夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

vol.3 広島湾の地磯でチヌにアタック!【前編】

ツイート
阪本 智子
阪本 智子 (さかもと ともこ)
ショア、オフショア、ルアーにエサ釣りとなんでも愉しむ。この連載ではフカセの愉しさをみなさんにお伝えします!
「チャンスを逃さず本命攻略!」

寄り道しながら釣り場へ♪

第2音戸大橋を渡って倉橋島へ。道中、名所のひとつでもある音戸の瀬戸へ。「寄り道できるのも地磯の釣りのいいところですよね」

お手軽な磯釣り♪

今回は車で行ける、お手軽なスタイルの磯釣りをご紹介します。
釣り場になるのは、沿岸からせり出した岩場など。車で走っていてよさそうな場所を見つけたら、さっそくチェック!移動も楽にできるし、釣りをする時間に制約はありません。自分で探し出した釣り場でチヌを釣り上げることができれば、充実した1日を過ごせること間違いなしです♪

釣り場探しが愉しい!

今回は呉市倉橋島の沿岸を車で走り、よさそうな地磯を探して竿を出すことにしました。このエリアにはチヌが釣れそうな地磯があちこちにあって迷っちゃいます。でもこの時間がけっこう愉しいんですよ~。
「あそこは手前にシモリが多い!」とか、「少し沖で一気に深くなる!」とか、目ぼしいポイントをチェックしながら移動していると、いつの間にか島の南端辺りまで来ていました。

気になる場所をチェックして、よさそうなら竿を出す。これが地磯フカセスタイル

マキエは前日の夜に作成。「作って時間を置くと材料同士がなじんで仕上がりがよくなるって教わりました」と智子ちゃん

釣り場に合った仕掛け

竿を出すことにしたのは唐船浜という場所にある地磯。ここにはよさそうな磯が点在しています。足場のいい磯を選んで準備開始です。
全体的に水深が浅く、けっこう沖まで底が見えます。底は砂地で藻場とシモリが点在していました。その周辺にチヌが潜んでいそうです。
今回は半遊動仕掛けを選択。底が見える深さだったのと、藻やシモリがあるので、仕掛けが引っ掛からない長さにウキ下を設定して流すほうが効率よく釣れると考えたからです。
水深は浅めなので、ウキの浮力も抑えめ。G3のウキを使うことにしました。ウキ下は3mちょっとに設定。ハリスを2ヒロとっているので、ほとんど固定仕掛けに近い形になりました。
釣り場に合った仕掛けをイメージすること、またその仕掛けを自在に変えられるのはフカセ釣りのおもしろいところですよね。様子を見ながら仕掛けに少しずつ手を加えてチヌを釣り上げる過程もおもしろい。チヌが釣れたときの仕掛けが最初と全然違う!ということも多いんです。

試練? 愉しい時間です

釣りを開始すると、思ったよりも潮が速く流れていました。正面に投げた仕掛けがあっと言う間に右へ流されます。これならチヌの活性は高いかなと期待しましたが、やる気があったのはフグ。毎回、サシエのオキアミがなくなり、ひどいときはハリごと盗っていきます。

かわそうと遠投しても釣れるのはやはりフグ

「こんなにフグばかり釣れるのははじめてかも!」
毎度フグが喰ってくる。「これをなんとかしてチヌを釣りますから!」と阪本さん。エサトリの猛攻もなんのその

そこでひと工夫。マキエを正面に5、6杯撒いて、仕掛けはかなり潮上へ入れてみました。エサトリが多いときは、マキエと仕掛けを離してみる。これはフカセの師匠・大知昭さんに学んだことです。以前は釣れないとき、エサトリが多いときはしんどいなぁって思っていました。それが、「どうやったら解決できるかな?」って考えながらあれこれ試すことを覚えてからは、釣れない時間も愉しくなりました。

釣れない時間は魚との距離を詰めるための時間。そう教わって釣りそのもののイメージが大きく変わったという。

PAGE TOP