COLUMN

イソリミテッド

磯釣りロッド最高レベルのパワーと軽さを実現!
只松雄司、NEWイソリミテッド2-530でデカマダイを追撃

対馬釣行2日目はマダイに照準を合わせたタックルを組む。マダイと言っても回遊している個体は80cmを超える巨大なマダイだ。しかも磯を案内する船長によれば瀬のキワに姿を現し釣り人御構いなしにダイブしながらエサを捕食しているという。磯のロマンに賭ける只松さんは満を持してNEWイソリミテッド2-530ボトルジャックをロッドケースから取り出した。

●釣行1日目はこちら
想定外の展開をフィネスに攻略
只松雄司、NEWプロテックで寒グレに挑む

相手を選ばない最強ロッド ボトルジャック

手にしたロッドにどれだけのパワーがあろうとも魚とのやり取りは釣り人の経験値や知恵がなくてはならない。キワで喰ってくるマダイはどんなアタリなのか。掛けた後のやり取りはどうするものなのかをあらかじめ毎日海に出ている船長に尋ねた。するとどうやら前日に重たい引きをする魚がいたことが判明する。その魚は沖へ走るわけでもなく磯をとても重たく横に移動するだけだった。まさかマダイとは思わず、すっぽ抜けてしまったのだ。速い潮の中で喰わせるなら魚がエサをくわえて反転するからアワセやすいが、キワで掛けるとなると掛けアワセが必要となるようだ。

対馬市内院の磯では90㎝を超えるマダイが釣れると聞いて只松さんもマダイ狙いに秘密兵器を取り出した。
その名はNEWイソリミテッド2-530ボトルジャック。

初手から優位な展開の高反発力ロッド

NEWイソリミテッドにはスパイラルXコアが採用されロッドのあらゆる方向への曲がりに対してもパワーを伝達し反発力で魚の動きを制動する。デカマダイがキワで喰ってきてもやり取りの初手、つまりアワせた瞬間から魚をキワから引き離すことができる。重たい横走りであっても竿は追随して体力を使わせる。有り余る力で走られてもBB-Xレマーレ5000D HGならその疾走を食い止めるパワーを持っている。大事なことは、これから起こるアタリは全てマダイだと思うくらい集中することだ。

パワーロッドに見合うリールは力と速さで獲物を圧倒するBB-Xレマーレ5000D HG。
HAGANEギアを内蔵したHAGANEボディ。このリールが繰り出す攻撃力は最大ドラグ力、最大ブレーキ力ともに11㎏と破格。

磯際で喰ってくるデカマダイを狙う。
NEWイソリミテッド2-530ボトルジャックは超大型のマダイ、巨大尾長、青物だけでなく
底物に急襲されても受けて立つパワーを持っている。

只松さんは瀬のキワから30cm以内の範囲に仕掛けを沈めていく。三角という瀬は足元でも18mの水深がある。
いつアタリがきてもいいようにラインを手に持ちエサをアピールさせる。
一気に持って行かれた瞬間、大きく竿を横倒しでアワセたが、口太グレだ。良型だったがボトルジャックの相手ではなかった。

キワでアタったらすぐさま引き離しにかかる。
スパイラルXコアによって磨き上げられた強靭なブランクスとマッスルカーボンに委ねられる。

魚がキワから離れてしまえば、釣り人の主導権は揺るぎないものとなる。
パラボラチューンにより魚の引きに追随し素早く浮かせに掛かる。

口太グレであれば手ごわい相手ではない。
NEWイソリミテッド2-530ボトルジャックの本命はモンスター級のデカマダイ。

シマノのこだわりを凝縮したコアブランクスにより飛躍的進化を遂げたNEWイソリミテッドは、
魚を掛けた時の安定感やスムーズな曲がりによる粘りと操作性が格段に向上。
磯釣りロッド最高レベルの強さと軽さを実現。

潮が走り出した

瀬際を丹念に探っていたが、潮が動き始める。10m沖にできた淀みが狙い目のはずだ。この潮にマダイは潜んでいるはずと只松さんは仕掛けを沖へ流す。全遊動仕掛けで表層から中層へまで入れ込んでいくものの、やはりアタってくるのはグレだった。諦めずに得意の本流釣りのポイントへと移動し仕掛けを替えた。半遊動仕掛けで潮の流れで仕掛けを沖まで流していく。キワ狙いであっても本流釣りであってもロッドの先端のXガイドからスムーズにラインが出てピンポイントに攻めていける。風向きが不利な場面でも穂先がブレずに釣り人をサポートしてくれるから、その時がくることを予感させる。

潮が走り出すと本流の中にいるマダイを狙うべく仕掛けを投入する。

送り込むラインの先に

仕掛けを潮上からなじませて潮の勢いに乗ったらリールスプールを指で抑える。ラインの張り具合を感じながら張り過ぎず緩め過ぎずタナをキープしながら送り込む。何度か流していると100m先に潮が緩むポイントがあることが分かった。そこにマダイや尾長がいるのではないか。潮スジから外れないようにロッドでラインをコントロールする。

100m沖で喰ってきた良型の口太グレは大きく竿を曲げてくれたが
残念ながら本命のマダイは姿を現さず時間だけが過ぎていく。

「グレの数が多くなり過ぎてマダイのいるところまでエサが持たない」
デカマダイへの挑戦は敢え無くタイムアップとなった。

だがついに納竿の時間。やれることは全てやった。残念ながら本命のデカマダイは現れてくれなかった。
「巨大な魚と対峙する時のワクワク感は普段の磯釣りとは違うものですね。結果は出なかった分、次こそはという気持ちが高まるね」
NEWイソリミテッド2-530ボトルジャックのパワーが発揮できる魚を求めて只松さんの挑戦は続く。

夢を見させてくれた対馬の磯に感謝。
只松さんはボトルジャックで夏の尾長や秋の青物にチャレンジしたいと思いを馳せるのであった。