夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

REPORT ブログ・レポート

田中 修司 × 鱗海 SPECIAL「いよいよ実釣編」

いよいよ実釣編

いよいよ実釣編

まず、私のホームである佐伯市大入島の一文字波止で鱗海スペシャル0号の性能を確認してみます。ここは60センチクラスも年に2~3枚上がっている最高の釣り場で、水深も10~12メートルあり、底は砂地、小石となっています。また、エサを補食しエサとなるコイワシも多く大型クロダイの居着く最高の釣り場です。
ドキドキしながらいつもの仕掛けを組みます

今回は下記のタックルで臨みます。

(ロッド)鱗海スペシャル 0号-530

(リール)NEW BB-X テクニウム C3000DXG SUTブレーキタイプ

(道糸)鱗海 SPECIAL HYPERREPELα NYLON 1.5号

(ハリス)ファイアブラッド コンペエディション EXフロロ 1.2号 3ヒロ

(ウキ)鱗海 ZEROPIT 遠投SP 00(マイナス)に調整 17g

(針)グレ6号

柔らかいのに正確にポイントに振り込める!

ポイントは約10~20m先。まずはコマセを一点に集中させ仕掛けを投入。この時に一番大事なことは、仕掛けを確実にポイントに入れられるかどうかです。ここで、ネジレに強いスパイラルXの性能が発揮され、ブレなくポイントに確実に入れることができるのを確認しました。ウキの重さが16~18gとなるとロッド自体もかなり曲がるため、投入の際ロッドがブレてポイントにうまく入らない事が多くなりがちです。そうなると何度もやり直す事になるので、釣りの効率が圧倒的に悪くなります。この竿を使うメリットがまず一つ確認できました。

「Xガイド」にすると何が変わるのか?

仕掛けが馴染み少しずつラインを出す時、新しいシマノオリジナルガイドの「Xガイド」が搭載された穂先には、潮・仕掛けの抵抗とサシエを食べる魚の反応が今まで以上に出て、驚かされました。今までラインを送る時に出なかったような小さな変化を今回の穂先はキャッチできます。これだけ海中の様子が穂先に出てくれれば、海中のデータ収集が速くなり、攻めの釣りが展開できるようになります。私はXガイドのトラブルレス性能よりもこの海中の変化を表現する力が本当に釣りに役に立つ能力だと考えています。

軽い穂先だけが実現できる「海中のデータ収集」

数投後かなりのデータが入手できたので、1つのポイントにサシエを置くイメージでアタリをとりに行きました。そうすると、ラインがフッと動き、以前には穂先に出なかったアタリが出たことにシビレました。ラインと同時に穂先が動き、魚が喰っている様子が出ます。当たりが小さくとも1番~2番までの柔軟さが素晴らしいので、魚の動きと同じ動きで曲がって行きます。そして合わせを入れると一気に胴まで曲がり、クロダイと解る重さがロッドに乗ってきます。産卵を控えたクロダイならではの重い引きがロッドに伝わる中、ロッドをバット部まで曲げ込んでのやり取りをするが、スクリュータイプのリールシート「パームフィットシートCI4+」なのでリールのガタツキは無く安心してやりとりできます。ロッドも手元がブレないためクロダイの引きを完全に吸収しています。

柔らかい竿の調子がサポートしてくれること

強い引きにも細ライン、ハリスをカバーする竿の柔軟性があるため、余裕をもってやり取りを行えます。急激な走りにはロッドの角度、体制を立て直すためにSUTブレーキの性能が発揮されることになります。スムーズなライン送りと柔らかい調子は、クロダイを暴れさせることが無いため、魚との距離も遠くならず優位なやりとりが可能になるのです。この竿の柔らかい調子が、釣り人にも魚にも優しい取り込みを実現するのでしょう。釣り上げたクロダイ56センチ!本当に楽しい釣行となりました。

PAGE TOP