夢磯倶楽部防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

阪本智子のステップアップ フカセ釣り 卒業試験編

阪本智子のステップアップ フカセ釣り
卒業試験編

ツイート

阪本 智子 (さかもと ともこ) 阪本 智子 (さかもと ともこ)
関西を中心にTVなどで活躍中。その合間を縫ってアクティブに釣りを楽しむ釣りガール

大知 昭 (おおち あきら) さん 大知 昭 (おおち あきら) さん
釣法の考案、タックル開発にも携わるご存じチヌフカセ釣りの第一人者。シマノ磯アドバイザー

いざ卒業試験!

大知 いよいよ卒業試験。1人で磯で釣ってもらうよ

智子 緊張しますね!でも絶対釣ります!ノルマはどんなものですか?

大知 迎えが来る13時45分までにチヌ1匹だね

智子 えっ、チヌ1匹ですか?なんだか波止で受けた試験よりハードルが低い感じ…

大知 そうでもないよ。あれは暖かい時期だったからね。今は水温が下がって喰いが渋るし、ここ(山口県上関沖)は自分にとっては数釣りというよりサイズ狙いの場所でね。潮と地形がちょっと複雑で釣りにくさもある。ほどよい難易度だよ

智子 ほどよい難易度(苦笑)。一気にハードルが高くなりました。複雑な地形で大きいチヌが掛かったらバラしてしまう可能性がありますね

大知 そうだね。それも込みでノルマ1匹というわけ

智子 わかりました!がんばります!

大知 いい釣り見せてね。自分は後ろからチェックさせてもらうよ

名人は後ろで見守るだけ。でも内心はアドバイスしたくてうずうず

 

名人の密かなハードル

磯に上がった智子ちゃんは、渡船が船首を着けた場所を釣り座に。大知名人いわく、この磯でもっとも釣りやすく、実績がある場所とのこと。釣り座の選び方は合格だ。

釣れないときはいつやってくるか分からないチャンスのための準備期間。リラックスしてそのときを待つ

大知 自分が思うに、今回は3~5回ヒットする。でもそのうち何回バラすかな?実はここは少し沖に藻場があって、沖の深場を狙って魚を掛けて、あまり浮かせないまま寄せたらその藻場に突っ込まれて取り込めないことがあるんだよ。そこに早い段階で気づけるか、どう対処できるかだね
(智子ちゃんはこのコメントを聞いていません)

沖の少し深いところに藻場があり、チヌを早めに浮かせないと突っ込まれてしまう。
これに気づけるかどうか?名人が密かに課したハードルである

智子ちゃんは沖15mほどにある潮目を発見。潮はゆっくりと左流れ。そこから狙うことに決めて、ウキ下を10mほどに設定。しかしこのタナとコースでは5回投げてもサシエが取られない。そこでウキ下を一気に3m深くして流してみる。するとウキを押さえ込むアタリ。智子ちゃんがアワセを入れると竿が大きく曲がった。

智子 やった!きました!

しかし大知名人の予想どおり、沖で一気に浮かせていなかったため、手前で藻場に突っ込まれたようで、動かなくなった。「?」が頭の上に浮き出る智子ちゃん。

智子 あれっ、なんで?

結局、この1匹を藻場から出そうと少し強引に引っ張ったため、ハリのチモトでハリスが切れて逃がしてしまった。大知名人の予想どおりの展開。智子ちゃんは藻場の存在に気づいたのだろうか?

智子 なんかありますよね。藻場かな?岩ってことはないよね…どっちにしても、もっと早く沖で浮かせておかないとダメだな

しなやかで高い強度を誇るハリス。智子ちゃんの釣りを支えてきたBASIS EX Fluoro 1.5号
リールへのなじみがよくてクセがつきにくいので非常に使いやすいBASIS 磯ナイロン 1.7号
自重もあってしっかり飛ばせるコアR自在

智子ちゃんの愛用タックルです!

 

辛抱のちチャンス

しかしここからアタリが遠のく。この日は潮が左右にフラフラして安定しなかった。大知名人いわく「沖に向けてきれいに流れるときがあるんだけど、そのときが一番喰いが立つ。マダイも出る」とのこと。

智子 うーん、難しい。マキエってどこかに溜まっているのかな…

フラフラする潮に苦戦を強いられる智子ちゃん。ここも名人の読みどおり。でも決して越えられない試練ではないはず。智子ちゃんのこれまでの釣りを見てきた名人は、「これならクリアできる」と期待しているのだ。

大知 こういうときはマキエを一カ所に打ちながら、チャンスをうかがうようにするといい。スポーツでいう『流す』っていうのかな。時間はあるわけだから潮がいい流れになったときに集中できるようにね

「辛抱」の釣りが続いていたが、ついに潮が沖に向かって動き出した。これはチャンスと智子ちゃんはマキエをしっかり入れて、仕掛けをその潮に乗せて流していく。名人もここはチャンスとのこと。

智子 きちんと(仕掛けが)なじんでるかな…

少し不安そうに、でも期待もしている、そんな表情で流していると、ウキが見えなくなったところで道糸まで引っ張られるアタリ。

智子 きた!潜られないように!

ついにヒット!藻に潜らせないように、智子ちゃんはのけぞるほどに竿を立てる!

アワセを入れたあと、しっかり竿を立てて一気に浮かせにかかる。途中で藻に突っ込まれたが、潜りが浅かったようで、早く抜くことができて玉網でキャッチ。なんとこれはマダイだった。

智子 チヌじゃなかった。でもうれしい!

磯で自力で手にした初の獲物はきれいなマダイ。サイズ以上の引きで楽しませてくれた

 

やりました合格!

潮は引き続きいい感じで流れている。ここは畳み掛けたいところと智子ちゃんは仕掛けを流していく。

釣り師としての精神面も合格したようである。

智子 きたっ!これはけっこういいサイズです

同じようにしっかり沖で浮かせにかかる智子ちゃん。これは45㎝クラスの良型だった。

智子 やったー!チヌだー!

大知 ナイスサイズ!狙う手順も、アワセから取り込みまでもよかったよ。これはもう合格だね!

智子 ありがとうございます!

大知 いや、けっこう厳しい状況だったんだけどね。よくがんばりました

智子 とんでもないです。名人のご指導のおかげです!

大知 いい釣り見せてもらったね。自分も刺激をもらったし、うれしいよ

 

最後まで魅せてくれました

名人から「合格」が出たのは12時半過ぎ。「迎えまでもう1時間あるじゃないか」ということで、ここからは延長戦突入。そして智子ちゃんがやってくれました。

智子 きた!なんか、すごい走りますよ!

ヒットした直後の走りの強さはマダイを思わせたが、沖ではなく釣り座の左手(浅いほう)へ走った。
いったい正体は?

大知 マダイかな?でも浅いほうに走るね

なんと上がってきたのはチヌでもマダイでもなかった。

大知 おお、イシダイじゃない!これはすごい。なかなか釣れないし、掛かってもこの歯だからね。ハリを飲まれていたら歯でハリスを切られて取り込めないんだよ。しっかり口に掛かってる。お見事だね

この歯なので飲まれたら1.5号のハリスでも一瞬で切られてしまう。うまく口の横に掛かっていた

智子 ありがとうございます!やっぱり時間のある限り釣るって大切なんですね。
こんなドラマがあるんですから

チヌとマダイはよくあるけど、イシダイが入るのは珍しい。このあたりの引き運は彼女ならではかも

大知 そうだね。それはどんな釣りでもいえることだね。あきらめたらそこで終わり。今後もいろんな釣りでそれを発揮していってね

40cmバッカンに詰めたマキエを撒き切った。
「腕パンパンです」と智子ちゃん。でもやり切った表情はさわやか

智子 はい!フカセ釣りを学べたこともとってもよかったのですが、それ以上に釣りは奥深いもので一生遊べる趣味であると改めてわかりました。いろいろ手間のかかる生徒でご迷惑をおかけしました。本当にありがとございました!

今回で終了となりますが、智子ちゃんの「釣りライフ」はまだまだ続きます。これからもフカセ釣りをはじめ、いろんな釣りにアツく、楽しく挑戦していく姿を見せてくれるでしょう!

フカセ釣りは誰でもチャレンジできる釣りであり、突き詰めると奥がとても深く、そして夢がある釣りだと知ることができました。
みなさんもぜひフカセ釣りにチャレンジしてください!波止ならとっても手軽に楽しめますし、大物がくるかもしれないってワクワク感も味わえちゃいますから。そしてその感覚を味わったら、きっと沖の波止や磯へもすんなり行けちゃいます。だってわたしがそうでしたから(笑)
最後まで見てくださったみなさま、ご指導くださった、大知昭名人、百合野崇さん、ご協力くださった釣り人さんに渡船屋さん、そして釣り場で出会った多くのみなさまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!恩返しのためにも楽しくいい釣りをして「阪本がんばってるな」って思ってもらえるようにしないといけないですね☆

 

PAGE TOP