夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

インストラクターイチオシ!
SUTブレーキで新時代の磯釣りを攻略しよう

プロアングラー達が注目する「SUTブレーキ」は、シマノの最先端テクノロジーで開発された画期的なLB(レバーブレーキ)システムだ。
魚が手強くなるほどに真価を発揮するパフォーマンスを備えており、これまでの磯釣りの“必勝パターン”を大きく変える可能性を秘めているといわれている。
そこで今回は、「SUTブレーキ」搭載リールを採用するメリットと、経験豊富なインストラクターが一目置いているポイントを紹介しよう。

SUTブレーキとは

「SUTブレーキ」とは、ローターの回転だけでスムーズにラインを放出できる、最新鋭のLBシステムのこと。「SUT」は、『Smooth UnTurned handle』の略称で、シマノの最先端テクノロジーによって誕生した革新的なシステムを指す。
このシステムの完成によって、従来のLBリールの課題となっていた、ローターが逆回転する際のハンドル回転が原因の、ロッドのブレや振動を排除することに成功。
ライン放出時にハンドルが逆回転せず、魚が突っ込んでいる状態からでも瞬時に体勢を立て直せる、革新的なリールが誕生した。

SUTブレーキ搭載リールを採用するメリット3つ

ここからは、磯釣りの戦略の幅を広げる「SUTブレーキ」が実釣に及ぼすメリットを詳しく見ていこう。

メリット1:ハンドルのぶれが手に伝わりにくい
まず1つめのメリットは、「リール逆転時に起こる振動が手にほとんど伝わらない」ことだ。
SUTブレーキは、ローター逆転時、ハンドルが回転しないため、ハンドルによる振動を感じずにやり取りできる。
加えて、ドラグ操作と相性が良く、搭載モデルはいずれも指をケガしにくい設計のため、快適な磯釣りを愉しめるだろう。

メリット2:魚の取り込みが楽チンに
2つめは、「魚に与える違和感が少なく、取り込みが容易になる」こと。
SUTブレーキを使うと、逆転抵抗の激減によってラインに振動が伝わらず、ハリが掛かった魚は違和感を覚えにくい。
それによって魚に余分な負荷がかからず突っ込みも少なくなるため、必要以上に暴れる前に取り込みやすい。

メリット3:スムーズに態勢を立て直せる
そして3つめのメリットは、「軽い負荷で瞬時にロッドを立て直せる」こと。SUTブレーキは、手にかかる負荷を軽減することで素早いライン送りを実現している。そのため“魚が突っ込んでいる状態からレバーを緩めてロッドを起こし、体勢を立て直す。”という一連の動作を、これまでよりもスピーディーにこなすことが可能だ。

このように「SUTブレーキ」は、魚とのやり取りをさらに白熱させる革新的なLBシステムだといえる。シマノが自信を持ってオススメする最新鋭のシステムをタックルに採用して、磯釣りをさらに充実させよう。

SUTブレーキ搭載リール

BB-X テクニウム

金属加工技術の粋、HAGANEコンセプトと要所に強力な撥水処理を施すことで回転の初期性能が持続するコアプロテクトを搭載。剛性と質感を兼ね備えたネジ込み式サイドホールドハンドルなど高水準の金属パーツを結集。流麗なスプールデザインにゴールドIP&アルマイト処理を散りばめ、ハイエンドモデルならではの完成度に仕上げました。

詳細はこちら

BB-X ハイパーフォース

新たに非接触式で軽い回転を維持したまま高い防水性能を実現した先進のXプロテクトを採用。ラインローラー部は撥水とラビリンス構造の効果により非接触でも水圧に耐え、塩ガミへの耐久性が大幅に向上しました。力強い巻上げとボディ剛性を実現するHAGANEギア&ボディ、ダイナミックなデザインの新形状ブレーキレバー、強くて軽いチタンワンピースベール、巻き始めやローター逆転時の素早いレスポンスに貢献するマグナムライトローターなど、磯で「釣る」ための機能を凝縮。

詳細はこちら

ベテランインストラクターが“おすすめ”する訳

高橋哲也
『掛けた魚は潜る、ラインは磯に擦れて傷付く。』これらは磯釣りでは避けて通れない現実です。
その難関に遭遇したとき、ラインをスッと送り出せ、テンションを自由にコントロールできるSUTブレーキを駆使すれば、余裕を持ってやり取りを進められます。
例えば、ロッドがのされそうになった場合、テンションを完全に抜いて速やかにラインを送り出せば、必要最低限の逆転で危険地帯から魚を引き出せる確率がアップするでしょう。

田中修司
魚が急激に走った場合や、ロッドの角度や体勢を立て直す際に、SUTブレーキは真価を発揮します。スムーズなライン送りで、魚を暴れさせることが無いため、魚との距離も遠くならず優位なやり取りが可能になるのです。
余裕を持ってファイトを行えるため、アングラーにも魚にも優しい取り込みが実現できると考えています。

平和卓也
SUTブレーキの登場によって、磯釣りにおけるやり取りは画期的な変化を遂げました。中でも大きなメリットは、従来のLBリールでは難しかった「掛けた魚に突っ込まれたとき、ローターの素早い逆転によって、一瞬にして体勢を立て直せるようになった」こと。
また、ハンドルをほんの少しだけ回すだけでラインが巻き取れるので、ほんの少しラインを出したいときも、仕掛けの長さを微調整できるのもうれしいですね。

友松信彦
SUTブレーキはレスポンスよくラインが出せるので、魚が100%の力を発揮する前に有利な位置までロッドを起こしやすいですね。
一度有利な状況を作り出せれば、極度なラインの引っ張り合いは減り、根にハリスが擦れても切れにくくなります。そのため、以前よりもライン切れを恐れずにやり取りできるようになりました。
SUTブレーキが誕生する以前と以降では、磯釣りの快適さが180度変わったといってもよいでしょう。

森井陽
SUTブレーキは、ローターのスムーズな逆転によって「スッとロッドを立て直せる」ことが最大の強みですね。魚に先手を取られ、不利な体勢になったときは瞬時にラインを出して体勢を立て直せるので、慎重な釣りが必要な場面でも取り込み率のアップが期待できます。魚とのやり取りで「ロッドの角度」を一番大切にしている私のようなアングラーにとって、戦略の幅が広がる画期的なシステムだといえるでしょう。

只松雄司
初めてSUTブレーキを搭載したリールを使用したとき、逆転フリー時のハンドルから伝わるブレが皆無となったことに大変驚きました。
振動がほとんどないので魚が暴れにくく、取り込みまでの時間が今までよりも明らか短縮できるため、魚をバラしやすい不利な条件時のアプローチが変わっていくのを実感できます。
使いこんでいくほど、SUTブレーキタイプ以外のリールを使うと違和感を覚えるくらいになっています。

大知昭
チヌ狙いにもおすすめのSUTブレーキは、魚に与える抵抗がゼロに近いため、魚を怒らせないままある程度動きを制限できるという大きなメリットがあります。
SUTブレーキを的確に使うことができれば、常にロッドを理想の角度にキープしながらやり取りができるのです。
例えばロットを立てる前に走られたとき、SUTブレーキで魚の動きを最小限にとどめれば、ロッドが立てられるポジションに移動して、有利なやり取りに持ち込めるでしょう。

百合野崇
どんな状況下でも柔軟に対応できるので、私が一番信頼できるタックルを用意するときは、SUTブレーキ搭載のリールを選んでいます。
実釣りではリール逆転時の振動が少なく、魚が暴れにくく優しくやり取りできるので、ロープや瀬にラインが触れてのバラしもかなり軽減されたと実感できると思います。
また、スムーズにライン送りができるので、短期戦に持ち込みたいときにも重宝しますよ。

PAGE TOP