夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

阪本智子のステップアップ フカセ釣り(中級編) グレ釣りに挑戦(宇和海実釣編)

阪本智子のステップアップ フカセ釣り(中級編)グレ釣りに挑戦(宇和海実釣編)

ツイート

阪本 智子 (さかもと ともこ) 阪本 智子 (さかもと ともこ)
関西を中心にTVなどで活躍中。その合間を縫ってアクティブに釣りを愉しむ釣りガール

大知 昭 (おおち あきら) さん 大知 昭 (おおち あきら) さん
釣法の考案、タックル開発にも携わるご存じチヌフカセ釣りの第一人者。シマノ磯アドバイザー

目指せ良型!

大知 さて今回は宇和海の矢ケ浜というエリアで良型グレにチャレンジだね。グレの釣り方や、やり取りは前回までに学んだことでOK。アタってくる魚の基本サイズが大きいから心してかかるようにね。

智子 はい。宇和海での釣りを愉しみにやってきました!でも、釣行日は風が強い予報が出ていますよね。釣りにくいのは覚悟していますけど、船が出るかなあ。

大知 船は問題なく出るみたい。それにしても智子ちゃんも成長したね。「釣りにくいのは覚悟してます!」ってね。

智子 ははは(照) 。これも名人のご指導のおかげです。「釣りができる環境ならあきらめではダメ」って言葉がすごく心に残っています。そこから釣りへの考え方も変わりました。

大知 うれしいこと言ってくれるね。でも無理だけはしないこと。釣りは趣味だし、愉しいということが一番だからね。

智子 はい!めいいっぱい愉しみながらチャレンジします。

大知 ではマキ工作りからいこうか。といってもこれもいまの智子ちゃんなら迷うことはないよね。

智子 はい。混ぜムラができないようにしっかり作ります!

マキエ作りはすっかりお手のもの。「ホームセンターでこの道具たちを見ると親近感が湧きますよ(笑)」

今回は『GORE-TEX®ベーシックウォームスーツ RB-017P』を使用。

強風&低活性のグレが相手

智子 やってきました!「カバ3番」。船長のお話ではここは矢ヶ浜エリア内でもグレの実績が高い場所で、右に流れる満ち潮が本命潮だとか。

大知 いいね。初めての場所に上がるときの心得、情報収集ができているね。それはそうと…風が強いね〜。

智子 想像以上に強い!これはウキとラインがすぐとられますよね…。あの、グレでも沈め釣りって有効なんですか?

大知 いいところに気がつきました。特にこの時期(低水温期)のグレはタナが深めだから、軽い仕掛けをゆっくりタナへ入れていける沈め釣りは有効だね。

智子 ありがとうございます!では00号のウキを使ってみます。ハリスは長めがいいのでしょうか?

大知 深いタナ狙いだから長めでいこう。竿1本とってもいいかな。ハリはグレバリの6号を使おう。

智子 はい!めいいっぱい愉しみながらチャレンジします。

時期と活性に合わせた狙い方が大切

大知 ではマキ工作りからいこうか。といってもこれもいまの智子ちゃんなら迷うことはないよね。

智子 ほぼチヌ釣りの仕掛けと同じですね。

大知 そうだね。釣り場や釣り方、マキエは違うけど、仕掛けなんかには共通する部分もある。だから自分もたまにグレ釣りをするんだけどね。

智子 なるほど!勉強になります。

大知 風が強いからひとまず自分が1匹釣るまでお手本を見せよう。参考になることもあると思うよ。

左からの風が強く、潮は本命とは真逆。この状況はあまりにもキツいということで、大知さんがお手本がてら釣ってみることに。

智子 はい。しっかり見て学びます。あれ?潮が本命とは逆向きじゃないですか? エサトリも見えない…。潮が本命じゃないからでしょうか?

大知 しばらく辛抱の釣りかもね。本命潮が流れるまでは潮が変化している場所を見つけて狙っていくしかないね。アタリはラインでとる。穂先まで引っ張るアタリならかなり分かりやすいんだけど。

名人をもってしてもヒットさせることができたのは開始から1時間後のこと。それほどまでに釣りづらく、グレの活性も低めだった。

智子 名人、潮が変わってないですか?

大知 本命潮になったね!ここを逃さないようにしないと。おっアタった。やっと釣れたよ。よし、智子ちゃんも続こう!

智子 はい!

「ホントは腕が悲鳴を上げるくらいガンガン釣らせてあげたかったんだけどね」と大知名人。これもまた釣りです。ちなみに名人の竿は『鱗海スペシャル』1.2号530。

やってくれます智子ちゃん!

智子 風が強い!竿を持って立つとまた違いますね!

大知 竿の軽さや張りがいかに大切かが分かるよね。『ラディックス イソ』は細身で軽量だからかなり楽なほうだと思うよ。

ラインの動きに神経を集中させる。「風の中でも竿をブラさずに持てている。これもすっかり身についたね」と大知さん。

智子 はい。なんとか片手で持ってられます。おっ、アタった!名人がマキエを撒いておいてくれたおかげですね!さっそくきましたよ〜。これけっこうサイズいいかも!…あれ?30㎝くらいだ。

大知 風が重さにプラスされているんだよ。しかしこの風の中でアタリをとらえてお見事だね。ちゃんと基本が身についているね。

智子 ありがとうございます。

ついにアタリをとらえた!「アタったときのラインの動き方は生命感がありますね」と智子ちゃん。

大知さんが合図する前にアワせていた智子ちゃん。「確信を持ってのアワセはとっても大切。いい成長ぶりだね」と大知さんも絶賛。

竿さばきもサマになっ ている智子ちゃん。瀬際での攻防も安心して見ていられます。

大知 船長から連絡があって、瀬代わりさせてくれるって。そこで仕切り直そう。

智子 はい。

「厳しい状況での1匹は多くのことを教えてくれる。たくさん釣れるのもいいけど、こういうのも味わってもらいたかったので今回はよしとしよう」と大知さん。

サイズは目標に届かないが、智子ちゃんにとっては記念すべき初の「狙って釣った宇和海のグレ」。ということでポーズ。

時合を逃すな!

大知 ここは「カバの地」という場所だって。船長から聞いたけど、足元にサラシが出て、それが沖に出て沖からの潮とぶつかるところがヒットポイントになるんだって。つまりベタナギよりもちょっと波気があるほうが釣れるってことだね。

智子 けっこう波気があるので期待できそうですね。なにより風がないのがいいです。これなら0号ウキの全遊動仕掛けでもよさそうですね。

大知 あとは智子ちゃんが自由にやってみるといいよ。目指せ40cmオーバーだ。

瀬替わりしても厳しい状況は変わらず。でも智子ちゃんの心は折れません。目標クリアに向かって釣り続けます。

智子 名人、1時間釣りましたがアタリがありません。仕掛けを沖に入れたり、手前に入れたりして潮目に行くようにはしているんですが…。

大知 ここはもう粘ってみるしかないね。最初の場所もそうだけど、グレの喰いはけっこう渋い感じ。ステップアップにはちょうどいいんじゃないかな。それと次回の卒業試験のためにもなる。

智子 がんばります。このまま粘ればいいんでしょうか?サシエとか仕掛けを変えたりとか?

大知 潮目に沿って仕掛けをいい感じに流せているから粘っていれば喰うよ。

智子 名人!アタりました!これ根性あるー!

大知 油断せずやり取りに集中して!玉網は特別サービスでやるから。

智子 ありがとうございます!40cm!はないか…。

30cm台後半になると引きが強く、慌てることも。そこは大知さんがフォロー。

今回は波気があったので大知さんが玉網入れを担当。

目標には届かなかったけど、2人の表情がこの1匹のうれしさを物語る。

大知 智子ちゃん、いまが時合かも!すぐに仕掛けを打ち返して。

智子 はい!名人、またきました!

大知 3匹目!よくがんばりました。これなら次回は1人でも十分だね。

「今日の状況を考えたらボウズでもおかしくない。ホントによくがんばりました。次回が愉しみだね」と大知さん。

智子 はい!厳しい釣りでしたけど、そのぶん勉強になりました。次回もがんばりますよ~!

PAGE TOP