COLUMN

ファイアブラッド

繊細に仕掛けをコントロールし、荒磯を攻略せよ!
田中修司、FIRE BLODD Gureで大物グレを喰わせる

宮崎県延岡市・北浦の磯にも秋本番の涼風が吹き抜けるようになった。瀬渡し船・喜福丸の森英樹船長が田中修司さんを案内してくれたのは中ノハエの先端。「この釣り場で竿を出すのは20年ぶりぐらいですね」と田中さんが言うように、中のハエは上礁希望者が後を絶たない人気釣り場で、夏には良型の尾長が期待できる好釣り場として知られるが、田中さんを待ち受けていたのはグレとの出会いを阻む複雑な潮だった。

前編記事はこちら

夏場に良型の尾長が出ることで知られる中のハエの先端だが、潮の流れは複雑で攻略の難易度は高い。

慎重なマキエワーク

同様の釣り方ですぐに次のアタリが出たが、竿でしっかりとタメたところでラインブレイク。ハリスのチモト部分をスパっと切ったのは、おそらく尾長の仕業だろう。ここで田中さんはウキの浮力を00から0に変更。同時にハリも6号から7号へとサイズアップしたが、次のアタリはハリに掛からない。干潮の時刻が近づいてくると表層の潮が穏やかになり、いったん釣り座を休ませることにした。

釣り再開後、最初のアタリは本命とは思えない大型魚で、アワせると同時に足元へ向かって突っ込んだ。BB-X テクニウム ファイアブラッドC3000DXG S RIGHTのSUTブレーキを駆使して魚の動きに追随するが、これは到底1.7号ハリスで獲れる相手ではない。

深ダナへ仕掛けを入れていくとグレとは思えない重量感のある魚がヒット。手前側に向かって一気に突っ込んできたが、クォーターマスターが強靭なバットパワーを発揮して瀬際の攻防戦に持ち込む。

ロッドをなぎ倒そうとする相手の動きに瞬時に対応したのはBB-X テクニウム ファイアブラッドC3000DXG S RIGHTに搭載されたSUTブレーキ。

マキエを右へ投じれば左沖向きに流れ、左へ投じれば右へと引かれていく。釣り座を取り巻く流れは複雑で、しかも底潮の流れはほぼ逆方向。たまに左手で生じる沸きグレはリリースサイズだ。

「うわっつらの潮に騙されたら大ごとですよ」と、慎重にマキエの投入点を見極める田中さん。

そんな中、左手沖側から深島方面に伸びた潮スジの中で30㎝の口太を追加。狙っていたのは潮スジに沿ってチラチラと見えていたグレで、喰わせたタナは2ヒロの浅ダナだった。

「沖へ出る流れの中が湧き上がるような動きになっていたので、その影響を受けないようにウキがなじむまで放っておいて、なじませてから仕掛けを張っています」

上層の潮が沖へと流れていく状況で、仕掛け投入後のマキエを多めに打っていたのは、大型のエサ盗りを沖へ出さないため。

潮スジの中で見えていたグレを狙って30㎝を追加。食わせたタナは2ヒロの浅ダナだった。

ついに手にした良型

一気に仕掛けを入れて冷たい底潮の中を狙うのは得策ではないし、軽すぎる仕掛けで湧昇流に太刀打ちできなければ、狙いのポイントを通過してしまうというケースで、田中さんが実践していたのはラインを張るタイミングの見極め。

リールのスプールに指を当てた状態でアタリを待つ田中さんは「沖へ向かている流れも、ある程度沖に到達するとボヤけてしまいます」と、仕掛けを流して行ける範囲も限られている中で、高感度の穂先を活かして繊細な仕掛けコントロールを実践していた。

午後2時20分、ついに仕留めた35㎝の口太に会心の笑みを浮かべた田中さん。繊細な釣りを得意とするNEWファイアブラッド グレ クォーターマスターを選んだことが正解だった。

ついにクォーターマスターが良型グレと思われるアタリを捉えた。

表層には小型の口太、2ヒロのタナには小型の尾長がポジショニングし、底潮は冷たいという状況で、3ヒロのタナで35㎝の口太を仕留めた。難局を打破した田中さんの表情に会心の笑みが浮かぶ。

田中さんが得意とする繊細な釣りにクォーターマスターのロッドキャラクターがマッチする。

コアブランクスの搭載で劇的に進化を遂げたシマノ/NEWファイアブラッド グレ。

Xシート(パームフィットシートCI4+Ⅱ)は立体的な滑り止めリブ構造を採用し、マットラバーコーティングと組み合わせることで、安定したグリップ力を発揮する。

Xガイドは磯ロッドのガイドに求められる小ささ、軽さ、強さを一体形状で実現。高靭性セラミック薄型のXリングを採用。傾斜トップ:チタンSiC、#1:フリー、#2:CI4+Xリング。

高強度高弾性素材の炭素繊維トレカ®「M40X」の新採用で、潜在能力を向上させたスパイラルXコアにナノピッチ製法をプラスすることで、さらなる軽量化と強度アップを実現。さらに節間の剛性段差を封じ込めるパラボラチューンR+、小ささ、軽さ、強さを一体形状で実現したXガイドの搭載し、これらの機能を高次元で融合することで、シマノ磯ロッド最高レベルの強さと軽さ、そして粘りを備えたコアブランクスが誕生した。

NEWファイアブラッド グレ クォーターマスター 1.2-510は、取り回しの良い5.1mという長さ設定と、食い込みの良い穂先が特徴の操作性重視ロッド。絶妙なラインメンディングを実現してくれる。

渡船/喜福丸(阿蘇港)TEL090-8831-0473

釣り人の信頼が厚い森英樹船長が舵を取る喜福丸。