COLUMN

リンカイ アートレータ

ハンドウ島の磯へ!
大知昭、PEラインとリンカイ アートレータでチヌやマダイと対決

「最近、マダイの数が増えているみたいだね。もちろんチヌがメインだけどマダイが釣れたらそりゃあ面白いで」
声を弾ませる大知昭さん。昨年、リンカイ アートレータの1号で90㎝オーバーのモンスターマダイを仕留めてからというもの、磯のフカセ釣りでマダイを仕留めることがライフワークとなった。

フカセ釣りでマダイ狙いのタックルと仕掛け

チヌやクロ釣りでは専用のタックルや仕掛けがあるが、磯からマダイ狙いに適した竿は何を選べばよいのか。
「マダイのエサは基本的にはチヌと同じオキアミやネリエサですので、振り込むときに柔らかなツケエが外れにくいチヌ竿を使います。竿の号数は、パワーが強くて沖に走ることもあるマダイに備えて1~1.5号クラスがあれば安心だね」と、リンカイ アートレータの15-530を取り出した。

リンカイ アートレータはコアブランクスならではの張りのある強さと柔軟な調子により、魚を沖で浮かせることができ、手前のシモリや藻の回避率が向上。今回は90㎝オーバーのマダイを想定して15-530を選択。

スパイラルXコアによって高強度化されたリンカイ アートレータなら、全長1mクラスのマダイをも浮かせることができると自信をみせる。メインラインはリミテッドプロ PE G5+ サスペンド1号。まずはシモリ周りを攻めるためハリスはリミテッドプロ マスターフロロ タフマッドの2号を結んだ。
マダイは底べったりで喰ってくるだけではなく、ベイトのイワシを捕食するため浅ダナまで浮いてきている。上から落ちてくるエサが目の前にきたら反射的に喰ってくることもある。だから仕掛けは上から下へゆっくり落としていくと動き回るマダイに喰わせるチャンスを掴める。ウキはLサイズの0シブ。仕掛けがなじんだら、ジワジワとシモるくらいがマダイ釣りにマッチしている。着水してから10秒くらいはウキの姿が見えているからマキエの投入ポイントは分かりやすい。マキエはチヌ狙いの時よりオキアミを増量。集魚材6袋に対してオキアミ9㎏の割合だ。ツケエはネリエサをメインに使うことにした。

ラインは張り気味にして送り込み小さなアタリでもアワセられるように構えた。PEG5+はラインメンディングしやすく感度も良く本流釣りにも適したラインだ。

まずはチヌをゲット

ハンドウ島のハナレの15m沖にある沈み瀬周りを攻めていた大知さんは突如、
「先にチヌを釣ろう」とハリスにガン玉を追加して底狙いに変えた。
8月10日の午前中は下げ潮で潮の流れは緩いままだった。この流れでは沖にマキエが効いていかないのでマダイは寄ってこないのではないかと判断。だが1時間以上マキエを投入したポイントにはマキエが効いているはず。そこでチヌ狙いのためタナを深くした途端アタってきた。何もアタリがないとマダイが近くにいるのか海の活性が低いのか分からなかったが、やっぱりチヌはいた。

シモリ周りを攻めていたが潮が動かないのでマダイ狙いからチヌ狙いに仕掛けを替えたらすぐにヒットした。

チヌはいることは分かった。潮が動いてくればマダイのチャンスに賭ける。

生きた潮を釣る

「どうも上げ潮が本命潮のようだ」
船長に時間延長をお願いして釣り座を移動した。上げに変わるとハンドウ島の突端を沖からの潮がかすめて流れる。その潮には水道側からの潮がぶつかるので、潮の壁と本流釣りとバラエティに富んだ攻め方ができる。予定していた回収時刻ではその本命潮を釣り損ねてしまう。とはいうものの気温は35℃を超え、熱を帯びた磯は40℃以上になっている。しかも風のない一日だった。午前中だけでも釣りがしたいという気持ちが、不思議なことにマダイの姿を見るまで竿を置かないという闘志に変わる。
「結果が出る前に諦めたら何も得られない。きついときほど頑張らなけりゃ」

釣り座を替え、沖の潮目に仕掛けを投入。潮が流れ出したのでそのまま流しつづける。

BB-XテクニウムC3000DXG S RIGHTは最大ブレーキ力、最大ドラグ力ともに10㎏のパワーがある。1m級のマダイが食ってきても取り込める。あとはマダイが喰ってくるだけ。

沈黙の潮止まりから、ようやく上げ潮が動き始めると潮が磯にぶつかる音が次第に大きくなり潮に生命感が湧いてくる。本流はハナレから本島へ向かい、水道から払い出される潮でS字を描きはじめた。大知さんは汗をぬぐいながらS字カーブに仕掛けを流し込んでいく。するとアタリだ。イソペラが水温30℃の中喰ってきた。

PEラインで本流攻略

次第に潮に勢いが出てきた。ここからがチャンスだ。
「よおし、流せるだけ流してみるか」
ハリスをリミテッドプロ マスターフロロ タフマッド1.7号に替えた。そして、仕掛けをS字の沖の潮目に投入し、ラインを送り込んでいく。リールのスプールに指をかけて潮に引っ張られる感覚を確かめながら60m付近まで流すとコツコツと穂先にアタリ。誘ってやると乗ってきたのは中型のチヌだった。
「これだけ流してチヌなのか」
大知さんはマダイの潮ではないことを悟った。

「まったくなんのアタリもない時間が続くと諦めたくなるけど、そこで諦めたら何にもならないんじゃ。これも勉強の一つじゃね」

60m沖でのアタリに一瞬マダイかと思われたが、チヌだった。まだ水温が高すぎるのだろうか。

それにしてもネリエサが60m沖まで持つなんてPEラインでなければありえないことだ。潮目が蛇行しているためラインが取られやすくなるが、細く水キレが良いPEラインはメンディングが簡単にできる。
再びS字カーブを描く潮目に仕掛けを入れ100m沖まで流していく。するとラインが一気に走った。今日イチの強いアタリにリンカイ アートレータを握る手に力が入る。タモに収まったのは、またしても筋肉質のチヌだった。

本命の上げ潮がようやく効き始めた。ラインメンディングを丁寧に行えば水深があるにも関わらず100m先に仕掛けは到達する。

今日イチの強烈な引きに思わず、よしきたっと声を上げる大知さん。

引き寄せると50㎝オーバーのチヌだった。鱗海タマノエでタモ入れを決めた。タイムリミット間近の良型に心なしかホットする。

「マダイではなかったけれどPEラインだからこそ100m先まで流せることが分かった」と満足の1尾を手中に収めた。

猛暑の中釣りを愉しませてくれたチヌに「ありがとうな」と声をかける大知さん。磯釣りにはいつも夢がある。

これから深まっていく秋こそデカマダイの好シーズン。大知昭さんのモンスターマダイへの挑戦はつづく。