COLUMN

プロテック

魚のシグナルを素早く捉える"穂先"が決め手
田中修司、NEWプロテックでシビアなグレを攻略!

主流になりつつある「遠投沈ませ釣り」

近年のグレ(メジナ)はホバリングしてサシエを口にするような喰いの渋い状況が多く、明確なアタリがウキに出ないことが多い。このような理由から、警戒心の少ない沖目に0や00といった軽い仕掛けを遠投し、マキエの沈下速度に合わせてウキを沈ませていく釣法で対応することが多い。


そんな「遠投沈め釣り」が主流になりつつあるなか、プライベートの釣りに限らず、トーナメントにおいても沈め釣りで喰い渋るグレに立ち向かう選手たちが多く見受けられるようになった。しかし、やみくもに仕掛けを沈ませるだけでは喰い渋ったグレを手玉に取るのは非常に困難で、ラインに張りを入れたときに、いかに穂先で海中の状況や魚のシグナルを捉えられるかがカギとなる。NEW『プロテック』はその点に着目して開発が進められた。

近年流行している「遠投沈め釣り」に重きをおいて開発が進められたNEW『プロテック

時代に合わせて穂先をチューニング

前述したように「遠投沈め釣り」で喰いの渋いグレを取るためには穂先が重要な要素になる。NEW『プロテック』は、高強度かつ柔軟なタフテック∞を採用したソリッド穂先で、魚がサシエを口にしたときも違和感なく喰い込ませることが可能。これが、張りが強いだけの穂先だとサシエを放してしまう確率が高まってしまうのだ。

高強度でありながら柔軟なタフテック∞が海中からのシグナルを繊細に捉えてくれる。

「時間が限られるトーナメントではいかに魚からのシグナルを早く捉えられるかがポイントになりますが、このタフテック∞を採用したプロテックなら安心して喰い込ませることができます。喰いが渋いときに力を発揮するテクニカルロッドに仕上がったと思います」と田中さんが納得する1本に仕上がった。

過酷なフィールドに対応できる優れた操作性

NEW『プロテック』の強みは穂先のチューニングだけに留まらない。タフな海況で竿を出す磯釣りには強風や強いサラシがつきものだが、その点もしっかりと考慮されている。

操作性の向上で、よりシビアな海況に対応できるようになった。

「前モデルと比較すると操作性も向上しました。」

リールシートにはスクリュータイプでグリップ力の高いXシートを採用。

「細身でありながらしっかりと張りをもたせているので強風下でも軽快にロッド操作がおこなえます。足元からサラシが払い出すようなフィールドでも自在にコントロールができるので過酷なトーナメントでも生きる竿だと思います。喰わせるまでの工程が楽におこなえるし、厳しい状況になればなるほど威力を発揮する竿だと感じました」

リールシートにリブ構造とマットラバーコーティングを施しているため、手のなじみは抜群。

コアブランクスの採用で取り込みがスムーズに

一見、操作性重視の竿といえば先調子のイメージが強いが、一新されたNEW『プロテック』はシマノの先進技術であるコアブランクスによって、操作性に優れながらも魚が掛かれば弓なりに弧を描き、バット部に秘めた反発力が主導権を与えずに浮かせてくれる。

弓なりに湾曲し、バット部の粘りが突進を受け止める。

さらに、竿全体がスムーズに曲がり込むため細いラインを使った釣法でもラインの限界を超えずに力を発揮する。まさにタメて獲る、攻撃的な竿に仕上がったといえるだろう。

1号で43cmの尾長グレを取り込んだ。竿のパワーにはまだ余裕がある印象を受けた。

「喰わせるまでは適度な張りがあって操作性に優れていますが、魚が掛かれば竿の継ぎ目を感じさせずに竿全体がきれいに湾曲することで、細いラインもカバーしてくれます。竿が曲がり込む分、のされにくいので非常に寄せやすく、曲げ込みながらリールも巻けるので取り込みがスムーズにおこなえます」

喰いの悪い繊細なアタリを穂先で捉え、40cmオーバーの口太グレを手中に収めた。