夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

田中修司×NEW BASIS 熱釣インプレッション

シマノ磯上物ロッドの基本調子が進化
スムーズな曲がりで取り込み率がアップ

パラボラチューンRが節々のつっぱり感を解消

パラボラチューンRが節々のつっぱり感を解消

NEW BASISは、シマノの磯上物ロッドの中心的な位置づけとなる基本調子を進化させたロッドです。前作のBASIS ISOと比較すると分かりやすいのですが、大きな進化の1つはパラボラチューンRを搭載したことによるスムーズな曲がりでしょう。シャキッとした調子を残しつつ、パラボラチューンRを搭載したことで、節々のつっぱり感が解消され、魚の引きにソフトに追従していきます。魚が怒りにくく、細糸をカバーしながらやり取りできて取り込み率が確実にアップします。

穂先がお辞儀すると細かな情報が消される

穂先がお辞儀すると細かな情報が消される

穂先に軽く小さなXガイドが搭載されたことも大きな特長です。もともと前作のBASIS ISOには、タフテックαというしなやかで繊細なソリッド穂先が採用され、チタンフレームSiC IMガイドが装着されていました。IMガイドもかなり軽い優れたガイドですが、タフテックαと組み合わせると、ややお辞儀するような感じになり、細かな情報が消されていました。

Xガイドがタフテックαの鋭敏さを活かす

Xガイドがタフテックαの鋭敏さを活かす

しかし今回、タフテックαに軽量化を極めたXガイドを組み合わせることで、ソリッド穂先本来の鋭敏な調子がそのまま活かされ、仕掛けが潮になじんだ重みや、小さなアタリなど、海中の情報が鮮明に分かるようになりました。穂先でアタリを取ることが多い私にとって、これは何よりの強みです。もちろん、ロッドとの段差を排除した滑らかなガイド形状により、穂先への糸絡みが激減したこともうれしいことです。

スクリュー式リールシートでガチンコ勝負

スクリュー式リールシートでガチンコ勝負

リールシートは、1~1.7号にパームフィットシートCI4+、2号にSDDS(シマノダイナデザインシート)が搭載されています。どちらもリールをがっちり固定できるスクリュー式。大物を掛けて、ロッドを力いっぱい握り込んでやり取りしても、リールに少しのブレも生じません。更に前作のBASIS ISOよりも重心を手元に近付けた設計により、持ち重り感も軽減されています。リールを付けて実際に持ってもらえば、それはすぐに理解していただけると思います。シックなカラーリングながらロゴ周りに上品な縦縞模様をあしらったデザインで高級感もあります。

ハリス1.5号を守りながら尾長グレ46.5cm

ハリス1.5号を守りながら尾長グレ46.5cm

6月のプロモーション撮影では、長崎県平戸沖の磯で1号530を使い、尾長グレ46.5cmを仕留めることができました。ハリス1.5号でハリをのみ込まれていましたが、無事に取り込めたのは、パラボラチューンRによって尾長の引きが吸収され、細糸を守りながらやり取りができたお陰でしょう。仮にトーナメントであれば、これが逆転の1尾になる可能性も大いにありますよね。細いラインを使うことが多いトーナメントでは、NEW BASISが心強い味方になってくれるに違いありません。

PAGE TOP