夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

山本太郎直伝 筏竿 穂先と長さの選び方

ツイート

山本太郎直伝 筏竿 穂先と長さの選び方

シマノの筏竿は5種類の表現力豊かな穂先と長短様々な竿の長さをラインナップ。その選び方を山本太郎さんが徹底解説します。

穂先の選択穂先の選択

1.まず考えるのは、釣り場の条件

シマノには5種類の表現力豊かな穂先がラインナップされています。
それらを選ぶときに、まず考えるのは、自分がよく行く釣り場の条件です。
潮がどれくらい流れるのか、水深があるのか、養殖コワリやカキ棚などのストラクチャーがあるのか…などです。

2.どういうスタイルのチヌ釣りをするのか

次に、自分がどういうスタイルでチヌ釣りをするのかを考えます。
軽い仕掛けで常に動かして小アタリを掛けていくタイプなのか、
またはじっくりと構えるタイプなのか、いわゆるフケをいっぱい出してラインをゆるめた釣りをするタイプなのか…など、
自分の得意とするスタイルも考慮して選択していきしょう。

3.1と2を加味して自分の好みを反映させる

例えば「三重県の鳥羽によく行き、潮の速めの所が好き」となれば、
潮の流れに対応できる穂先を考えたうえで、どういうスタイルでチヌ釣りをするのかを重ね合わせて選べばいいでしょう。
あとは「どの調子が好きか」で考えればいいと思います。

釣り場の条件が第一 自分のスタイルが二番目 釣り場の条件が第一
自分のスタイルが二番目

釣り場の条件と穂先の特性を考え、自分のスタイルに合うタイプをチョイスしよう。
  • フカセ調子

    潮流×水深

      浅い 深い
    ゆるい
    ふつう
    はやい

    場所

    水深はそれほど深くない潮が緩めの釣り場など、多くの一般的な釣り場。

    特性

    • ・オモリを付けない完全フカセから中通しオモリを使った釣りまで幅広く対応する。
    • ・大きめのオモリで遠くを探るときにも有効。
    • ・いわゆる本調子テイストで、喰わせて取るスタイルなどに向く。
  • 先鋭調子

    潮流×水深

      浅い 深い
    ゆるい
    ふつう
    はやい ×

    場所

    水深15m以内を意識。潮はそれほど速くなく、ごく一般的な三重県などの釣り場。

    特性

    • ・操作性が抜群。穂先の反発で仕掛けが戻ってきたりせず、軽い仕掛けでもオモリが付いているかのようにテンションが乗る。
    • ・ラインをゆるめてじっくり待っていたいとか、仕掛けを遠投して前方でなじませたいとか、そんなスタイルにも合う。
  • 先調子

    潮流×水深

      浅い 深い
    ゆるい
    ふつう
    はやい

    場所

    さまざまな場所に対応。高知県宿毛や愛媛県御荘湾など水深が30mある場所、三重県鳥羽周辺の潮の速い所など。

    特性

    • ・オールラウンドタイプで、一般的なダンゴ釣りを始め、あらゆる釣法に逐次適応。
    • ・ある程度軽い仕掛けでも穂先にテンションが乗り、水深があったり、潮の速い所であっても、穂先の表現力をキープしたまましっかりとアタリが取れる。
    • ・途中でダンゴを割って落とし込んでいく宙切りにも向く。最も使いやすい穂先。
  • 攻調子

    潮流×水深

      浅い 深い
    ゆるい
    ふつう
    はやい

    場所

    徳島県堂浦や小鳴門筋の潮が飛ぶ所。活性の高いときに小粒丸貝などを使う場所。厳寒期のカキチヌ時の鳥羽・本浦など。

    特性

    • ・硬めで潮の抵抗に負けず、かつ感度良好な穂先。先端部はビンビンに感度を上げてあるので小アタリをよくとらえる。
    • ・トーナメンターや、チヌが触りだして喰い込み始めるまでにどんどん掛け合わせていくようなアングラーにも好適。
  • エビ・極先調子

    潮流×水深

      浅い 深い
    ゆるい
    ふつう
    はやい

    場所

    生きエビを使った釣りを行う場所。潮の速い所でも流し釣りなら対応可。

    特性

    • ・秋に盛んな生きエビの釣りに向いた高感度な穂先。
    • ・ダンゴから抜けた瞬間のエビがピンと跳ねる動きや、ステイしている状態、さらにチヌやエサ取りが寄ってきてエビがピンと跳ねて逃げるような動きも表現する。

長さの選択長さの選択

短め・・・短めはオールマイティに使える

オールマイティーに使えるのが短めのロッド。
手持ちで積極的に攻めていくようなときに最適です。
エビ調子のロッドは150cm程度までの長さに設定されています。
エビを使うときは、穂先から出るラインをつかんでダンゴからサシエを抜くこともあるためです。

長め・・・ストラクチャー周りやラインを出すときは長め

最近はカキチヌ、養殖コワリなど、ストラクチャーが多いポイントで釣りをすることが増えてきたので、少しでも長い方が有利になることも多いのです。
また、宙切りや多くラインを出すときなども、長い方がストロークが大きいので扱いやすくなりますね。

長短の使い分けも必要。しっくりなじむ長さを選ぼう。

一本ですべての場面を釣りこなすことはなかなか難しいので臨機応変に使い分けるのが良策です。
長めはストラクチャー用、短めはオールマイティー用など、そんな選び方をするといいでしょう。
長さも好みの部分が大きいので、自分が使ってしっくりくる、扱いやすいものをセレクトしましょう。

長短の使い分けも必要。しっくりなじむ長さを選ぼう。

シマノインストラクター 山本太郎
シマノインストラクター
山本太郎

1957年生まれ。三重県在住。
イカダ・カセ釣り、ウキダンゴ釣り(紀州釣り)、落とし込み釣り、フカセ釣りなど多彩なチヌ釣りをオールラウンドにこなすエキスパート。
TVや雑誌への出演も多く、BS釣りビジョンでは「チヌ道一直線」に出演中。

PAGE TOP