COLUMN

ファイアブラッド

狙うは点在するシモリ
田中修司、ファイアブラッド グレを手にマイナー釣り場へ挑戦!

FIRE BLOOD Gure × 田中修司

大分の名手・田中修司さんが選んだ釣り場はその名を知る人も少ない地磯。そこで待ち受けていたのはアワせても掛からない小ダイのアタリや分かりづらい本命のアタリ、それに加えて良型の逃げ場となる大きなハエ根があるという難条件だった。

選んだのはマイナー釣り場

北西風が吹くころの大分県佐伯市米水津の磯はグレ釣り師たちで大いに賑わう。毎週のようにグレ釣り大会が開催されることもあって、実績の高い有名釣り場には釣り人の姿が絶えることがない。
そんな人気ポイントを避けて田中さんが上礁したのは、棹立鼻の北に位置する地金山下という地磯。

田中さんが上礁したのは、棹立鼻の北に位置する地金山下という地磯。その名を知る人も少ない穴場で40cmオーバーのグレを狙う。田中さんが上礁したのは、棹立鼻の北に位置する地金山下という地磯。その名を知る人も少ない穴場で40cmオーバーのグレを狙う。

まずはタモからセットするのが磯釣りの流儀。息詰まる攻防の大詰めで頼りになる相棒はNEWファイアブラッドタマノエ550。まずはタモからセットするのが磯釣りの流儀。息詰まる攻防の大詰めで頼りになる相棒はNEWファイアブラッドタマノエ550

ロッドケースから取り出したNEWファイアブラッド グレ クォーターマスターは、長さ5.1mがもたらす高い操作性で接近戦を得意とするロッド。コアブランクスが搭載されたことで大型の口太と対峙するのに十分な実力を秘めている。ロッドケースから取り出したNEWファイアブラッド グレ クォーターマスターは、長さ5.1mがもたらす高い操作性で接近戦を得意とするロッド。コアブランクスが搭載されたことで大型の口太と対峙するのに十分な実力を秘めている。

米水津には通い慣れている田中さんも無名瀬ではないかと思うほどマイナーな場所を選んだ理由は、水温が比較的安定したエリアの中にあるシモリが点在する地磯を狙ってみたいという希望があったから。上がる人が少ない釣り場ならエサトリも少ないかもしれないという思惑もある。

BB-X テクニウム ファイアブラッド C3000DXG S RIGHTに巻かれた道糸はリミテッドプロ ハイパーリペル α ナイロン ゼロサスペンド。BB-X テクニウム ファイアブラッド C3000DXG S RIGHTに巻かれた道糸はリミテッドプロ ハイパーリペル α ナイロン ゼロサスペンド。

最高レベルの強さと軽さ、そして粘りを備えたコアブランクスを搭載し、5.1mという絶妙な長さが高い操作性を発揮するファイアブラッド グレ クォーターマスター1.2-510。最高レベルの強さと軽さ、そして粘りを備えたコアブランクスを搭載し、5.1mという絶妙な長さが高い操作性を発揮するファイアブラッド グレ クォーターマスター1.2-510

タフテック∞の穂先に軽量なXガイドが搭載され高い感度を実現。小さなマダイがツケエをくわえた気配も感じ取ることができる。タフテック∞の穂先に軽量なXガイドが搭載され高い感度を実現。小さなマダイがツケエをくわえた気配も感じ取ることができる。

搭載されたXガイドは高靭性セラミック薄型のXリングを採用(※傾斜トップ:チタンSiC、#1フリー~#2:CI4+Xリング)。搭載されたXガイドは高靭性セラミック薄型のXリングを採用(※傾斜トップ:チタンSiC、#1フリー~#2:CI4+Xリング)。

リールシートは、立体的な滑り止めリブ構造を採用し、マットラバーコーティングと組み合わせることで、安定したグリップ力を発揮するXシート(パームフィットシートCI4+Ⅱ)。リールシートは、立体的な滑り止めリブ構造を採用し、マットラバーコーティングと組み合わせることで、安定したグリップ力を発揮するXシート(パームフィットシートCI4+Ⅱ)。

釣り場の状況とアプローチ

満潮は午前9時ごろで、朝まづめは上げ潮。強烈な北西風が上空を吹き抜けているが、背後の岩が風除けの役目を果たしてくれているので影響はなさそうだ。田中さんは高場から釣り場を一望する。
「初めて上がる釣り場ですが、正面と右手に湧昇流が出ているポイントがありますね。あれはシモリが存在する証拠。左手のワンドを狙っても面白そうです」。
このように状況を分析すると、船着けに釣り座を構えた。

右に沖黒島、左に横島。遥か沖に名礁を見ながら名礁に負けないサイズのグレを狙う。右に沖黒島、左に横島。遥か沖に名礁を見ながら名礁に負けないサイズのグレを狙う。

開始早々からツケエが取られたが、足元に見えるエサトリは大型のブダイが1尾のみ。試しにワンド向きの瀬際から払い出す潮を狙ってみると50cm級のブダイが喰ってきたことから、再び元の釣り座に戻った。
逆光となっている釣り座で田中さんが展開しているのは、仕掛けを15mほど沖に投入し、中ハリスの重さでウキを沈めていく繊細なアプローチ。このようなシチュエーションでは、5.1mの長さで軽快な取り回しができるファイアブラッド グレ クォーターマスターがマッチする。

ウキは浮力を無段階調節できるDVCと、スピーディな交換を可能にするゼロピットが搭載されたコア ゼロピット DVC TYPE-D。ウキは浮力を無段階調節できるDVCと、スピーディな交換を可能にするゼロピットが搭載されたコア ゼロピット DVC TYPE-D

中ハリスはファイアブラッド EXフロロ ハードタイド1.2号(2.5m)、喰わせハリスはファイアブラッド コンペエディション EXフロロ1.5号(4m)をチョイス。中ハリスを細くすることで仕掛けを早くなじませることができる。中ハリスはファイアブラッド EXフロロ ハードタイド1.2号(2.5m)、喰わせハリスはファイアブラッド コンペエディション EXフロロ1.5号(4m)をチョイス。中ハリスを細くすることで仕掛けを早くなじませることができる。

太陽が高くなると釣り座のすぐ左側にある足元のハエ根が沖まで続いていることを確認できたが、バットにパワーがあるファイアブラッド グレ クォーターマスターなら予期せぬ大物が掛かっても瀬ズレという最悪の事態を回避できるだろう。

狙いはシモリから出てくる良型のグレ。朝まづめは海面の表情を見て、海中のシモリの位置をイメージすることからスタート。狙いはシモリから出てくる良型のグレ。朝まづめは海面の表情を見て、海中のシモリの位置をイメージすることからスタート。