COLUMN

リンカイ アートレータ

すべてを超越するロッドでチヌ釣り師の夢を現実
大知昭、NEWリンカイ アートレータで年無しに挑む

釣り師なら誰もが一度は夢に見る自己記録更新や年無し。トーナメンターなら競技大会でライバルたちに釣り勝つ瞬間がそれにあたるだろう。
もし、自分の釣りを格段に向上させてくれるロッドを手に入れ、その夢が現実のものになるとしたら……。
2019年春、今まで手の届かなかった領域へと誘うシマノチヌロッドの最高峰NEWリンカイ アートレータがいよいよそのベールを脱ぐ。

●前回記事はこちら
優れたアタリ感知力でライバルに勝つ
大知昭、NEWリンカイ アートレータでチヌに迫る

年無しの走りを止めるパワーロッド

瀬替わりした大知さんは06号のロッドに持ち替えて30m沖に浮かぶ筏に狙いを定めた。養殖筏に居着くチヌは自ら追いかけなくてもエサに有りつける。もし仮にチヌが掛かったとしてもそれは筏のすぐそばであり、ロープなどの障害物に巻きついてラインを切って逃げてしまうのは火を見るより明らかだ。
NEWリンカイ アートレータに備わったコアブランクスはいかにして筏の奥底で微動だにしないチヌを引きずり出すのか。筏から30cmほどしか離れていないポイントにマキエを打つ。そしてウキを引っ張っていくライン上にもマキエを打っておく。

06はオールマイティーに使える号数。ロッドに合ったPEラインは、ロッドが1号の時、PEラインは1号。
ロッドが06号の時、PEラインは0.8号。

タフテック∞(インフィニティ)は従来ソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現。
強いタフテックαを凌ぐ高強度ソリッド穂先。穂先で取るアタリも増えた。

できるだけ筏から離れた地点で喰わせたいが、
マキエの効果が届くポイントは筏のすぐ近くだ。

マキエの着水地点とほぼ同じポイントに仕掛けを投入する。
振り切っても穂先がブレないのでタイトに攻めることができる。

寒の時期のチヌは喰わせるだけでもワンチャンス。そして筏に潜むチヌを獲るとなれば、これ以上不利な状況であることは間違いない。
辛抱すること2時間。一瞬風が止み、海の表面が鏡のように静かになったとき、PEラインが動いた。

コアブランクスの一角を成すXガイド。
穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。
細いPEラインを使っても糸ガラミしにくい。

張りすぎると警戒心の強いチヌはエサをくわえたときに違和感を感じるため、
PEラインをある程度自由に漂わせている。

コツンと手に伝わる感覚の後、まるで生きているかのようにPEラインが動き、
エサを捕食していることがわかる。
これがPEラインによるアタリだ。

小声で「アタった」と言うと大知さんは竿を振り上げた。

「今まで沈黙していたのが嘘のようだね」

アワセは決まった。竿全体にのし掛かる底に張り付くような重鈍な重量感。竿をタメているとドラグが鳴り、ラインが出されて竿が前のめりになる。SUTブレーキで一瞬だけラインを出し、竿尻を腹にあて体勢を立て直す。だが再びジージーとラインが出る。

筏へ潜り込もうと抵抗するチヌはラインを引きずり出していく。

じわじわと竿の反発力で走りを食い止め、筏から引きずり出すと今度は沈み瀬へ突進する。ここからは1ミリもラインは出せない。ドラグをキツく締めNEWリンカイ アートレータでガチンコ勝負にでる。徐々にチヌを浮かせながら瀬から引き離していくと大型の全貌が見えてきた。デカいチヌほど怒らせないやり取りをすれば獲れると大知さんはゆっくりと誘導する。

竿尻を腹にあててロッドを固定してパワフルな走りを食い止める。

沈み瀬に突っ込もうとするチヌをゆっくりと引き離していく。
スパイラルXコアにより、曲げ、ネジレ、つぶれ、
あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を実現したNEWリンカイ アートレータ

06号であっても50cmオーバーの走りは止められる。
タモに収まった年無しは体高があり今まで散々釣り人に苦汁を飲ませてきた風格を漂わせていた。
すべてを超越するロッドはチヌ釣り師の夢を現実のものにする。

「やるときゃやるじゃろ」

「06でこのクラスが獲れるんじゃからNEWリンカイ アートレータのパワーとアタリの感度は並大抵じゃないで」

手にする者は、チヌに迫るなる。
それがNEWリンカイ アートレータだ。