夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

只松雄司 九州グレ釣り街道をゆく2

長崎県下五島「大小瀬の地」場所を選ばないズームロッドの魅力~その①~

「彼を知り己を知れば百選危うからず」

今回上がったのは大小瀬の地。北西の風が強く、上がれる瀬は限られていた。釣り座は平坦だが瀬の先端足元には大きな沈み瀬が横たわっている。
そのため「風と沈み」を意識した仕掛けを組む。

表層を駆け抜ける風にウキやラインが取られないよう、まずファイアブラッド ゼロピット DVC TYPE-A Mの00号を選択し、ウキは沈め加減で風の影響を排除。ファイアブラッド ハイパーリペルα ナイロン ZEROサスペンドの1.7号で表層下へラインを逃がす。ハリスはファイアブラッド EX FLUORO HARD-TIDEの1.7号を6mと長めにとり、ハリスにウキを通した。
これで風の影響を受けることなくツケエサをタナに入れていける。

「いつでもラインはフロートタイプとサスペンドタイプを用意しておくと安心ですよ。どんな瀬に上がっても心に余裕をもって対応できるし、一日のなかでも風が強かったり、弱かったりと変化があるからね。そのときの最適な仕掛けでベストを尽くしたいですね」

只松さんの磯バッグの中にはタイプの違うラインの替えスプールが常備されている。

ゼロピット
ウキは手元で浮力調整ができるゼロピットDVC。00号で速めに沈めていく。

ズームロッドのメリットは多い

タックルはBB-X スペシャル MZIIの1.2号とBB-X テクニウム2500DXG S LEFTのコンビ。

竿は、5.0mからズーム機能で5.5mまでスムーズな伸縮が可能。
沈みが足元にあるので少しでも長い方が有利だ。

「ハリスを長めにとることで風が強くても仕掛けを潮になじませることができます。さらに5.5mで使うとロングハリスと相性がいいですね」

長いハリスを使うときは長尺の竿の方がよいが、持ち重りが気になるという人もいる。
だがこの竿、なんと細身ボディで軽量220gなのだ。
「もし気になる人がいるとすれば、キャストした後に縮めておいて、やり取りの中で伸ばすということもできますよ」とのこと。

サスペンドライン
「風が強いときは迷わずサスペンドラインがおすすめです」
替えスプールにはフロートタイプとサスペンドタイプを巻いている。

朝の狙いは尾長グレ

まずはワンドから払い出される潮と下げの潮がぶつかるポイントを狙う。ちょうど瀬の先端から伸びているサラシの周辺をウキが横切っていく。徐々にウキがシモっていき、そこからは道糸の動きを注視する。偏光グラス越しにイエローグリーンがくっきり見える。くねっていたラインがスーッと伸びる。

「いきなり、きたね。この引きは尾長」
5.5m頭上からしなるロッドは胴でしっかり魚を捉えている。当然足元の沈みに入られないよう、ロッドを倒して応戦。急激な突っ込みには腰を低くしていなす。
「竿が長いから尾長の突っ込みを楽に交わせるんだよね」
楽しそうにロッドを自在に操り、魚のパワーは胴で捉える。
胴部分を伸ばすことで力の吸収がアップし釣り人に有利に働くのだ。

「夜、際に潜んでいた尾長だろうね」
丸々と体高のある尾長がタモに入った。

竿曲がり
夜明けとともにデカ尾長がヒット。ライン引きのアタリは明確で強烈だ。

尾長
仕掛けが風をよけ、狙い通りに潮に入った途端アタった。

尾長
尾長は夜から朝まづめにかけて良型が出やすい。
「朝の一発に心の準備をしておくと不意に強烈なアタリがあっても焦ることはないですよ」

只松雄司さんのタックル

PAGE TOP