COLUMN

極翔 硬調 黒鯛

夢のロクマルを求めて!! 百合野崇、極翔硬調黒鯛を手に巨大チヌたちと真っ向勝負!

極翔 硬調 黒鯛×百合野崇

鹿児島県錦江湾に初めて挑んだ百合野さんは釣り開始早々57cmを筆頭に50cmオーバーのチヌを3尾連続で仕留めた。
巨チヌとの真っ向勝負は、海のなかにめぐらされた障害物をNEW極翔硬調黒鯛のパワーでかわす優勢なゲーム展開で折り返す。
満ちていた潮は止まり風が強くなるとアタリが遠のいてしまった。
だが、この静けさはロクマル出現の前触れかもしれない。油断は禁物だ。

●前回記事はこちら
四代目見参 百合野崇、巨チヌに真っ向勝負

夢のロクマルを追って

さらに竿を振り続けていると小ダイや40cm後半のチヌが交互に釣れ、なんと釣り開始2時間でチヌだけで2ケタ超えの釣果を叩き出した。
「これが錦江湾の特徴なんでしょうね。はじめにデカいチヌが喰ってきて、だんだんとサイズが小さくなっていく」
ただ、ロクマルの実績もあるエリアだけに油断はできない。ハリスをチェックすると瀬ズレのためかややザラついていた。ハリスを1.7号に結び替え、ツケエを練りエサにシフト。風に逆らって思い切り遠投する。仕掛けが着水する直前余分なラインが出ないようにサミングし穂先を海中に突っ込んでなじませる。
一連の所作は風が強まっても同じリズムで繰り返される。
「操作性が格段に向上した極翔硬調黒鯛は全体的に張りがあるので軽いPEラインでもコントロールできますし、ポイントに向けて振り切ったときに仕掛けの弾道がはっきりと分かります。チヌのツケエは柔らかいのでふんわりと投げるとツケエが外れないのですが、この竿は絶妙な胴調子なので思い切り振り切ったとしてもツケエが外れることはあまりないですよ」

鱗海 ZEROPIT 遠投SP。付属のパイプがあることでウキの交換が手軽にできるゼロピットのチヌ用ウキを使った。浮力は00号でウキを沈める得意の釣り方。鱗海 ZEROPIT 遠投SP。付属のパイプがあることでウキの交換が手軽にできるゼロピットのチヌ用ウキを使った。浮力は00号でウキを沈める得意の釣り方。

名手の投入フォーム

百合野さんの投入スタイルはタスキ投げだ。
左手でリールシートを握り、右手は左肘の下からグリップエンドに回し添え、右手の指先は竿尻の外側からハリスを押さえる。やや斜め後ろから竿を立て、振り切る際に竿の胴にウキの重量を感じた瞬間、右指で押さえていたハリスを放し、左腕を伸ばしながら前に出す。
このタスキ投げは背後に立木やせり出した岩がある磯では重宝するフォームだ。

百合野さんのキャスト法はタスキ投げ。後ろに立ち木などがある場合でもしっかり振り込むことができる。右の手は竿尻とハリスを同時に掴んでいる。百合野さんのキャスト法はタスキ投げ。後ろに立ち木などがある場合でもしっかり振り込むことができる。右の手は竿尻とハリスを同時に掴んでいる。

テイクバックは大きく振りかぶらず、ウキの重量感を竿の胴に乗せる。テイクバックは大きく振りかぶらず、ウキの重量感を竿の胴に乗せる。

スパイラルXコアによる竿の反発力は高いコントロール性と超遠投も可能にする。スパイラルXコアによる竿の反発力は高いコントロール性と超遠投も可能にする。

道糸にかけた左の指を放すときにハリスに張りを感じながら右手を放す。するとラインは放物線を描きながら飛び、ウキ、ハリス、ツケエの順に着水する。道糸にかけた左の指を放すときにハリスに張りを感じながら右手を放す。するとラインは放物線を描きながら飛び、ウキ、ハリス、ツケエの順に着水する。

それからウキが着水したのち仕掛けがなじむタイミングで後追いマキエを打ち、ツケエをマキエの煙幕で覆いながら沈下させていく。先に打っていたマキエは魚を寄せ、足止めする効果があり、仕掛けの沈下とともに同調するマキエは喰わせるためのマキエだ。強烈な濁りはチヌの警戒心を解くので、喰い込みがすこぶる良い。

釣り人と一体化するタックル

釣り座を構えた弁天島から北に位置する一辺島。島と島を結ぶ直線状に有望ポイントが点在する。釣り座を構えた弁天島から北に位置する一辺島。島と島を結ぶ直線状に有望ポイントが点在する。

この一連の動作は釣り人とタックルが一体化していないとスムーズには行えない。
百合野さんは右ハンドルリールなので竿を握るのは左手、マキエヒシャクは右手と使い分けている。PEラインは風に吹かれやすいため、仕掛けの着水寸前からコントロールしておくことで無駄にラインをフケさせない。特にウキを沈めてラインでアタリを取る釣り方では、できるだけラインを張っておかなければならない。特に風に取られる状況下では左手で竿を操作し、右手でラインの張りを維持しておく

左はロッド、右はマキエヒシャクにリールハンドル。両手で違う仕事を同時にこなしながら、アタリに備える。風や上潮の滑りに後れをとらないようラインから目が離せない。左はロッド、右はマキエヒシャクにリールハンドル。両手で違う仕事を同時にこなしながら、アタリに備える。風や上潮の滑りに後れをとらないようラインから目が離せない。

濡れた手でも滑りにくいグリップ力と操作性を発揮。バットエンド部は肘との密着性も高まるため、魚を掛けてからも安定感のあるやり取りが可能だ。濡れた手でも滑りにくいグリップ力と操作性を発揮。バットエンド部は肘との密着性も高まるため、魚を掛けてからも安定感のあるやり取りが可能だ。

このように仕掛け投入後からすぐにアタリに備えることが釣果を重ねる秘訣。いつでもアワセややり取りができるよう全身の神経を張り巡らせチヌに挑んでいるのだ。

アワセ切れを防止するためあらかじめドラグは緩めておく。だが、相手の出方次第ではやり取りの途中で調整も必要となる。アワセ切れを防止するためあらかじめドラグは緩めておく。だが、相手の出方次第ではやり取りの途中で調整も必要となる。

パワーゲームになっても負けない竿、それが極翔硬調黒鯛の使命。ワンランク上のガチンコ勝負には1号以上で挑むべし。パワーゲームになっても負けない竿、それが極翔硬調黒鯛の使命。ワンランク上のガチンコ勝負には1号以上で挑むべし。

干底の値千金

下げ潮に変わり瀬の先端へ移動すると桜島が見えた。強まる風に吹かれ山頂の噴煙が雲散霧消。少しアタリが遠のいたが、場所を変えると風が気にならなくなりまた釣れそうな気がしてきた。潮が引き岩肌が大きく露になった。マキエを打ち込み、落ち込みを狙う。
すると案の定、マキエに対して素直なチヌのラインを抑え込む前アタリ。穂先を持ち上げラインの動きを見ているとスーっと動き出した。
手前の沈み瀬に突っ込むチヌをやさしく誘導していくと大きな影が浮き上がってきた。
また、歳無しのチヌだ。

潮が引いたがチヌは居た。しかもまたもや50cm超級の巨チヌだ。極翔硬調黒鯛はパワーだけでなく竿の曲線も美しい。潮が引いたがチヌは居た。しかもまたもや50cm超級の巨チヌだ。極翔硬調黒鯛はパワーだけでなく竿の曲線も美しい。

新たな竿との出会いが、未知のターゲットとの遭遇を予感させる。真っ向勝負を挑む釣り人に極翔硬調黒鯛は最適な一本となるだろう。新たな竿との出会いが、未知のターゲットとの遭遇を予感させる。真っ向勝負を挑む釣り人に極翔硬調黒鯛は最適な一本となるだろう。

「ここはチヌの男女群島みたいだね」
一体、この海にはどれくらいの巨チヌが群れているのだろう。
チヌ釣りの名手がわずか半日で、錦江湾にのめり込んだ。
ロクマルを求めて再びこの海に挑むことを決意した百合野さん。未知のポイント攻略に極翔硬調黒鯛は欠かせない一本となった。

ロクマルになって戻ってきてほしい。釣った魚は元気なうちにリリースした。ロクマルになって戻ってきてほしい。釣った魚は元気なうちにリリースした。

百合野さんが叩き出した釣果は20尾中6尾が50cmオーバー。百合野さんが叩き出した釣果は20尾中6尾が50cmオーバー。