夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

vol.8 下松沖で磯チヌに挑戦【後編】

ツイート
阪本 智子
阪本 智子 (さかもと ともこ)
ショア、オフショア、ルアーにエサ釣りとなんでも愉しむ。この連載ではフカセの愉しさをみなさんにお伝えします!
「いいサイズ出たよ~」

クールダウンが好結果に!

ヒットした場所を狙うとアタリは出るのですが、アワせても空振りという状況が続きました。そして3連続空振りのあとで回収した仕掛けは、ハリ上あたりが「くにゃくにゃ」となっていました。これって、チヌがかんだ跡だと聞いたことがあります。しかもこれを付けるのはよいサイズだということも……つまりいいチヌを釣り逃しているわけです。
こうなると意地になってしまいます(笑)。サシエをオキアミ⇄ネリエサとローテしながら夢中で仕掛けを打ち返します。ところが、もて遊ばれているようにアワセが決まりません!
ダメだ! ここはいったん冷静になろう!と狙いを変えることにしました。それまでより15mくらい右へ仕掛けを投げると「どーん!」とウキが沈んで竿先まで乗ってくるアタリ。40cmオーバーがヒットしました。

掛からないアタリに固執せず、狙う場所を変えます!

その判断がよかった!うれしいヒット!

以前のわたしだったらムキになって、アタリがなくなるまで同じ場所を釣り続けていたに違いないので、ちょっと成長したようです(笑)。判断がよい結果につながり、とってもうれしい1匹でした。

掛けられなかったチヌはもっと大きかったのかな?サイズもよかった!

遠投の出番です

日が昇ってくると、海中がよく見えるようになりました。潮も引いて手前はエサトリだらけ。スズメダイに小メバル、フグが見えます。これはちょっと沖に狙いを移したほうがいいなと考え、25mラインに仕掛けとマキエを入れます。

手前はエサトリだらけ。そうなったら遠投です。風もなかったので楽々キャスト

遠投でヒット!遠距離でヒットさせると引きも長く味わえます。やり取りもしっかり堪能

「5匹目でーす」
うれしかったのは、1回もバラさなかったこと。やり取りの技術もついてきたということかも

これをしばらく繰り返していると、ウキが海中へ消えました。アワせると強い引きですが、直線的な動き。これは27cmのグレでした。

遠投してのヒット。強い引きで右へ左へ。これは?

グレでした
27cm
釣りはサプライズが起こりますね

前回グレを狙って25cmまでしか引き出せなかったのに、ここで釣れるとは...やっぱり釣りは読めないところにもおもしろさがありますね。

この日は狙いがハマった感じで、得るものが多い1日でした

「これはデカいかも!」
藻際でしぶとく抵抗。竿が1号でよかった

1号のおかげでちょっと強引に浮かせることができました

このあと遠投でチヌを追加でき、結果6匹の本命を手にすることができました。

6匹目!
魚の動きを読むというのがなんとなくつかめたのは大収穫!
「なかなかやるでしょ~!」

初めての場所で1人ですべて考えて得た釣果なので、とってもうれしい。やりきった感じもします。いつもより心地いい疲れで大満足の1日となりました♪

沖はエサトリが少なくてフグくらいでした。でもこの子もいないとチヌもいないって聞きますね

「すぐ逃がすとチヌが散るとか?」
チヌはしばらく『フィッシュバッカンEV』(エアポンプセット)でキープしました

最後にリリース。また誰かの竿を曲げてあげてね!

次は四国だ!

瀬戸内のチヌ、グレをクリアしたら、次は大物を釣りたいところ。そうなるとやっぱり釣り場は四国エリアかな? 以前、宇和海のグレは体験したことがありますが、四国のチヌ釣りは未体験なのです。大型が狙えると聞いていて、前々から興味がありました。まだフカセで50cmオーバーのチヌを釣ったことがないので、この機会にぜひとも釣りたい! 次回をお愉しみに♪ みなさんもぜひ磯へ出かけて愉しい1日を過ごしてください!

次回は「四国の磯グレにアタック」です!

PAGE TOP