磯・防波堤・イカダ・カセ関連 2019-2020年NEWラインナップ磯・防波堤・イカダ・カセ関連 2019-2020年NEWラインナップ

更新情報

2019.11.18NEW
コラム「だからこれを使う。 インストラクターが語る、「ファイアブラッド グレ」の魅力とは?」を公開しました。
2019.11.18NEW
コラム「ファイアブラッドの各アイテムを、熱き釣り師たちが斬る!」を公開しました。
2019.11.01
2019-2020 磯 新製品スペシャルコンテンツ特設サイトを公開しました。
2019.10.31
コラム「潮をとらえて釣果を上げる釣法を伝授! 田中修司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレに挑む」を公開しました。
2019.10.28
コラム「グレが喰いつく!潮の“穴”の見つけ方 田中修司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレに喰わせる」を公開しました。
2019.10.24
コラム「ヒットパターンを見つけて良型口太を攻略!田中修司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレを取り込む」を公開しました。
2019.10.21
コラム「秋磯開幕直前に名磯ツバクロへ!田中修司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレと決戦」を公開しました。
2019.09.27
コラム「極小のアタリでさえ逃さない!只松雄司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレを追い求む」を公開しました。
2019.09.20
コラム「熱き磯釣り師に捧げる最高の相棒がお目見え! 只松雄司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレを狙う」を公開しました。
2019.09.18
動画「2019 磯プロモーション 五島編」が公開されました。
2019.09.18
動画「2019 磯プロモーション 高知編」が公開されました。
2019.09.18
動画「2019 磯プロモーション 沖縄編」が公開されました。
アプリなら、更新情報をいち早くお知らせ

FIRE BLOOD GURE

熱き闘志の紋章“ファイアブラッド”。14年の熟成を経て、いま新たな扉を開く。熱き闘志の紋章“ファイアブラッド”。14年の熟成を経て、いま新たな扉を開く。

14年前、わずか1アイテムから始まった
ファイアブラッド・ロッドストーリー。
当初からの妥協なき物づくりで、
熱き釣り人の思いに応えるという
理念はいまも揺るがない。
そして2019年、新たな扉が開こうとしている。
最新コアブランクスによるロッド8アイテムの跳躍。
今度の進化は凄まじい。

刻み続けてきたのは炎の血脈。

自身のスタイルを極める。
全8アイテムに最新テクノロジーを搭載

16年から3年の沈黙を経て、新たに歩み始めたファイアブラッド・ロッド。「コアブランクス」をはじめ、「タフテック∞」・「Xシート」など、この3年間シマノが磨き込んだテクノロジーを、ファイアブラッド グレの8アイテム全てに余すことなく搭載しました。選ぶべきポイントは、数を愉しむ・型を狙うなど自身のスタイルだけ。熱き闘いにふさわしい、最強のパートナーをぜひ手にしてください。

獲るための、三位一体。

SPIRAL CORE PARABOLA TUNE X GUIDE
  • SPIRAL CORE
  • PARABOLA TUNE
  • X GUIDE

CORE BLANKS コアブランクス

3つのテクノロジーをクリックすると、
それぞれの技術の詳細をご覧いただけます。

すべてはグレを獲るために。実釣を見据えた設計コンセプトのもと完成した「コアブランクス」。より高度強化を果たした「スパイラルXコア」、粘りを実現する「バラボラチューンR+」、操作性と感度を高める「Xガイド」からなるテクノロジーです。3つの要素が三位一体になることで、圧倒的な性能を実現したシマノ磯ロッドの到達点といえます。

LINE UP

1-530 CLEVERHUNT

新登場

号数以上のパワーと強度を両立したシリーズ随一のライトウェイトモデル。小ウキの遠投性能も高く、良型を掛けた時には#4へスムーズに
曲がり込み、やり取りが快適に。手に取った感触よりも魚を浮かせる性能を備えています。

1_2-510 Quarter Master

前作との比較

潮流の状況を感知し、魚の喰い込みに対しての違和感を軽減するため、#1と#2をさらにしなやかに、そして軽量化を図り、より繊細な穂先へと進化しました。全体の調子はやや張りを持たせて、操作性を向上。高弾性カーボンにより魚の浮きがスムーズです。

1_2-530 TENTACLE

前作との比較

感度を重視し、幅広い釣りに対応できるトーナメント志向の調子をさらに高めました。コアブランクスを採用したことで振り調子に磨きが掛かり、遠投性、コントロール性ともに向上。シャープな先調子により、気持ち良くメンディングが決まります。

1_3-500 DEXTRAL

前作との比較

#3/4と#4/5の継ぎ目のつながりを良くしたことで、さらなる不意の大物にも対応可能な調子へ。#5まで乗せればリアグリップまで曲がり込む粘り調子を実現しました。パラボラチューンR+の効果が最も顕著に出ているロッドです。

1_5-500 DERINGER

前作との比較

#3/4/5の継ぎ目が、あたかもワンピースであるかのように思わせる曲がりにチューニング。前作よりも曲がりを大きくすることで釣り人への負担を軽減。現行に比べて細身肉厚化させたことで、さらなるパワーアップを果たし、大物への対応力を向上させています。

1_5-530 DIVEMASTER

前作との比較

PEラインを使った釣りも視野に入れ、穂先の柔軟さをさらに際立たせ、#3にやや張りを持たせることで、操作性の良さと感度を両立。コアブランクスによって、全方向へ進化。激しい操作性に優れたロッドワークや魚の急激な反転にもブレることなく追随します。

1_6-530 HYDROSCOPE

前作との比較

操作性に優れた穂先と、掛けてからの粘り、そしてセーフティゾーンの広さ。前作で作り込んだ調子がコアブランクスを用いた細身肉厚化により、さらに高次元へ。粘りの効いた胴調子で掛けて、曲げて愉しめるロッドに仕上がっています。

1_7-530 SURVEYOR

前作との比較

ブランクスの高弾性化により、芯からしゃっきりと強いマッシブなロッドへと生まれ変わりました。それでも想定外の大物には粘りを発揮。沖縄の海でテストを重ね大物対応力は実証済み。本州、四国、九州では大型クチブトロッドとしての使用に適しています。

「品番ごとの特性表」はこちら

BB-X TECHNIUM FIRE BLOOD

炎の帰還、2019限定。

BB-Xテクニウムにファイアブラッド・エディションが
還ってきた。2007年以来、実に12年ぶりとなる待望の復活。
グラファイトシルバーのボディに象徴的な
深紅を射した男の道具。
ロッドとともに、熱き磯の釣り人達へ贈りたい。

魚に隙を与えない「SUTブレーキ」。
主導権を手放さずその場を支配する

「BB-Xテクニウム」には、ハンドル回転の遠心力によるブレを排除した、革新的な仕組みの「SUTブレーキ」を搭載。魚が突っ込んでいる状態からレバーを緩めてロッドを起こし、体制を立て直すという一連の動作を瞬時にこなすことが可能です。スピーディーな動きは魚に付け入る隙を与えず、その場を支配できます。情熱的な赤に染め上がったボディは、2019年の限定デザイン。ロッドとの鮮烈な調和をお愉しみください。

FIRE BLOOD

より激しく、より鮮やかに。

機能性・デザインに磨きをかけ
さらに鮮烈な個性を放つ

燃えたぎる炎を思わせるブラッドレッドは、タックルのみならず関連用品やウェアまでも染め上げます。タフで軽量なロッドケースや、さらなる使いやすさを求めたクールバッグ、磯で求められる機能を盛り込んだ最新ウェアなど、機能性・デザインともにブラッシュアップ。妥協なきアイテムでトータルコーディネートし、いざ磯で熱き闘志を燃やしましょう。

PAGE TOP