COLUMN

BB-XスペシャルSZIII

本格シーズン前のグレを快釣 大分県佐伯市深島「ツバクロ」【後編】

BB-X SPECIAL SZIII × 田中 修司

照り付ける太陽と、イスズミだらけの海。まだ水温が下がらない時期のグレ釣りは、釣り師の集中力が問われるタフなゲームだ。
●前回記事はこちら
本格シーズン前のグレを快釣 大分県佐伯市深島「ツバクロ」【前編】

ズームアップで口太攻略

満潮を迎えた午前8時。相変わらずエサトリの大群と、大型のイスズミがマキエに反応している。それなのにマキエを先打ちし、その先に投じた仕掛けを引き戻すパターンではツケエが一向に取られない。

前作のBB-X スペシャルより10cmの長尺化を図りながら、自重、モーメント共に低減するという高いハードルを超えたBB-XスペシャルSZIII。細身のブランクスとXガイドの搭載により操作性はさらに向上している。前作のBB-X スペシャルより10cmの長尺化を図りながら、自重、モーメント共に低減するという高いハードルを超えたBB-XスペシャルSZIII。細身のブランクスとXガイドの搭載により操作性はさらに向上している。

エラのふちが黒いように見える大きな魚。尾長の可能性も否定できない。エラのふちが黒いように見える大きな魚。尾長の可能性も否定できない。

ロッドを絞り込む魚が向かっているのはサンゴ礁。ロッドを絞り込む魚が向かっているのはサンゴ礁。

竿先が天をあおぐシーンは、ツバクロでは珍しくない。竿先が天をあおぐシーンは、ツバクロでは珍しくない。

浅ダナで喰ってくるイスズミ。口太にツケエを喰わせるためには、この厄介者をかわさなければならない。浅ダナで喰ってくるイスズミ。口太にツケエを喰わせるためには、この厄介者をかわさなければならない。

何とか活路を見出そうとする田中さんはウキを000のCORE ZERO-PIT DVC TYPE-Dにチェンジし、浮力を最大限までマイナスにして仕掛けを入れ込んでいったが、底潮がほとんど動いていないようだ。

ツケエが取られない状況でCORE ZERO-PIT DVC TYPE-Dの000で深ダナを探ってみることにした。ツケエが取られない状況でCORE ZERO-PIT DVC TYPE-Dの000で深ダナを探ってみることにした。

浮力を無段階で調節できるDVCは、最大のマイナス側に設定。浮力を無段階で調節できるDVCは、最大のマイナス側に設定。

いつ訪れるか分からないチャンスを逃すまいと、高い集中力を維持する田中さん。状況が一変したのは正午前で、潮位が下がって足場が高くなるのと同時に強い東風が吹き始めた。こんなときはロッドをズームアップすることで穂先を海面に近づければ、ラインメンディングを容易に行える。
「漁師は、こち(東風)が吹くとシケると言います。さっきまでは汗が噴き出すほど暑かったけど、少し涼しくなってきましたよね」。
ここが勝負どころと考えた田中さんは狙いを口太に絞ってハリスを1.7号、ハリをグレバリ6号に変更。0号のウキに対してG5のガン玉を打った。マキエワークはイスズミをかわすためのマキエを固めて先に打ち、本命用のマキエは散らして打つというパターンで、潮の流れを利用してツケエをイスズミの下に差し込んでいく作戦を展開する。

イスズミをかわすためのマキエはかたまりで投入。イスズミをかわすためのマキエはかたまりで投入。

本命用のマキエはウキの周りに散らすように打った。本命用のマキエはウキの周りに散らすように打った。

この方法が正解で、納竿までに40cm級までの口太を4尾キャッチ。結果的に口太に有効だったツケエはオキアミ生だった。
「風と潮が逆になるとアタリがボヤけてしまいますが、ウキを見てアタリを取りました。潮が良くなると2ヒロぐらいのタナで喰ってきますね」。

「ズームアップしても持ち重り感がありません」とBB-X スペシャル SZIIIを絶賛。状況に合わせてズームインとズームアップを使い分け、軽快な釣りを展開する。「ズームアップしても持ち重り感がありません」とBB-X スペシャル SZIIIを絶賛。状況に合わせてズームインとズームアップを使い分け、軽快な釣りを展開する。

BB-X スペシャル SZIIIは長いピース長とパラボラチューンR+が調和することで、細身・軽量のロッドとは思えない美しい曲がりを見せる。BB-X スペシャル SZIIIは長いピース長とパラボラチューンR+が調和することで、細身・軽量のロッドとは思えない美しい曲がりを見せる。

イスズミの下に仕掛けを差し込むイメージで35cmクラスをキャッチ。イスズミの下に仕掛けを差し込むイメージで35cmクラスをキャッチ。

潮位が下がればタモ入れの難易度が上がるが、スパイラルXコアを採用したLight & Stiff(軽くて硬い)ブランクスの恩恵でスムーズに魚を取り込むことができるBB-Xスペシャルタマノエ。潮位が下がればタモ入れの難易度が上がるが、スパイラルXコアを採用したLight & Stiff(軽くて硬い)ブランクスの恩恵でスムーズに魚を取り込むことができるBB-Xスペシャル タマノエ

BB-X スペシャル タマノエはBB-X スペシャル SZIIIと共通のデザインテイストを採用。550と650のラインアップ(写真は550)。BB-X スペシャル タマノエBB-X スペシャル SZIIIと共通のデザインテイストを採用。550と650のラインアップ(写真は550)。

固着することがないアンチロックジョイントを搭載。大物の引き上げも、垂直に近い角度の強く、素早い振り込みも安心して行える。固着することがないアンチロックジョイントを搭載。大物の引き上げも、垂直に近い角度の強く、素早い振り込みも安心して行える。

この日キャッチした最大の口太は40cm級。秋が深まってくれば、このサイズの数釣りを愉しめるはずだ。この日キャッチした最大の口太は40cm級。秋が深まってくれば、このサイズの数釣りを愉しめるはずだ。

本格的なグレ釣りシーズンを前にベールを脱いだBB-X スペシャル SZIII。持ち重りがなく、強いズームロッドという新たな武器を手にした田中さんの表情は自信に満ちていた。

ロッド:BB-X スペシャル SZIII 1-500/530 リール:BB-X テクニウムC3000DXG S RIGHTロッド:BB-X スペシャル SZIII 1-500/530
リール:BB-X テクニウム C3000DXG S RIGHT

細仕掛けと相性の良いしなやかで長い穂先が特徴のセンシティブモデル1-500/530(左)は、低活性の口太を繊細な仕掛けで違和感なく喰わせる一方で、粘りのブランクスで大型口太にも対応する。1.5-500/530(右)はノンズームロッド感覚の軽さと操作性を追したオールラウンドモデル。口太と尾長の両方を狙える幅広い対応力が持ち味。細仕掛けと相性の良いしなやかで長い穂先が特徴のセンシティブモデル1-500/530(左)は、低活性の口太を繊細な仕掛けで違和感なく喰わせる一方で、粘りのブランクスで大型口太にも対応する。
1.5-500/530(右)はノンズームロッド感覚の軽さと操作性を追したオールラウンドモデル。口太と尾長の両方を狙える幅広い対応力が持ち味。

独自の4本半仕舞が成し得た#1~#4の細身ロングピース設計に、磯ロッドのスタンダード長である500/530の30cmズーム機能を搭載したシマノ/BB-X スペシャル SZIII。ツバクロは良型の尾長を期待できる釣り場だが、田中さんは1-500/530をチョイスした。独自の4本半仕舞が成し得た#1~#4の細身ロングピース設計に、磯ロッドのスタンダード長である500/530の30cmズーム機能を搭載したシマノ/BB-X スペシャル SZIII。ツバクロは良型の尾長を期待できる釣り場だが、田中さんは1-500/530をチョイスした。

Xガイド(傾斜トップ:チタン、#1~#2第1フリー:CI4+)/Xリング(高靱性セラミック薄型リング)。3Dテクノロジーにより設計された一体構造で、磯ロッドのガイドに求められる形状、軽さ、強さを実現。ブランクスとの段差を少なくし、ライン抜けの良い傾斜角度を検証し、糸ガラミを激減させた。同時に徹底した軽量化を図り、ブレを抑えた穂先の振り抜け感で操作性を向上。ラインへの追従性も高まり、海中を立体的に探る釣りや遠投などウキが視認できない状況でも視覚でアタリを感知することが可能となっている。そのXガイドに高靱性セラミック薄型リングを採用することでガイドの口径を拡張。従来のリングと比較して約15%の軽量化と約20%の投影面積拡大を実現した。Xガイド(傾斜トップ:チタン、#1~#2第1フリー:CI4+)/Xリング(高靱性セラミック薄型リング)。3Dテクノロジーにより設計された一体構造で、磯ロッドのガイドに求められる形状、軽さ、強さを実現。ブランクスとの段差を少なくし、ライン抜けの良い傾斜角度を検証し、糸ガラミを激減させた。同時に徹底した軽量化を図り、ブレを抑えた穂先の振り抜け感で操作性を向上。ラインへの追従性も高まり、海中を立体的に探る釣りや遠投などウキが視認できない状況でも視覚でアタリを感知することが可能となっている。そのXガイドに高靱性セラミック薄型リングを採用することでガイドの口径を拡張。従来のリングと比較して約15%の軽量化と約20%の投影面積拡大を実現した。

高強度のカーボン一体成型技術を用い、腕との接地面積を増やす事で、安定感を追求して開発されたファイティングサポートグリップは磯ロッド初搭載。スリップしにくい竿尻が、Xシートとの相乗効果で魚とのファイトを有利に運ぶことができる。高強度のカーボン一体成型技術を用い、腕との接地面積を増やす事で、安定感を追求して開発されたファイティングサポートグリップは磯ロッド初搭載。スリップしにくい竿尻が、Xシートとの相乗効果で魚とのファイトを有利に運ぶことができる。

Xシート(パームフィットシートCI4+II)を搭載。軽くて、滑りにくくて、握りやすいグリップが、ブランクス性能を活かす。Xシート(パームフィットシートCI4+II)を搭載。軽くて、滑りにくくて、握りやすいグリップが、ブランクス性能を活かす。

的確な釣り場選びと丁寧な瀬着けで釣り人からの信頼が厚い渡船、ふかしま丸(蒲江港)TEL090-9725-7961。的確な釣り場選びと丁寧な瀬着けで釣り人からの信頼が厚い渡船、ふかしま丸(蒲江港)TEL090-9725-7961。