COLUMN

コア ゼロピット DVC TYPE-D

潮をつかむホバリング自在の"沈め釣り対応ウキ"
友松信彦、臨機応変の半遊動で地磯のグレを撃つ

ラインを切ることなくウキ本体を交換できる画期的機能、ゼロピットを搭載したウキのシリーズに、沈め釣りにも対応の「コア ゼロピット DVC TYPE-D」が新たに加わった。潮をつかむと同時に、仕掛けが入り過ぎない工夫も凝らされたNEWアイテムを携えて、伊豆半島の地磯で友松信彦さんがその威力を見せてくれた。

沈め釣りのための要求を余すことなく具現化

近年のトーナメントシーンで多くの支持を得ているロングハリス+ゼロウキの全遊動仕掛け。ハリスの中に通したウキは、ヘッドより上のハリス(フロロカーボン)に抑え込まれ、風波の影響をクリアしながらマキエと同調する。友松信彦はこの沈め釣りのエキスパートであり、近年はPEラインを併用しながら、さらに高いレベルの釣りを模索している。コア ゼロピット DVC TYPE-Dは、そんな友松のリクエストに応えている。

細くシェイプされたヘッドとフラットな下部が特徴。

「潮はしっかりつかむんですけど、入り過ぎないようにしています。沈め釣りの弱点は冬の時期に小さなアタリが分からず、仕掛けを深く入れ過ぎてしまうこと。そうすると魚が"ワンタッチ"したときに気付かない。それを防ぎたいので、自分の意志でラインを張ったときにホバリングできるような形にしました。だからウキの下部が平らなんです」

釣り人の意志を反映できるウキであることで、
さまざまな条件をクリアできる。

さらに友松は続ける。「潮乗りのいいウキは平らなヘッドが多いですが、仕掛け回収時の巻き抵抗が大きくなるのが嫌なので細身のヘッドにしています。いろいろ試しましたが少しの差で全然違いますよ。そして最終的に出来たのがこの形状です」

この地磯は足場が高く、おまけにこの日は風と波が強かった。

遠投力の高いヒシャクと"曲がる"ロッドも強い味方

ここはエサ取りが多いこともあり遠投が有利なポイントだ。コア ゼロピット DVC TYPE-Dは自重があり遠投力にも優れるが、もちろんマキエも遠投しなければならない。友松はファイアブラッド コンペエディション遠投ヒシャクを振り抜き、マキエの塊をホップさせる。

かつて堤防で練習を重ねたマキエ投入が地磯で生きる。

「このシャクは遠投に特化したモデルです。まずグリップが従来よりも太い。太いからしっかりと握れます。握れるから、しっかり振り抜ける。スイングを途中で止めるためのシャクではなく、振り抜いてマキエの塊に回転を与えてホップさせる。そのためにカップも深めに、斜めに角度を付けてマキエが抜けやすく、ボール状に飛ぶようにしています。カップを正面から見たときに縦長にしているのも、そのためです」

縦長のカップ形状と角度が、マキエの塊に回転を与える。

いつも通りの仕掛けで探り、ミドルサイズのコンタクトは得ていた。ロッドはプロテック1号530、美しいベンドカーブを描いて素早く魚を浮かせるが、相当パワーがあるような印象を受ける。

40cmオーバーも普通に期待できるポイントだが、プロテックなら1号でも安心。

「今作はパラボラチューンRとスパイラルXコアのおかげで、カツンと止まる部分がなく、ずーっと負荷に応じて曲がり続ける調子ですね。私が思うに『曲がるけど止まらない』。今回使った1号の竿が、それ以上にパワーがあるように見えたのはこれが理由なのだと思います。リミテッドが"竿の筋肉で魚をねじ伏せて獲る竿"なら、プロテックは"ゴムヒモのように引きを吸収しながら愉しめる竿"だと思います」

曲がるけれど強い…いや、荷重の大きさに応じて曲がるからこそ、このロッドは強い。

ウキが釣り方を制限しない対応力

次第に横流れの潮に加えて横風がひどくなり釣りのジャマをする。6mのタモを使うような足場の高さなので、ラインメンディング一発で仕掛けが吹っ飛ばされる。友松はここでウキを2B~3Bにスイッチ、ウキ止めを用いた半遊動仕掛けにした。この判断が功を奏してミドルサイズの入れ喰いとなる。

ウキ止めを結び半遊動仕掛けに。

そしてついに、本命の潮がゴンゴンと流れ始めた。友松は半遊動仕掛けのまま、ウキを0にチェンジしてG8を2つセット。確実に仕掛けをなじませつつ、違和感なく喰わせようという作戦に。これがズバリ的中し、夕暮れにジャスト40cmの尾長と口太を仕留めることに成功した。

してやったりの尾長グレ40cmジャスト。

友松は言う。「沈め釣りのために作ったウキなんですが浮かせても使えます。一見、感度が悪そうですが(笑)潮の中を釣るなら全然問題ありませんよ」。次は低活性の魚が"ワンタッチ"するか、どうか、そんな寒の時期にこのウキの真価が発揮されるはず。きっと新たなロングハリス+ゼロウキの全遊動仕掛けの可能性を見せてくれるはずだ。

「ウキのヘッドは樹脂そのもののカラーなんです」と友松。
つまり磯にぶつけても剥がれたりしないのだ。