夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

田中修司が語る NEWベイシスの進化

田中修司が語る NEWベイシスの進化

磯ロッド選びで迷ったらベイシス。総合的な性能、バランスがとても良い。

NEWベイシスを使ってみてまずびっくりしたのはXガイドを搭載した穂先。タフテックと相まって細かいアタリの表現力が向上しています。

そしてスパイラルXパラボラチューンRのブランクスは力の伝達が非常に滑らかで、振り込み時、曲げ込んだ状態、メンディングなど、まるでのべ竿を操っているかの如く操作ができたことにも驚いています。特に魚を掛けてから手元へ負荷が来るまでが滑らか。途中の突っ張り感がなく、魚に対してソフトに追随していきます。

曲がりの途中に突っ張り感がある場合は、魚が竿をたたき易くなりますが、それが低減されています。またスクリューシートによる安定感に加え、重心バランスを手元に持って来たことで持ち重り感も少なくなっています。リールを装着した状態が考慮されているので、実際にリールを装着した状態で手に取っていただければ操作性が向上していることがわかります。号数の大きいロッドを振っていても疲れが少なくて済むはずです。私は前作のベイシスも大変気に入っていましたが、飛躍的な使いごこちのアップを感じました。NEWベイシスはど真ん中のロッドだけあって対応力も広く、ラインナップも充実しています。きっと皆さんのフィールドや対象魚に合った1本が見つかるはず。迷ったときはコレ! おすすめしますよ。

PAGE TOP