夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

只松雄司 九州グレ釣り街道をゆく2

長崎県下五島「大小瀬の地」場所を選ばないズームロッドの魅力~その②~

喰い渋りと深ダナの攻略には感度の良いガイドが必須アイテム

マキエを撒くがエサトリの姿がまばらで、グレが浮き上がってくる気配がない。
ウキゴムの下にG6のガン玉とチモト10㎝のところにG7のガン玉をつける。ポイントの25m沖は、水深が深く底は根が荒い底物の好ポイントでもある。 仕掛けを投入して、余分なラインを巻き取る。
すぐにラインが風に取られてしまうので、潮上へと置きなおす。

竿先を下げ、道糸がほぼ海に入っている状態でラインを張り気味にしておく。
アタリが出るのは竿一本以上のタナまで仕掛けが入ったときだけだ。

「竿先を通じてラインの動きが分かるので、ウキでもラインでもなく穂先の感覚でアタリを取れるようになりますよ。シビアなときはラインのアタリを待っていては手遅れとなることが多いですから」
確かに、深ダナでは居喰いされるとアタリが出る前に喰い逃げされる。
風が強い日はなおさらのことアタリが分かりにくい。

そんなとき穂先に出たわずかなアタリを掛け合わせるためには軽く高感度なXガイドが頼りになる。
じっくりと沈めていくとグレがエサを捕喰しているのが竿先のラインと穂先に伝わってくる。すこし穂先で聞いてやるとドンとのってきた。

ラインとXガイド
ラインでアタリが分かりづらいときもXガイドにわずかなアタリが伝わる。

高場からの釣りではさらにズームロッドが活躍する

午後から風向きが変わり、潮が足元を洗いはじめた。
少しでも釣りやすいワンド側に移動する只松さん。

「ここも遠投ポイントだから30m先を狙います」

高場からだとよくわかるのが長い竿のメリット。ラインの操作は更にやりやすくなる。マキエを遠投して仕掛けをじっくりなじませると、ここでもデカグレの強烈なアタリ。
問題は掛けた後の沈み瀬。

グレが沖へ出るのではなく足元へ突っ込んでくるので、高速で巻き、魚にテンションをかけ続ける。バットパワーは申し分無く、瀬際でのやり取りにも余裕が生まれる。寝かせて、グーっと引き寄せると怒らせずに浮いてくるのだ。細ハリスでも根ズレ以外では切れる気がしない。

「1本で5.0と5.5mの2役の活躍が期待できます。この竿を使い慣れたら手放せなくなりますよ」

突っ込み
タモ入れ間際の反転攻勢もズームロッドで難なくかわせた。

沈み
瀬の先端には大きな沈みがある。掛けた後のやり取りがスリリング。

竿曲がり
沈みに入られる前に強引に浮かせに行く。

タモ
「この竿は使う場所を選ばないですね。やり取りの途中からも長さを変えられるのが強みです」

只松雄司さんのタックル

PAGE TOP