COLUMN

プロテック

想定外の展開をフィネスに攻略
只松雄司、NEWプロテックで寒グレに挑む

期待していた瀬に上がれるとは限らない。また狙っている魚以外が掛かることもあるだろう。実際、いつ何が釣れるか分からない。そんな非日常性とハプニング性のある磯釣り。磯の醍醐味をプロテックで愉しんでみてはいかがだろうか。

繊細な釣りにはプロテック

寒グレシーズン真っ盛りの長崎県対馬市内院の磯。軍艦という瀬に立っている只松さんが手にしているのはプロテック1.2-530だ。このプロテックは軽量胴調子設計となっている。特に喰い渋るグレに喰わせるため細いラインを使わざるを得ない状況の時、細ハリスをいたわりながやり取りする局面に最適なロッドだ。ただ胴調子というだけではなくシャキッとしていて切れの良い操作性は風の強い冬磯ではアドバンテージとなる。

釣れない時こそ釣りを愉しむ。
与えられた条件の中でいかに自分の釣りを発揮していくか。
プロテックは多くの引き出しを開けてくれる。

糸ガラミを防止し、鋭敏なライン追従性の優れたXガイドはフィネスな釣りを面白くする。

さて、只松さんは仕掛けが手前へと押しやられる当て潮の攻略を試みていた。
釣り人が立ち位置を変えられない磯釣りでは潮の流れる向きが釣果を大きく左右する。沖へ向かう潮流や左右の動きは仕掛けを流しやすい。だが手前に仕掛けが戻される潮の場合は仕掛けに張りを持たせづらい。そのためアタリを取ることは難易度が高い。潮回りが大きな日は潮が沖を走る傾向があり、湾内の磯では当て潮となってしまうことが多いのだ。

当て潮はフィネスに攻略

只松さんはファイアブラッド ゼロピット DVC TYPE-A M 00号をマキエの先へ投入。ウキが通るであろう潮スジにマキエを後打ちして仕掛けが手前へと流されることを想定したマキエワークを展開。さらにラインメンディングをこまめに行う。マイナス浮力によりウキが下へ沈むベクトルを利用した釣り方なので余計なラインの弛みはできるだけ取り除いておいてアタリを分かりやすくする。このように竿を縦に振るのは仕掛けを振り込む時ばかりではない。ラインを置き直す動作や仕掛けを入れやすくするために竿先を上げておく所作のたびに先が上下に揺れる。だがXガイド装着の穂先はブレの収束が速く、いつアタリがあっても即応できる。当て潮に対する苦手意識がある人でも、ロッドの操作性が優れているプロテックなら愉しみながら対処可能といえよう。
グレの活性が上がらず期待していた釣果が伸び悩む状況を打破するため瀬を替わることにした。

当て潮の中でアタリを取れる釣り方をマスターすればほとんどの釣り場で役に立つ。

あらゆる方向に対して高強度化したスパイラルXコアはネジレ強度、つぶれ強度がアップ。
本流からグレを引き寄せるパワーすらある。

竿の曲がりは魚とのやり取りでは重要な要素だ。
ワンピースロッドに匹敵する滑らかな調子とパワーでグレを浮かせる。

超攻撃的プロテック

只松さんが夕まづめに選んだのは星岩という瀬だ。ここはちょうど本流が流れていて仕掛けはあっという間に沖に流されてしまう。重い仕掛けを潮に入れていく釣りを想像しがちだが、湾奥で使っていた仕掛けにガン玉を一つ追加しただけと至ってシンプルな手直しで仕掛けを投入する。
理由を聞けば
「潜り潮に仕掛けを入れていけば、そこにはマキエも入ってくるから魚がいれば間違いなく喰ってくるよ」
只松さんは潮上に仕掛けを投入してマキエを広範囲に撒く。静かな湾内で釣りをしていた時より躍動感のある波の動きを目の前にして釣り人のテンションも自然と上がる。
潮にウキが吸い込まれるとラインがバチバチーッと手元を弾くアタリ。

胴から曲がるので細いハリスでもタメることができる。
どんなに突っ込まれても竿全体の高反発力で浮かせられる。
プロテックだから獲れるグレもいる。

鮮明な反応に
「本流のグレの引きは堪らないね」と笑顔を見せる。
綺麗に孤を描く竿はグイグイ魚を引き寄せる。

「本流で掛けたグレはよく引きます。
でも高反発タイプのプロテックは良く曲がって浮かせてくれるから安心してやり取りできました」

スパイラルXコアを核とするプロテックが得意とするのは繊細なロッドワークだけではなかった。高強度化されたプロテックのパワーは良型のグレの引きも物ともしない。潮の流れに逆らう釣り人の竿捌きにも難なくグレを浮かせてくれる。

諦めずに挑み続けることが釣果への確実な一歩となる。
プロテックという相棒がきっちり仕事をしてくれた。

磯釣りをもっと愉しむ

それにはXシートの役割も大きい。

リールをしっかり固定するXシートはフッキングやファイト時に力負けしない安定感。
しっとり加工で濡れた手でも手になじむ。

プロテックのリールシートは掌とグリップの接触面が大きく握りやすく、リーリング時のブレはなくパーミング性も向上しているためやり取りの時のパワーロスもない。「手にしっくりくる」という感覚は繊細な釣りでも大胆なやり取りでも必要とされる要素。そして手返しよく仕掛けを投入できるので次の1尾へのアプローチもスムーズだ。
好機を捉えた只松さんは怒涛の勢いでグレを掛け続けた。
「いつチャンスが巡ってくるか分からないけど、はじめから釣りの範囲を決めないで諦めずに竿を振っていればいい結果が出ますね」

グレ釣りをもっと上達させたい人にプロテックをおすすめしたい。

良型グレを仕留めた只松さんに、さらなる朗報がもたらされた。
総合釣りセンター梅乃家の梅野智明船長曰く
「最近90cmを超えるデカマダイが磯からフカセ釣りで釣れているんですよ」というものだった。
「では是非釣ってみましょう」
只松さんの笑顔に再び闘志がみなぎってきた。