COLUMN

ISHIDAI LIMITED

リミットは午前まで!雨風吹き荒れる中、イシダイリミテッド 500 手持を橋本陽一郎が匠に操る!!

ISHIDAI LIMITED × 橋本陽一郎

1日目は調子に恵まれない橋本陽一郎さん。2日目の午前中が勝機だと見極め、新製品イシダイリミテッド 500 手持と共に強雨と大雨の五島列島・福江島攻略へと挑んでいく…。

●前回記事はこちら
降りしきる雨と強風を制し良型イシダイ5連発イシダイリミテッド 500 手持が鮮烈デビュー

マキエとツケエの戦略

木槌で細かく砕いたカラス貝をスコップで撒き込むと、手前側の潮は右流れとなっている。右手後方のワンドから引かれていく潮と、左手から入ってくる流がぶつかる地点では湧き上がる潮が生じているが、狙うべきは潜り潮。沖へ向かってなだらかに続く斜面に仕掛けをハワせるようにして釣る。
第1投目のツケエは、この時期には貴重なトッポガニ(イボイワオウギガニ)で、カウンター16.8に仕掛けを落ち着かせると、すぐに穂先を叩くようなエサ盗りの反応が出た。ところがその後は小さなアタリすらなくなり、サザエにアラカブが喰ってきた以降は、沈黙の時間帯が続く。

橋本さんの釣りにカラス貝のマキエは不可欠。潮に乗せて流すことで、広範囲のイシダイにアピールする。橋本さんの釣りにカラス貝のマキエは不可欠。潮に乗せて流すことで、広範囲のイシダイにアピールする。

メインで使用したツケエは五島のイシダイ狙いでは定番のトッポガニ。メインで使用したツケエは五島のイシダイ狙いでは定番のトッポガニ。

サザエには反応が乏しく白身が残ってきた。サザエには反応が乏しく白身が残ってきた。

午前10時の満潮を過ぎると少し水温が下がったようで、ついに全く魚の気配を感じられない状態となってしまった。
「潮の流れが前回とは違いますね。そのせいで今日はよく根掛かりします」
結局この日は一度のチャンスもなく、橋本さんのチャレンジは翌日へと持ち越しとなった。

イシダイリミテッド 500 手持はキャスト時やファイト時のネジレを抑え込む強化構造ハイパワーXでブランクス本来の性能をフルに発揮する。小さなアタリや潮の変化を感じ取ることができる「500 手持」は、スッと落ち着く#1、#2の理想的なバランスを実現。イシダイリミテッド 500 手持はキャスト時やファイト時のネジレを抑え込む強化構造ハイパワーXでブランクス本来の性能をフルに発揮する。小さなアタリや潮の変化を感じ取ることができる「500 手持」は、スッと落ち着く#1、#2の理想的なバランスを実現。

ワンドから引かれる潮が沖へ向かって速い流れとなる黒崎鼻。カウンター17の地点にひたすら打ち返し続けたが、初日はノーバイトでタイムアップ。早春のイシダイは簡単には微笑んでくれない。ワンドから引かれる潮が沖へ向かって速い流れとなる黒崎鼻。カウンター17の地点にひたすら打ち返し続けたが、初日はノーバイトでタイムアップ。早春のイシダイは簡単には微笑んでくれない。

圧巻の連発 大雨・強風の2日目

2日目は上空を低気圧が覆い、朝から強風を伴う大雨となった。渡船・せいわが渡してくれた釣り場は、橋本さんが得意とする足元狙いの南方宙釣りを展開できる福江島の穴くぐり(糸串鼻)。

翌日は大粒の雨に加えて南からの強風が吹いた。船長に相談して決めた釣り場は足元狙いで実績がある福江島の穴くぐり(糸串鼻)だった。翌日は大粒の雨に加えて南からの強風が吹いた。船長に相談して決めた釣り場は足元狙いで実績がある福江島の穴くぐり(糸串鼻)だった。

「ここは下げ潮が入ると激流になるので勝負は午前中です」
上礁してすぐに10分間ほどカラス貝のマキエを散らすように打ち、第1投目のツケエはトッポガニを選択。潮は左前方から当てきて右へと跳ねる流れで、まずはカウンター11の地点に仕掛けを落ち着かせる。

マキエを投入し終えてから29分後、カウンター11に仕掛けを落ち着かせていた穂先に生命反応が現れた。マキエを投入し終えてから29分後、カウンター11に仕掛けを落ち着かせていた穂先に生命反応が現れた。

最初のアタリが出たのは、竿を構えてから29分後のことで、スーッと入った穂先を引きよせるように優しいアワセが入った。難なく浮かせたイシダイは50cmオーバーで、ここから連発劇がスタートする。

スーッと入った穂先を引きよせるように優しいアワセを入れると、しっかりとした重量感が乗ってきた。スーッと入った穂先を引きよせるように優しいアワセを入れると、しっかりとした重量感が乗ってきた。

手にしたのは真っ白なオスのイシダイ。橋本さんのアワセはまさに神業で、ガッチリとジゴクを捉えていた。手にしたのは真っ白なオスのイシダイ。橋本さんのアワセはまさに神業で、ガッチリとジゴクを捉えていた。

次の1枚はカウンター12の置き竿から喰い込ませ、3枚目、4枚目はいったんカウンター17に入れた仕掛けを14のカケアガリまで引き戻すことで仕留めた。
アタってきたイシダイを百発百中で掛ける橋本さんの武器は研ぎ澄まされた手の感覚で、イシダイの口の中でハリスワイヤーを滑らせ、首振り結びにしたハリのハリ先をこちらに向けてから確実にジゴクを捉える。

降りしきる雨の中、ゾーンに入った橋本さんが立て続けに2枚目を抜き上げる。降りしきる雨の中、ゾーンに入った橋本さんが立て続けに2枚目を抜き上げる。

1枚目の余韻が醒めないうちに2枚目をキャッチ。狙ったのはカウンター12の浅ダナで、置き竿の状態で出たアタリを逃さなかった。1枚目の余韻が醒めないうちに2枚目をキャッチ。狙ったのはカウンター12の浅ダナで、置き竿の状態で出たアタリを逃さなかった。

3枚目のヒットパターンはカケアガリ狙い。カウンター17から14まで仕掛けを引き戻してきた。3枚目のヒットパターンはカケアガリ狙い。カウンター17から14まで仕掛けを引き戻してきた。

4枚目のイシダイは60cmジャストだったが、橋本さんにとっては決して満足できるサイズではない。4枚目のイシダイは60cmジャストだったが、橋本さんにとっては決して満足できるサイズではない。

ハリスワイヤーを滑らせるフッキングは置き竿でも同様に成立するとのことで、イシダイリミテッド 500 手持はその名の通り、手持ち竿による南方宙釣りに最適なロッドだが、実は置き竿での釣りも得意なのだという。
「胴調子の軟らかい竿は喰い込みが良さそうに見えて、最終的にはエサを離してしまいます。その点、イシダイリミテッド 500 手持なら置き竿にしていても竿の反発力でフッキングする。口の中でハリスワイヤーが滑り、ハリ先がジゴクに行くというわけです」

「小バリを飲ませるような釣りだと、ノドの粘膜が切れたらハリが抜けてしまう。やはりジゴクに掛けないとダメですね」。「小バリを飲ませるような釣りだと、ノドの粘膜が切れたらハリが抜けてしまう。やはりジゴクに掛けないとダメですね」。

4連続ヒットの後は潮が速くなり、ついばむような小さなアタリが出たのを最後に1時間が経過。その間も仕掛けの投入点を変えながら突破口を探す。横殴りの雨の中、研ぎ澄まされた橋本さんの感覚は手にした竿と一体となる。4連続ヒットの後は潮が速くなり、ついばむような小さなアタリが出たのを最後に1時間が経過。その間も仕掛けの投入点を変えながら突破口を探す。横殴りの雨の中、研ぎ澄まされた橋本さんの感覚は手にした竿と一体となる。

低水温期の時合は短く、上げ潮が勢いを増すと同時にアタリは遠のいたが、ついばむようなアタリを見せるものの、なかなか喰い込まなかったイシダイを1時間ほどかけてキャッチすることに成功。ついに釣果を5枚まで伸ばす。

体ごと持っていかれそうな横からの強風が吹く中、確実にアタリを伝えてくれるイシダイリミテッド500手持。体ごと持っていかれそうな横からの強風が吹く中、確実にアタリを伝えてくれるイシダイリミテッド500手持

イシダイがハリを口に含みさえすれば、間違いなく橋本さんの軍門に下る。イシダイがハリを口に含みさえすれば、間違いなく橋本さんの軍門に下る。

「1時間前に弾き気味にエサをついばんだヤツですよ」。下げ潮に変わる直前に食ってきた5枚目は、とてもしたたかなイシダイだった。「1時間前に弾き気味にエサをついばんだヤツですよ」。下げ潮に変わる直前に食ってきた5枚目は、とてもしたたかなイシダイだった。

時計の針が示していたのは午前11時56分で、そろそろ下げ潮が勢いを強めて釣りにならなくなるタイミングを迎えていた。
「今日はとんでもない強風でしたが、この竿だったから結果を出せました。張りのない竿では釣りにすらならなかったでしょう」
シャキっとした張りにより強い風の中でも高い操作性を発揮し、余裕のパワーで次々と宙に舞わせたイシダイリミテッド500手持。このロッドを手にしたイシダイ釣り師の技は、さらなる高みへと到達する。

イシダイロッドのフラッグシップモデルであるイシダイリミテッドがついにデビュー。降りしきる雨の中で5枚のイシダイを仕留めた橋本陽一郎さんが、イシダイリミテッド500手持のデビュー戦を飾った。イシダイロッドのフラッグシップモデルであるイシダイリミテッドがついにデビュー。降りしきる雨の中で5枚のイシダイを仕留めた橋本陽一郎さんが、イシダイリミテッド500手持のデビュー戦を飾った。