COLUMN

ベイシスBG・BB-Xレマーレ

"磯のスプリンター"ヒラマサとの強烈ファイト!
只松雄司、パワータックルで挑む"磯ビッグゲーム"

対馬暖流の恩恵を受ける対馬内院の磯はヒラマサ、カツオなどの回遊魚からイシダイやアラなどの底物まで多彩なゲストが出迎えてくれる。未開の磯も多く点在し、釣りを存分に愉しめるのも離島の磯の魅力だ。潮止まりを迎え只松さんのビッグゲームは後半戦へと続く。

●前回記事はこちら
こころ躍る糸鳴りがガチンコ勝負の合図!
只松雄司、パワータックルで挑む"磯ビッグゲーム"

長崎県対馬市内院の「星岩」はA級ポイント。
取り巻く潮の流れは速くキレが良い。
ヒラマサの回遊に当たればビッグゲームに挑むことができる。

時の流れは止まらない。しかし、時間は限られている

只松さんが磯釣りで大事にしていることは、一言で言うと愉しみ尽くすこと。せっかく離島まで来たのだったらターゲットを限定せずにもっと自然と戯れていいはず。沖磯に渡ると天気や潮が刻一刻と変化して、大自然の移り変わりを目の当たりにすることができる。たった今ヒラマサを仕留めたばかりだというのに、次はロッドケースに忍ばせておいたボーダレスを取り出した。いつもはナブラに備えてメタルジグをセットしておくのだが、今回は一つテンヤで根魚を狙うという。潮が止まった時間帯はヒラマサよりアカハタ。これが只松流の磯の愉しみ方だ。

ボーダレス285H4-Tに持ち替え、
下げ潮が動き始めるまでお土産釣りにいそしむ只松さん。

必要なのは自由な選択肢

只松さんがセッティングしているボーダレス285H4-Tは仕舞寸法117.5cmと磯釣りのロッドケースに収まる長さ。ジグウェイトは56gでショアジギングロッドとして最適な一本だ。その他にもシチュエーションに合わせたラインナップが展開されているのもボーダレスシリーズの懐の深さ。
只松さんは20~30mほどキャストする。真っ先に反応があったのは手のひら大のアラカブ。着底と同時に反射的にヒットしたようだ。

キャストしてすぐにヒットしてきた。
アラカブは味噌汁の具材にもってこいだ。

その後、着底させたテンヤで底をコツコツと叩くように誘いをかけていると、ガツン、ガツンと竿をひったくるアタリ。一気に引き抜くと40cmほどのアカハタだ。またもや嬉しいお土産が追加された。

強いアタリ方をした時はアカハタのことが多い。
スキを与えずに一気に抜き上げるのがコツ。

下げ潮が動き始めるまでのわずかな時間も愉しむ。
それが只松流だ。
根魚の活性が上がったならばヒラマサもやってくるに違いない。

底潮が動くと上げ潮の始まり

「根魚といえども潮が動かない時は喰い気がありません。アカハタが喰ってきたということは、底潮が動き始めたということです」
なるほど、再び潮が動き始めるタイミングを根魚の活性で推し量っていたのか。

本流が走り始めるまではエサトリの猛攻撃をかわすことは難しい。

釣座に戻ると潮の流れる向きが先程とは逆方向へと変わりつつあり、沖で潮目がぶつかり合う。だが、引かれ潮から外れるとヒラマサバリ12号であるにもかかわらず小グレが喰ってくる有様。焦る必要はない、本潮が走り出すとポイントは絞り込まれるはずだ。

ウキに異変。
喰ってくるヒラマサはどんなビッグワンなのか緊張が走る。

バッカンの中で解凍したオキアミボイルは手で水分を絞って使う。そうすると軽くなり表層を漂い拡散していくので、回遊しているヒラマサへの有効な誘いとなる。エサの撒き方ひとつでヒラマサとの遭遇率が上がるのだ。

マキエの効果が拡散するように水分を搾る。

さあ、闘いの準備は整った。ベイシスBGを勢いよく振り抜き、仕掛けを流し始める。

ダブルナットスクリューはリールの固定強化と安定をもたらす。

ビッグゲームを制する

大海を縦横無尽に泳ぐヒラマサが近づいてくる気配を感じたのだろうか。
潮の流れが速くなってくると、あれだけいたエサトリが姿を消した。

下げ潮が走り始めた。
潮目がくっきりと形成されるとエサトリはいなくなる。

「仕掛けを流しているとカーブを描くところがあるんだよね。おそらくあそこが喰ってくるポイントだと思うよ」
ロックフィッシュゲームでリラックスしていたはずの只松さんの顔が緊張した面持ちとなる。仕掛けが深く入りすぎないようにラインは張り気味にリールから少しずつ出していく。ラインはBB-X ハイパーリペルα ナイロン フロート。1.01の比重なので激流の中で揉まれていても流芯から外れないようラインメンディングがしやすい。
送り込んでいたウキが60m沖へと差し掛かった時、ウキのトップが少し押さえ込まれたかに見えた。
「あれは前アタリっぽいな」
NEW BB-Xレマーレのベールを倒し、そのわずか1秒後。はっきりと水面にほとばしる水飛沫が見えた。
再び、強烈なアタリ。釣り人の手に激震が走る。
「よしっヒラマサだ」
糸鳴りが響き、ビッグゲームは佳境に突入する。リールのハンドルを力強くゴリ巻き。ジリジリとヒラマサとの距離を詰めていく。

いくらゴリ巻きでヒラマサを引き寄せてきても瀬際の攻防は油断できない。

当然、磯のスプリンターは釣り人を揺さぶるように左に右に方向転換しながら抵抗するがネジレ、つぶれ強度が向上したスパイラルXコアを軸とするベイシスBGの前ではなす術がない。

最後まで抵抗して力の限り釣り人を翻弄する。

ベイシスBGBB-Xレマーレのパワーを実感した只松さんは、春の1m超級のデカマサとのビッグファイトに思いを馳せるのであった。

60cmのタモ枠でランディング。

磯からの青物狙いはスリリングで興奮しました。

春のデカマサにもベイシスBGBB-Xレマーレで挑みたい。