところでオールラウンドに使える先調子、小アタリをとらえて掛け合わせる釣りに向く攻調子、これらに中切(宙切り)調子が加わったことで、私としては武器が増えて、これから先が非常に楽しみです。今後、「中切」をする釣り人がどんどん増えていく兆しがありますね。晴れたときはホワイト系に、曇天だとシルバーに見えるプラチナレインボー塗装の美しい仕上がりも非常に気に入ってます。

PAGE TOP