COLUMN

ファイアブラッド

潮をとらえて釣果を上げる釣法を伝授!
田中修司、NEW FIRE BLOOD Gure でグレに挑む

強い流れに引かれる潮がぶつかってできる潮目はマキエが集まり潜っていくグレ釣りの鉄板ポイント。流れが弱くてぱっと見には分からなくても海にはあちこちに、小さな潜り潮があり、それをとらえることができれば釣果は飛躍的にアップする。そんな田中修司さんの“スポット釣法”をレクチャーしてもらおう。

前編記事はこちら

【タックル】
吸い込む力の強弱が感じられる穂先が大事
沈めてもタナを把握するためのウキ止め

竿はピンポイントへコントロールよくキャストができ、スポット内で吸い込む力の強弱が感じられる繊細な穂先を備えたものがいい。田中さんが愛用するクオーターマスターは、まさにこの釣りのための1本だ。

竿は田中さんが初代から監修を続ける
ファイアブラッド・クオーターマスター

「三代目は曲がり込む際の支点移動が速くなり、
不意の大物でもためが効いて楽に取れます。
操作性は従来通り抜群です」

ラインは道糸、ハリスともに1.5号が基本。これで45cmクラスまでは問題なく、不意の50cmオーバーにも対処する。仕掛けはゼロウキを使った半遊動で、仕掛けがなじむとウキごと沈んでいく設定だ。

ハリスは1.5号メインに40cmオーバーの尾長がヒットしたことから1.7号も使った。

リールはBB-XテクニウムファイアブラッドC3000DXG S。

「ウキ止めとストッパーの間は20cm。サシエが沈んで仕掛けが張るとストッパーがウキから離れ、ウキ止めにウキが達すると沈んでいきます。ウキからサシエまでの距離が変わらないので、ウキを沈めていってもどれくらいのタナにサシエが入っているのか把握できます。ウキ止めを付けていないとウキから下がどんどん入っていくのでタナが分かりません」。
ちなみに目印は、透明の中ハリスを使うためウキから上のラインの位置を把握したり、アタリを取ったりするために付けている。

ジョイント部が固着しない新機構を搭載したファイアブラッドタマノエ550。

【中ハリスの役目】
潮をとらえて仕掛けの立ちもなじも早い
喰わせハリスと分けることで交換スムーズ

道糸とハリス(喰わせハリス)との間に入れてウキ、ストッパー、ウキ止め、目印をセットする部分が中ハリス。ここはフロロカーボンだ。

ストッパーの直下に結び目があり、
そこから下が喰わせハリス、上が中ハリス。
中ハリスにウキを始めとする仕掛けパーツが収まる。
ちなみに基本的にオモリは使わない。

「スポットの中へ仕掛けが入ったときに、ウキのうえまでフロロの方がウキを押さえ込んでくれるのでなじみがいい。それと吸い込む力が弱くなるところでラインを張ってサシエを持ち上げてから落とすのですが、このときもウキのうえまでフロロの方が仕掛けの立ちが早くてなじみがよくアタリも出やすいんです。ナイロンの道糸にウキを通していると、どうしても仕掛けの立ちが遅くなりますからね。じゃあ、喰わせハリスを長くして道糸と直結にし、ウキを通せばいいのじゃないかと聞かれますが、グレの活性やサイズによってハリスを太くしたり細くするときに、ウキやストッパーを通しなおしたりウキ止めや目印を付けなおすのは大変です。ストッパーの下で喰わせハリスだけを交換する方がスムーズですからね」。

【ウキのセレクトとストッパー】
00メインに沈みが速いときは0
ストッパーは潮の受けすぎ注意

「ウキは0と00がメインです。00で始めますが、釣り場の塩分濃度などによりウキの沈み出しが早いことがある。仕掛けが張る前に沈むようなら0に替えます。それでもダメなら、たとえばドングリ型のウキを使っているなら涙型に替えるとか、形状を替えて沈み出しを遅くします。シマノのDVCならダイヤル調整で浮力を微調整できるので便利ですよ」。

仕掛けのなじみを把握しウキがそれ以上落ちないように付けているストッパーだが、潮受けがいい形状のものは、潮を受けすぎてアタリのようにスーッと走ったりすることがあって紛らわしい。だから極力潮をとらえない小さなものをセレクトする。

メインで使用するのはコアゼロピットDVCタイプD
DVCシリンダーを回すだけで浮力を調整できる
スポット釣法に最適なアイテム。

【狙い方】
スポットを見つけたら仕掛けを直撃
ラインを通して伝わる重さの変化に注意

マキエを撒いてしっかりと観察しスポットを見つけたら、仕掛けをダイレクトに投入する。

ラインを通してぐっと重みがのってくればスポットに入った合図。

ウキが着水したら竿を潮上や風上に払っていったんラインを張り、すぐさま2ヒロぐらいラインを送り出してやる。「スポットに仕掛けが入るとラインを通して感じる重さがぐっと重くなる。分からなければ穂先で引いて軽く聞いてみるといい。スポットに入っていればぐっと重みが乗るし、入っていなければスーッとラインだけが引かれてきますから」。
こうして引かれる重みを感じながら送り込んでいくと、ある程度入ったところで重みが消えて軽くなる。その間を狙うのだ。

スポットはどこにできるか分からない。
マキエを広範囲に打って探す。

スポットに入った仕掛けを吸い込む力が強い間がヒットレンジ。
狙い通りにグレを喰わせた。

【タナの把握】
ウキを追い見えなくなればカウントダウン
吸い込む力が弱まるギリギリも有望

アタリが出るのは、仕掛けが引き込まれ、重みが消えて軽くなるまので間。ウキが見える間はウキの動きを目で追い、それ以上入ったときはカウントダウンでアタリの出るタナを把握する。アタリが出るタナが分かれば、次からはその前後に神経を集中して狙い、タナを通過すれば打ち返す。吸い込む力が弱くなるところまで沈めてもアタリが出ないときは、そこで30cmほどサシエを持ち上げては落としたり、ラインを張って止めてみたりするのも有効。「吸い込む力が弱まるギリギリのところでガツンとくることは少なくないですよ」。

【アタリ】
まずは目で追いラインや穂先で
スポットの中はアタリも鮮明

仕掛けが目視できる間はストッパー、ウキ、目印の動きでアタリを取る。仕掛けが見えないときはラインの動きや穂先にくるアタリを取ればいい。
「スポットの中ではアタリもはっきり出るので、心配いりません」。

潜っていくウキを注視しアタリに備える。

【エサ取りが多いときは…】
外側からなじませ引き込む
追い打ちのマキエは御法度

エサトリがあまりにも多くてスポットを直撃したのではサシエが残らないときは、マキエを打ったあとにエサ取りの外側に仕掛けを投入。なじませておいてからスポットに引き込んでくるといい。
「仕掛け投入後にかぶせのマキエは厳禁です。サシエを取られてしまいますからね」。

潮の角度が変わった。
斜め左に流れる潮筋にスポットを見つけ42cmの尾長をゲット。