COLUMN

ベイシスBG・BB-Xレマーレ

こころ躍る糸鳴りがガチンコ勝負の合図!
只松雄司、パワータックルで挑む"磯ビッグゲーム"

磯でフカセ釣りをしていてこんな場面に遭遇した経験はないだろうか。突然、何の前触れもなく、ヒラマサやカツオといった回遊魚がベイトを追いかけてきて至近距離で水飛沫を上げる。そう、ナブラだ。わずかの時間、静寂を打ち破る生命力のざわめきに心を奪われてしまう。だが見方を変えると、磯から狙える距離にビッグゲームのチャンスがあるということだ。夏からヒラマサのヒットが続いているという情報を知ると只松さんはいてもたってもいられず、長崎県対馬市内院の磯へ渡った。

磯のスプリンターヒラマサ

ヒラマサのような回遊魚を仕留められるかどうかは、運に大きく左右される。いくら潮が良くても、その瀬から狙える距離まで近づいてこなければ万事休すだ。
地元船長曰く「お盆過ぎにトビウオが大量に発生して、それを追うヒラマサの数釣りができていました。その後キビナゴを捕食するようになり少し落ち着いてきた感じはします」
という状況だったが、一か八か、賭けてみることにした。只松さんはウキフカセ釣りで磯のスプリンターに勝負を挑む。ヒラマサは、言わずと知れた高い遊泳力と豪快なファイトで、磯のスプリンターの異名を持つ。ヒットするや否や、直線的かつ鮮烈な走りでパワフルに障害物に突進する一筋縄ではいかないターゲットだ。パワータックルでその疾走を止めにかかるか、フッキングしたあと、ラインをフリーにして数十メートル泳がせてからやり取りを開始するか、アタリの瞬間に即断しなければならない。ヒラマサ相手に、迷いは禁物なのである。

ビッグゲームを制するタックル

仮に運が味方してくれた時、ガチンコ勝負になることは容易に想像され、しかも想定外の獲物が喰ってきたらなどと心配している余地はない。チャレンジャーには度胸と信頼できるタックルが必要だ。とにかく、魚が掛かったら全力で勝負に挑むのみだ。
只松さんが持ち込んだタックルはNEWベイシスBG 4-500にNEW BB-Xレマーレ8000D。仕掛けは、道糸8号、ハリス12号、ヒラマサバリ12号。

ベイシスBG4-500は魚種不問、強い魚と向き合うビッグゲーム専用ロッドだ。
只松さんは1m級のヒラマサまでを想定内にこのロッドを選択した。

BB-Xレマーレ8000D。
深い漆黒に紅蓮の炎を射したボディはモンスターハンティングにふさわしいアグレッシブなデザイン。
最大ドラグ力、最大ブレーキ力ともに11kgは破格のパワーを持つ。

BB-Xハイパーリペルα ナイロン フロート
視認性に優れたスーパーホワイトカラーで、潮筋を外さないラインメンディングがやりやすい。

スクリューシートはシマノオリジナル。
手の形に合わせたボディ形状で、リールをがっちり固定できるメタルフード。安定感抜群。

竿尻は着脱式のファイティングボトムで体に接触する面積が大きく腰ダメ時の負担を軽減する。

「このタックルなら、1mクラスのヒラマサまで獲れるパワーがあると思うよ」
ヒットしてくるヒラマサの大きさなどあらかじめ分かっている訳ではない。だが、この強気のタックルが強運を呼び寄せる布陣となる。上がった瀬は星岩と名付けられた独立礁。360度全方位で釣りができるA級磯だ。潮の色は深いブルーでいかにも魚影が濃いことがわかる。
午前6時、上げの8分目からビッグゲームを開始した。

どの潮目が有効なのかよく見極めてからキャストする。

潮目の奥か手前か、手探りが続く

足元から20m先の潮目が斜め45度沖へと走り始めている。この本命の流れは100m先まで仕掛けを運んでくれるが、仕掛けの投入点がその潮目を外れるとすぐに失速し流芯から外れてしまう。

チューブラー穂先に装着されたチタンフレームSiC IMガイドはラインの絡みもなく強靭。
大物にも安心して対峙できる。

この潮の流芯に狙いを定めて仕掛けを投入し、ヒラマサをおびき寄せるオキアミボイルをたっぷり撒く。マキエの投入点も見誤らず沖まで届かせることが肝要だ。遠方からでもはっきりと見える大きなウキと8号道糸が150m巻けるNEW BB-Xレマーレ8000Dで、まずはヒラマサのいる潮を探るべく投入を繰り返す。

ラインメンディングに加えてラインの送り込みは複雑で速い潮に取られないための動作となる。

ひと流しは100mまで。釣座から斜め沖へ流れていた潮が、次第に沖の横一文字へと潮目が変化した。その潮は、80m先で勢いが緩んでしまうポイントがある。
「あの辺りはエサが溜まりやすそうだね」
手掛かりの一つが現れたが、その後なかなか決定打となるヒントが見つからない。ヒラマサは一体、どこにいるのか?

こころ躍る糸鳴り

ウキ止めを付けない全遊動仕掛けは、もしかするとヒラマサのタナと合っていない可能性があるのではないかと一抹の不安が頭を過ぎる。80m先で仕掛けがどう流れているかなどというイメージはなかなか湧きづらいが
「ナブラが起こるようなら、ハリのチモトに浮力のあるシモリ玉を付けてハリスを浮かせて表層近くを釣るのも手だけどな」と仕掛けの手直し案が浮上した。
その時、オープンベイルにしていた手元からスーパーホワイトカラーのラインがバァーっと一気に弾けて加速した。
とっさにベイルを戻し、竿を立てる。
「うぅぅ。これは来たよ、本命」

80m沖でヒットしたのは本命なのか。

只松さんの顔が高揚し緊張感がみなぎる。
ガツンと80m沖のヒラマサとベイシスBGがラインで繋がった瞬間、有無を言わせずHAGANEギアで強化されたNEW BB-Xレマーレをゴリゴリと巻く。反転する余裕を与えず勝負に出ると判断を下したのだ。大きく体全体で竿を振り上げポンピングとゴリ巻きで、間断なく魚を寄せる。

曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して
さらなる高強度化を実現したスパイラルXコアがこのベイシスBGの核心部分となる。

竿の継ぎ目がよりスムーズに曲がるように剛性の重なりを調整したパラボラチューンRが見事な竿の曲線を描いている。

BB-Xレマーレ8000Dに搭載されたHAGANEギアは
ゴリ巻きでも疾走するヒラマサを喰い止める。

ヒラマサが見える距離まで来ると残しておいた余力なのか、左右に走り抵抗してタモになかなか入らない。
「おー、なかなかの良型だ」
只松さんも負けじと竿をグーっと倒して残りのラインを巻き取りネットイン。本命のヒラマサを仕留めることに成功。

最後まで抵抗をやめなかったヒラマサ。
ビッグゲームにふさわしいファイトだった。

ヒラマサの強烈な引きは一度経験すると病みつきになる。

この試合を見届けていたかのように、間も無く潮の勢いが止まってしまった。前半戦はあっけなく終了。下げ潮になるとどんなビッグワンが飛び出すか、穏やかな海を遠目に見つめる只松さんであった。