COLUMN

イソリミテッド

下甑島のロクマルと真剣勝負!
只松雄司、NEWイソリミテッドで尾長に挑戦

鹿児島県薩摩川内市下甑島では4月1日に西磯の磯釣りが解禁となり10月いっぱいまで愉しめる。例年、とりわけ5月は磯釣り師の期待が高まる。なぜならその時期は幾度も60cmオーバーの尾長が上がっており、しかも夜釣りではなく日中に仕留められているのだ。只松雄司さんは夢のロクマルを求め下甑島へ向かった。

手打の尾長の釣り方

下甑島は白亜紀の地層から恐竜の化石が発見されたことでも有名。
もちろん磯釣り師にとっては尾長の聖地である。

尾長と聞いてまず思い浮かべるのは本流釣りだ。潮切れの良い磯から仕掛けを投入して大きな潮目の中を流してはるか沖で喰わせる。爆発的な速さで磯のオーバーハングへ逃げ込もうとする尾長を仕留めるダイナミックな釣り。そして、もう一つはキワ釣り。足元の瀬キワにあるオーバーハングに潜む尾長を軽いマキエで誘い出し掛ける繊細かつパワフルな釣り。ただ周知のように、尾長の歯は鋭く一瞬でハリスを切ってしまうほど。さらにエサをくわえオーバーハングへ突っ込むパワーで道糸が高切れすることもある。いずれの釣り方にせよ、急進する尾長の走りを止めるロッドパワーと高速レスポンスのリール性能なくして、そう簡単な相手ではない。

シマノ磯上物竿の最高峰イソリミテッド ボトルジャック。
ロクマルの尾長にもタメで耐えきるパワーはスパイラルXコアの真骨頂。

BB-Xテクニウムは最大ブレーキ力、最大ドラグ力ともに10kg。
最大巻上長98cm/ハンドル1回転。
ガチンコ勝負でも優位性を誇る。

キワ釣りに挑む

只松さんが上がったのは上の村瀬。ロッドゲースから取り出したのはイソリミテッド ボトルジャック。リールはBB-Xテクニウム 2500DXG S LEFTに夢屋15 BB-XファイアブラッドC4000Dのスプールをセット。3号の道糸が200m巻け、本流釣りも視野に入れたセッティングである。
だがこの瀬は本島向きが本命ポイントで、キワ釣りに実績がある。そこで半遊動仕掛けで水道へ引かれる潮を計算しながらキワを流すことに。潮に押されて瀬に当ててきたり、キワから離れてしまったりとなかなか仕掛けは安定しない。
マキエが効きいてくると小さなグレの影がチラチラと見えだした。
人影が海面に映らないよう身を潜めながらラインを張ったり緩めたりと細かいラインメンディングを行う。Xガイドはブレの収束が速くロッド操作時から次の動作へ移行する際にアタリがあっても即座に対応できる。

釣り人の姿は魚を警戒させるため
キワ釣りでは水面に体が映らないよう一歩引いた位置に立つ。

そして尾長との勝負において気になるのはなんといってもロッドパワーだ。
只松さんが手にしているイソリミテッド ボトルジャックは、
「ブランクスの1番2番の曲り込みは1.5号クラスのスムーズさを感じさせ、3番まで曲がると2号以上の反発力がある」
と絶大の信頼を寄せる。これは、まさにコアブランクスの核心をつく。

ウキの浮力をなくして喰い込みを良くする。
尾長に飲まれないようにするため、
魚がエサを喰って反転する時抵抗となるよう半遊動仕掛けで挑んだ。

柔よく剛を制す

尾長を首尾よく仕留めるには、アタリがあればハリが尾長の唇を刺すよう反射的にアワセることが第一。そして魚のパワーにはロッドのパワーを以って制するのが尾長を獲る最善策だ。
ただし、硬いだけのロッドではラインブレイクを招いてしまう。
その点、イソリミテッドは尾長を掛けた瞬間、魚の突進力を吸収しながらパラボラチューンRにより大きくスムーズに曲がり込む。そこからスパイラルXコアによりロッドの3番~5番の生む大きな反発力が尾長を捕え浮かせるのだ。

魚の力強い走りを竿全体が大きく曲がる。
まるでワンピースロッドのようなスムーズさで追従。
リフトする際も竿の曲がりで魚を怒らせない。

過去に何度もデカ尾長を仕留めてきた磯釣りの名手只松さんは、
「特に尾長と対峙する場合、磯キワでのやり取りでラインを出してしまえば沈み瀬やオーバーハングに魚が逃げ込む暇を与えてしまう。だからラインを1mmも出さずにタメて浮かせることが必要なんです」
と、強気のやり取りを提唱する。
一筋縄ではいかないに魚に挑む釣り人に、コアブランクスは大きなアドバンテージをもたらす。

強い相手であればあるほどスパラルXコアの反発力は増す。
ブダイの中でも最強クラスと言われるヒブダイにもビクともしなかった。

パワーの証明

日が昇るにつれ本島の影になっていた釣り座に光が当たる。朝まづめを迎え口太が当たってくるが思ったよりサイズが小さい。これは魚の活性が低いのかタナが合っていないのか、只松さんはタナをマメに調整する。
水温が例年より低いことも影響しているのかもしれない。魚が上下運動ではなく水平移動しながらエサを捕食しているとするならば、正確なタナでなければ喰わせることができない。あとは狙いのタナでマキエとツケエを同調させつつ潮変わりのタイミングまで待つしかない。下げ潮に変わると引かれ潮がある一定方向の潮目に吸い込まれる。そこでその手前は引かれ潮の影響を受けない。つまり足元から1m以内は仕掛けが安定する状況となった。
すると、ウキが視界から消え只松さんは瞬時に竿を起こす。
岩に身を隠していたため身をかがめたまま竿が胴まで締め込まれグーッと足元深く強烈な突っ込みが襲う。
これに耐え、そこから瀬の前方へと出ると
「おっ、もうここまでか」
もうここまでかとはオーバーハングへ突っ込む魚のパワーのことだった。
「まったくラインを出さなかった」というより魚の先手を受け止め封じ込めたと言った方が良いかもしれない。
2秒いや1.5秒タメていただけだったが魚が観念して浮いてきた。

「はじめ尾長かと思ったよ」と照れ笑いの只松さん。
それにしてもタメているだけで魚が浮いてくるボトルジャックのパワー。

上がってきたのは良型のヒブダイではあった。只松さんが初めは尾長かと思ったほどパワフルな引きでボトルジャックのパワーの証明には遜色ない相手だといえよう。次こそは、本命の尾長と勝負だ。

ロクマルの尾長でもボトルジャックなら獲れる。
そう確信した只松さんは自信を持って勝負に出る。