COLUMN

イソリミテッド

一瞬のチャンスを見逃さない!
只松雄司、NEWイソリミテッドで尾長と勝負

ロクマルの尾長を求めて渡った鹿児島県下甑島の手打の磯。上の村瀬で60cmのヒブダイを仕留めイソリミテッド ボトルジャックの圧倒的なパワーを実感した只松さん。運良く手打の名礁早崎のハナレへ瀬替わりしたものの思わぬ邪魔が入り尾長との真っ向勝負を阻まれる。だが、どんな不利な状況であっても、諦めなければワンチャンスは訪れる。

名礁早崎のハナレ

早崎のハナレは下甑島手打エリアの中でも誰もが憧れるA級磯である。過去には、沖側と水道側の2つの潮がぶつかる北向きのポイントで70cmの尾長が上がっている。
潮がどう流れるかはその時になってみなければ分からないが、本命の下げになる前に瀬の特徴を掴んでおきたい。只松さんは、キワに潜む尾長を誘い出すべくマキエを入れて魚の反応を探るが、エサトリの姿すら見えない。そこで仕掛けを潮に乗せて流していく。

名礁早崎のハナレは夢のナナマルの尾長が出たこともある。
只松さんは慎重にマキエを打ち込み、
どこから出てくるか分からない尾長に気が抜けない。

するとグルクンや口太がアタってくる。何投かしていると大きな沈み瀬があることがわかってきた。

スムーズに魚の引きに追随するイソリミテッドは魚の浮き上がりが速いだけでなく、
魚の体力消耗も早く、常に釣り人が主導権を握ったやり取りが可能。

小気味良い引きの正体はグルクンだった。
脂が乗っていて食味は申し分なく持ち帰ると歓ばれるお土産だという。

問題は、下げ潮になればその沈み瀬の上を流していくことになる点だ。

潮がわりを狙い撃つ

下げ潮が沖へ沖へと流れはじめ、いよいよ尾長との一騎打ちの瞬間が訪れる。仕掛けを20m先へ投入して南から北へ流れる潮に乗せる。そして沈み瀬の上にウキが差し掛かると一気に消し込み手元を弾くアタリが只松さんを襲う。
只松さんは幸先よく良型をとらえ、さらなるサイズアップを目指す。手打に来たからからにはロクマルに迫る良型をなんとか仕留めたい。只松さんは手返しよく、南国の青い海に振り込んでいく。

イソリミテッド ボトルジャックは上物のターゲットの中でも
最もパワフルな巨大尾長や超大型マダイを獲るための竿なのだ。

だが、さあこれからという時、無情にも海に異変が起こる。それはエサトリが湧くといったどうにか対処できる状況ではなかった。次に尾長がヒットし、竿に乗った感覚が伝わった瞬間ラインが切られてしまう。わずか1秒もやり取りすらさせてもらえない。回収した仕掛けをチェックすると3m以上も道糸がザラザラになっている。不思議に思い瀬の周りを見渡すと、何頭ものサメが回遊していた。沖にはキハダマグロの背ビレが浮上し足元に目をやると腹を空かせたサメが、掛けて取り込もうとしているグレを追いかける。尾長が釣れる良い潮ではあったが招かざる珍魚の猛威になす術もない。

一進一退の攻防

ここで自らの釣りを見直す只松さん。グレが喰った後、ロッドを立てると魚は真下の沈み瀬へ逃げ込もうとする。ならば、アワセから竿を横に倒して一気にゴリ巻きすれば獲れるのではないか。そのわずかな可能性に賭ける。

自然相手の磯釣りでは過去の成功体験や自分の持つ固有の癖をかなぐり捨て、
自らの釣りを見直す謙虚さが必要となる。

スパイラルXコアにより高強度化されたイソリミテッドの真価を発揮するチャンスである。イソリミテッドはどの方向に曲がったとしても高弾性カーボンが魚の走りを止め、BB-Xテクニウムが誇るHAGANEの強靭なギアと堅牢なボディでこの難局でも優位に立つことができるはずだ。下げの潮が潮目を形成している間になんとか尾長を仕留めておきたい。
待ちに待った尾長との一騎打ちだが、サメが尾長の味方をする状況下、勝負は先手先手に展開していく道しかないだろう。

パワー勝負になるとシチュエーションは選べない。
アワセは竿を横に倒して引き、根に入られないようゴリゴリ巻く。

只松さんは潮位が下げていくと足元にあった岩肌が出現したため、バッカンを移動させた。釣り座から近い沈み瀬の側面に仕掛けを流す。潮が走っていた時には大きな沈み瀬を斜めに横切るように流れていた仕掛けは潮が緩んでくると沈み瀬のキワを横移動するようになった。つまり、10mほど手前を釣ることになるのだ。それだけやり取りの時間は短くなるのでサメに襲われる危険性は減る。だが一方ではオーバーハングが近くなった分、尾長にとってはこれまで以上にアドバンテージを与えることになる。とはいえ、只松さんは60cmのヒブダイを2秒程度で浮かせるイソリミテッドのパワーを念頭に、あえて尾長と接近戦での勝負に挑むことを選んだ。

一瞬の勝負に賭ける

磯から一段降りて、ポイントに接近。
だがその分勝負は一瞬になる。
イソリミテッドは本流釣りだけでなく接近戦にも強いのだ。

マキエを先打ちし、仕掛けを入れ、口太グレの下層から尾長が突き上げてくるようさらにマキエを追い打ちする。時折吹く北風が熱くなった釣り人に清涼感をもたらし集中力を繋いでくれる。ラインスプールに指をかけて張り気味に仕掛けを流していく。勝負は一瞬。只松さんが握るXシートは手のひらで包み込める形状で接触面積が大きく、フッキングやファイト時にロッドのパワーロスを少なくする。力対力になる相手にも主導権を握ったやり取りが可能だ。
「さあ、こい」
その願いが通じたか、ウキが消しこみ明らかに尾長の突っ込みだとわかるアタリに真横にロッドを振り切りアワセを入れ、次の瞬間竿を縦に振り上げ一気に浮かせていく。サメすら寄せ付けないほどの気迫で尾長を浮かせタモに収めた。

沈み瀬から尾長を引き離し、50cmクラスの尾長でも一気に浮かせるパワーを持つ。
イソリミテッド ボトルジャックは磯釣り師の金棒である。

もっと大きな魚信はあったので、その尾長が獲れていればという気持ちもあった。しかし、超接近戦で本命を仕留めることができた達成感が上回る。イソリミテッドの底知れぬ潜在力は難攻不落の磯でこそ発揮される。

「想定外の状況でしたが、攻め続けていれば活路が開けました。
イソリミテッドは磯釣りのあらゆるシチュエーションに最大限威力を発揮してくれます」