COLUMN

プロテック

抜群の感度が駆け引きを飛躍的に愉しくする!
只松雄司、NEWプロテックで口太グレ攻略

只松雄司さんが向かったのは「磯釣り道場」というキャッチフレーズで多くの釣り師たちに親しまれてい長崎県・平戸宮ノ浦。今回は、NEWプロテックを駆使してグレに迫る。

NEWプロテックの印象

只松さんがこの日掲げた目標は、エサトリの包囲網を打ち破り、30cmオーバーの口太をNEWプロテックで仕留めること。残暑厳しい時期だけに、丸銀釣センターの渡船・マリンアローへ乗り込んだグレ狙いのお客さんは只松さんのみだったが、それでもやってみなければ分からないのが魚釣りだ。

渡船は宮ノ浦の釣りなら何でもおまかせの丸銀釣センター。

「今日使うのはNEWプロテック1号の5.3m。リールを付けた状態でのバランスが抜群に良い竿という印象です。持ち重り感がなくて、指を軽く引っ掛けているだけでも保持できますが、これは6時間以上釣りをすることを考えると非常に有り難い性能ですよね」

只松さんが長崎県平戸宮ノ浦へ持ち込んだのはNEWプロテック1号530。
宮ノ浦に多い30cm級から五島列島の50cmオーバーまで、
口太相手の繊細な駆け引きを愉しめるロッドだ。

NEWプロテックの個性

NEWプロテックの個性が活かせるのは、グレ釣り大会の開催地となる大分県南エリアや長崎県平戸宮ノ浦の磯、熊本県天草地方だと言う只松さん。その個性とはズバリ感度の良さだ。

#1~#2に軽量のXガイドを搭載。
軽い穂先がもたらす「高感度」はプロテックの代名詞だ。

「歴代のモデルを振り返ってみても、プロテックはバット部分の細さだったり、特別に細い穂先が搭載されたりと、感度の良さに定評のあるグレ竿です。当然ながら新しいプロテックも感度抜群。小さなアタリをいち早く取れるから、グレが横方向へしか動かない状況でも先手を取って掛け合わせができる。大会開催地では、このようなケースが多々あります」

高感度ソリッド穂先タフテック∞(インフィニティ)と軽量のXガイドの組み合わせが、横方向へしか動かないグレのアタリを瞬時に察知。
レスポンスの速い掛け合わせを可能にする。

「ハイシーズンの五島列島だと、本流でアタる活性の高いグレは走って反転するのを待ってアワせれば良いのですが、厳寒期の下五島・椛島あたりだと小さいアタリを取れなければ釣れません。このようなケースをNEWプロテックで攻略したいですね。魚が掛かったではなく、自分で掛けたという感覚が味わえるはずです」

かつてない高感度。
コアブランクスがNEWプロテックを比類なきフィネスロッドへと昇華させた。

NEWプロテックの感度の良さはバット部分の細さもさることながら、軽量なXガイドの恩恵が大きい。軽くなってブレない穂先が竿の印象を大きく変えるのだ。
「Xガイドが2番まで入っているからブレの収まりが速いですね。ブレは糸ガラミの原因にもなるのですが、ブレなければ穂先に気を遣う必要がない。つまりストレスフリーということです。先に指摘したバランスの良さもあって、1日中竿を振った場合の疲労度が全然違いますよ。Xガイドの良さは搭載された竿を手に取ってもらえるとすぐにわかると思います」

NEWプロテックにマッチする道糸は、
海面近くを漂う比重1.14のサスペンド設定で2mごとに0.5mの黒のマーキングが施された赤い道糸、リミテッドプロ ハイパーリペル α ナイロン ZEROサスペンド
只松さんは1.7号をチョイスした。

NEWプロテックの操作性

只松さんの動作を見ると、仕掛けの投入や道糸を打ち返すラインメンディング、仕掛けをそっと抜くような動作も実に軽快。意のままに操れるロッドは、穂先を立ててアタリを待つことだって苦にならない。操作性向上の点ではXシート(パームフィットシートCI4+Ⅱ)も一役買っている。

ISO LIMITEDでも好評のXシート(パームフィットシートCI4+Ⅱ)搭載。
BB-X テクニウムC3000DXGとの組み合わせが只松さんのお気に入りだ。

無意識に竿を握っているときも、バランスの良さの恩恵は大きい。ツケエを付けるときも、先打ちのマキエを打つときも、NEWプロテックは手の中に自然に収まり、存在感さえ主張しないだろう。

手前の流れを避けるために道糸を持ち上げる。
何気ない動作だが、グレ釣り師は1日中このようなロッドワークを絶え間なく行っている。

しかし、いざ魚がかかると「胴に乗る竿」として鮮烈な個性をあらわにするNEWプロテック。只松さんの言葉を借りると「バットの張りが優しい」ロッドという性格が見えてくるのだ。

投入時もXガイド搭載の穂先はブレを最小限に留め、軽快なフィーリングを味わえる。NEWプロテックは細身だが、ウキの重さをバットに乗せる感じで投げると良い。

上げ潮に期待して上礁した頭ヶ島の正月カブセだったが、グレの気配すら感じられずに午前中の釣りを終了。もしかしたら長丁場になるかもしれないが、手にする竿はNEWプロテックだけに、最後まで集中力を保てるだろう。

NEWプロテックを曲げる歓び

宮ノ浦を代表する名礁・尾上島の平瀬に瀬替わりし、高島方面に向けて流れる下げ潮を狙って釣りを開始すると、1投目で25cmほどのグレがヒット。小型だがうれしい釣果だ。しかし潮が激流に急変すると、イサキの連発がサイズアップを妨げた。
そこで釣り座を東側へ変更。沖からの緩い当て潮にノーガンの仕掛けをなじませると、ウキが加速しながら海中に引き込まれた。使用したウキはコアゼロピット DVC TYPE-Dの00で、仕掛けがなじむと沈むようにDVCを調整するのが只松流だ。

コアゼロピット DVC TYPE-Dにどっしりした低重心の遠投タイプが登場。
胴に乗せて投げることができるNEWプロテックとの相性は良い。

竿の弾力を利用した巧みなロッドワークにより、危なげなくタモに導いたのは35cmのグレで、只松さんに納得の表情が浮かぶ。

良型のアタリを捉え即座に胴まで乗ってくるNEWプロテック

スパイラルXコアによってネジリ強度が高められたことで、
ロッドの切り返しを積極的に行うやり取りが愉しい。

只松さんに笑顔をもたらした35cmのグレは緩やかな当て潮の中でヒット。
喰ってきたタナは2ヒロほどだった。

「グレを掛けるとバット部分まできれいに入ってくれますね。NEWパラボラチューンR搭載なのでスムーズに曲がるのは当然ですが、グレに突っ込まれた時の胴の入りがすごく早い。高弾性のロッドの場合はハリスを瀬に触れさせると切れられてしまうリスクが高いけど、プロテックなら良型がヒットしても大丈夫でしょう。これは冬の口太狙いに最適です」

軽量なXガイド
(糸抜けの良い傾斜トップ:チタン、#1フリー・#2:CI4+、トップ:SiCリング)、
新開発Xリング高靭性セラミック薄型リング(#1フリー、#2)、
一般的なソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現したタフテック∞を搭載(当社比)。

グレさえいればこっちのもので、
夕まづめのチャンスに只松さんの釣技がさえる。

尾長を相手にするときは高弾性のロッドを駆使して、1mmたりとも糸を出さない只松さんだが、口太が相手のときはレバーブレーキを活用して、魚の頭がこちらを向く瞬間を待つ。口太とのファイトを愉しむことができるロッドがNEWプロテックということだ。

軽く指を掛けただけでロッドを保持。
NEWプロテックのバランスの良さが如何なく発揮される。

NEWプロテックはスパイラルXコアによってネジリ強度がアップしているので、口太との勝負が愉しいですね。グレの進行方向を誘導するやり取りで、竿を切り返したときに感じていた、竿のネジレを乗り越えるような違和感がありません。当然、掛かっている魚にも違和感を与えません」
スパイラルXコア、NEWパラボラチューンR、Xガイドから構成されるコアブランクスが搭載されたことで、感度、操作性、きれいな曲がりと曲げる愉しさを飛躍的に向上させたNEWプロテック。このロッドを駆使して、イメージ通りにグレをキャッチできれば、きっと素晴らしい充実感を味わえるはずだ。

使用した仕掛けはガン玉なしの半遊動。
ウキはコアゼロピット DVC TYPE-Dで、仕掛けがなじむと沈むよう00号のDVCを調整した。

9度の角度で振り抜きがスムーズ。
ファイアブラッド コンペエディション遠投ヒシャクもストレスフリーの釣りをサポートする。

「5.3mの竿を5mのように感じながら釣っていました。あまりにもストレスフリーだから」
NEWプロテックの高い操作性は、百戦錬磨のグレ釣り名手を勘違いさせるほどだ。

「5.3mあっても5mの長さにしか感じません」と
NEWプロテックの使用感を締めくくってくれた只松さん。