夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

只松雄司 九州グレ釣り街道をゆく5

長崎県五島市男女群島「佐藤瀬」

冒険心をくすぐるロッドを手に男女群島の尾長グレに挑戦!西磯編

只松さんは過去5回男女群島に釣行したすべてが東磯だった。しかも途中でシケて回収されたり強風や雨で過酷な釣りを強いられたりと男女群島はタフコンディションの中での釣りという印象が拭えなかったという。
だが今回は幸運なことに北東?南東の風が1m前後のベタ凪で、しかも新月の大潮の初日。何かが只松さんを招き入れているかのような絶好のコンディションが整った。

日乃出丸は男女群島のシンボル、帆立岩を横目に進行。幸運にも空いていた佐藤瀬へ着けてくれた。ここは底物も上物もデカバンの実績が高い。
初の西磯で只松さんはどんな釣りを見せてくれるのだろうか?

佐藤瀬西磯の名礁佐藤瀬。眼前には男女群島のシンボル帆立岩がそびえ立っている。

まずは様子を見る為にマキエをせずに仕掛けを入れてみる。すぐに口太グレが喰ってきた。タナは2ヒロ。予感が的中した。

抜き上げ東磯同様口太グレが入れ喰い状態になった。

口太「口太グレの層が厚いんだろうね。その下にいる尾長グレまでツケエが届かないよ」

次にマキエを足元とサラシの縁に効かせて仕掛けを潮上へと投入する。エサトリをかわす遠近分離のマキエワークだ。
サラシの先端をウキが流れていくとピンとライン引きのアタリがあり、即アワセを入れた。すると今までと違う強烈なパワーが瀬の足元奥深くへ潜り込もうとする。胴元から先端までが海面に突き刺さろうかというほどの曲線に確信。
「よしっ、尾長グレだ。これはいい型じゃないかな」
腰を折り応戦。レマーレⅣの反発力は曲がれば曲がる程強まるのだ。スパイラルX構造のロッドだからこそ、釣り人が不利な体勢に立たされ、ラインを出せない状況のときでも落ち着いて曲げていられる。
曲げられたのではない、むしろパワーを吸収して溜めている。

尾長のアタリやはり尾長グレとのファイトは格別だ。スパイラルXはどんなネジレにも負けないパワーがある。

じっと耐えているとパワー勝負に尾長グレが観念して浮いてきた。
スルスルと6mのベイシスのタモの柄が伸び見事キャッチ。
「離島の尾長の尾ビレは凄く大きいなぁ。これはよく引くはずだよ」
只松さんは本命の尾長グレの顔が見られて一安心のようだ。

尾長1尾目「やはり離島の尾長だね。尾ビレがデカいよね。よく引くはずだ」

だが目標は50㎝オーバーの尾長グレに照準を合わせている。 マキエが効き始めると東磯と同様表層に口太グレが喰い上がるようになってきた。2ヒロまでにエサがなくなってしまう。
「こうなると口太グレはエサトリだな」
事実、この日1人で釣り上げた口太グレは50㎏を超えた。

佐藤瀬の正面のサラシはどうやら口太グレが占拠してしまったようだ。
瀬の横から際を眺めると尾長グレらしき影が見える。
そこでロッドをズームアップさせ5.20mへと伸ばした。
「際釣りはオーバーハングに持ち込まれるのは分かっているからね」
事前に策を講じ、アタれば長尺ロッドのパワーで瀬から引き離すつもりだ。

ズーム520瀬際狙いのときはズーム機能を活用。できるだけ長くして勝負を有利にすすめたい。

際スレスレに漂うウキ。ユラユラと付かず離れずでウキは浮いていたが、マキエを少しずつ入れていくとウキがジワーっと沈んでいった。
ガツンとアワセを入れるとパワーで竿が再び突っ込んでいく。
「こんな際にもやっぱり尾長グレがいたね」
竿はすでに長尺にしてあり、エンドグリップに手を添え魚の力を外へと誘導させる。48㎝クラスの尾長グレなら十分余力を持って浮かせられる。

瀬際こんな体勢でもエンドグリップを押さえておくだけで竿の反発力で魚を浮かせてくれる。

3尾連続で尾長グレの引きを愉しんだが次のアタリはサンノジだった。
この魚が釣れると潮が悪くなった証拠だという。
グレには仕掛けが見抜かれてしまいアタリが遠のいた。

サンノジこれが尾長グレならとため息のサンノジ。だが強烈なファイトは十分愉しめた。

目標の50㎝にあと2㎝足りない。
音を立てて水道を流れていた潮流も上げ潮が止まり、次第に緩んできた。
水分補給をしながら「あれが帆立岩。帆立岩は、下げ潮が本命潮。釣り方は、1号のオモリを使って本流の中に入れていく釣りだと聞いたことがあるんだよね。よし、この手でいこう」

帆立岩帆立岩を見ていると尾長グレを釣るヒントが閃いた。

下げ潮の動くタイミングで勝負を賭ける。残す時間はあと1時間を切った。
只松さんは喰い上がってくる口太グレをエサトリと見なし、表層を一気に突破する仕掛けを思いついた。再び瀬の正面へと戻り仕掛けを組み直す。
0.8号負荷のウキの半遊動仕掛けでオモリも0.8号。G2のガン玉をプラスしてウキの浮力を相殺する仕掛けを完成させタナは約竿1本半(8m)。口太グレが2ヒロなら尾長グレは4?5ヒロでエサを待っているに違いないと読んだのだ。
下げ潮がジワジワと流れはじめた。水道に向かって仕掛けを遠投する。仕掛けがタナまで到達し中層の潮を捉えた。ラインを張り気味にしてオープンベイルでじっくりラインを送り込む。
ゆっくりと佐藤瀬のハナレ方向へと流れた辺りで押さえていたラインが指をはねのけ一気に弾け飛んだ。

下げ潮ヒット遠投して仕掛けを一気に沈めた。すると読み通り、一投目から尾長グレが喰ってきた。

「0.8号で正解だったね」
左に倒した竿は、水道からどの方向へ潜られようと対応可能。強気でラインを巻き取りロッドパワーで走りを止める。魚の顔をこちらに向ければ勝てる。足元の深みへ渾身の力で逃げ込もうとするがロクマル以上の尾長グレを想定したレマーレⅣの前に勝負はあった。

尾長50㎝レマーレⅣの威力は十分実証できたでしょう」

「これから本格的な巨大尾長のシーズンに突入します。50㎝の尾長グレに対してもこれだけの余裕があるロッドなら、まだまださらに大きな尾長グレを狙ってまた男女群島に挑戦したいですね」

ミッション達成夢の男女群島釣行。目標としていた50㎝の尾長グレを釣り上げミッション達成。
次は帆立岩でロクマルを狙いたい。

PAGE TOP