夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

阪本智子のステップアップ フカセ釣り 準備編

阪本智子のステップアップ フカセ釣り 準備編

ツイート
阪本 智子 (さかもと ともこ)
関西を中心にTVなどで活躍中。その合間を縫ってアクティブに釣りを楽しむ釣りガール
講師はこの方! 大知 昭 (おおち あきら) さん
釣法の考案、タックル開発にも携わるご存じチヌフカセ釣りの第一人者。シマノ磯アドバイザー

フカセ釣りは魅力いっぱい

大知 智子ちゃんはフカセ釣りってどんなイメージを持ってる?

智子 前に一度広島でチヌのフカセを体験させてもらったんですが、チヌの引きが強くてすごく楽しかったですね。でも、ビギナーにはちょっと敷居が高いのかな? ってイメージもありました

大知 あのときは磯に行ったからね。今回は波止でチヌ狙いをテーマに教えていくよ。波止とチヌ、この組み合わせはいいよ~。身近な場所で50cmを超えるチヌが期待できるからね

智子 50cm! 前に釣ったときは30cmくらいでもけっこうな引きだったのに、そんな大きなチヌってどんな引きなんでしょうか? 私でも大丈夫ですか?

大知 問題なしだよ~。ぜひこの連載で釣り上げてほしいよね。それと、フカセ釣りは難しい釣りではないってことも知ってほしい。チヌやグレをメインターゲットにしているけど、マキエに寄るいろいろな魚が釣れるからね。その1匹との出会いも楽しんでいこう

智子 はい! 今回は基礎も勉強できるので楽しみです!

フカセ釣りはマキエで魚を寄せられるぶん、かなり釣果を得やすい釣りなのだ
フカセを通じて、仕掛けの操作や魚との距離感を学んでほしいと大知さん
釣り場はさまざまだが、はじめるなら足場のよい波止でチヌを目標としよう
銀鱗の好敵手。「長年の付き合いだけど、まだまだ読めないことが多い魚だよ。一生追い続けるんだろうね」と大知さん

釣果を左右する「マキエ」

大知 まずはマキエからいこうか。これはチヌ用の配合エサとオキアミを混ぜて作るんだ。作り方も教えるよ。マキエの仕上がりは釣果に大きく影響するからね

智子 どんな影響があるんですか?

大知 チヌって基本的に底にいる魚だから、まずはマキエを底に届けて、1ヵ所で効かせてやらないといけないんだよ。理想は着水しても塊で沈んでいくこと。ささっとバッカンの中で混ぜたマキエだと、混ぜムラがあるから着水と同時にバラけて、底に沈みきる前に拡散するんだよ。それだと1ヵ所に効かせられないんだよね

智子 なるほどですね~。魚の好きな匂いや成分だけじゃなくって、重さも大切なんですね

大知 そうだね。いいマキエなら全国どこでもいい釣りができるよ。じゃあ、作り方を教えよう。基本は釣りに行く前に作ること。自分はこのマキエ作りも楽しんでほしいね。今回はこの配合で釣ろうとかね

智子 マキエ作りからもう釣りがはじまっている! そういう楽しみ方もあるんですね~。そういえば1回の釣りでマキエの量ってどのくらい作るものなんですか?

大知 目安は波止で半日楽しむならオキアミ1.5kgに配合エサ2袋ってところかな。オキアミは3kg板で売ってるからその半分だね

智子 そうなんですね! もっとたくさん必要なのかと思ってました

比重が軽いグレ用配合エサ、水の入れ過ぎでベチャベチャ、混ぜムラがあるマキエは海中ではこうなる。
すぐバラけてきちんと底まで沈まないのだ
比重が重く、水が適正量なら塊で底まで沈んでいく。
チヌ釣りではこのしっかり塊で沈むマキエが大切なのだ。事前に作るとこの仕上がりにしやすい

大知さんのおすすめは、比重が重いもの。練りやすく、底までしっかり沈む
集魚力に特化したものを組み合わせるのもよい

 

マキエは事前に作っておく

釣り場でもバッカンの中でマキエを作れるけど、事前に作っておいたほうがしっかりしたマキエになる。ゴミも出ない。すぐに釣り開始できるしね。バッカンで作ると混ぜムラができるんだよ。だからフカセ釣りになじんだ人ほど事前にマキエ作りをしているかな。釣具店ではお店で混ぜさせてくれるところもあるから、オキアミの解凍予約をして混ぜて帰る人も多いね

マキエを混ぜるのに便利な「船」とスコップ。釣具店によってではあるが、置いてあることもある

マキエ作りに挑戦!

これはオキアミ1.5kg。半解凍にしておくのがベストだ

それはこのようにカットしていくため。全解凍だとこうはいかない

さいの目に切っていく

スコップの腹で押さえて塊をバラけさせる

塊を残すと配合エサと混ぜても混ぜムラができる。必ずバラバラに!

配合エサを入れる。1袋ずつ入れて混ぜ合わせる

2袋目を入れて混ぜ合わせたあと、水を入れる。
一気に入れるのではなく2リットル入れてよく混ぜたあとは少しずつ入れて粘りを調整していく

水を少しずつくわえて握ったときにしっかり締まるように調整。
ダンゴにして落として割れなければOKだ。これでよく飛んで塊で沈んでいく

バッカンに移すときは、最後に手で押さえて空気を抜く。これでより締まってくれる

大知さん合格サインのマキエが完成!あとは釣るだけだね

ウエアの役割はかなり重要

大知 フカセ釣りではウエアが担う役割が意外に大きいんだよね。春や秋は朝が少し肌寒くて日中はちょっと暖かい感じだから、レインウエアは欠かせない。このときはインナーに速乾タイプのシャツを着ておくと快適に過ごせるよ

ウエアは風や雨から身を守るだけでなく、汚れなどからも守ってくれる。インナーは速乾タイプのものがより快適
日差しを防ぎつつ、髪もすっきりまとめてくれる。釣りには必需品だ

 

智子 救命具はフローティングベストのほうがいいですか?

大知 そうだね。フローティングベストは安全面はもちろんだけど、フカセ釣りでは便利グッズとしても必要かな。ポケットに物がいろいろ入れられるので重宝するからね。フカセ釣りはウキや仕掛けパーツにハリケースとか小物が多いから

フローティングベストは安全面でも必要だが、4つのポケットにウキやハリスなどを入れておける。収納アイテムとしても大活躍なのだ
ピンオンリールとラインカッター。仕掛け作りには必需品

 

智子 ポケットが4つあって、たしかにたくさん入りますね。ほかにはどんなものが必要ですか?

大知 グローブも欠かせないアイテムだね。フカセ釣りはシャクを握ってマキエを何回も撒かないといけないし、竿をずっと持ってないといけない。あとは釣れた魚も持たないといけないからね。滑り止め兼防具ってとこかな

智子 グローブ、持ってきました☆ 履き物はどうですか? 磯シューズを持ってきましたけど

大知 履き物に関しては波止ならスニーカーでもいいと思うよ。ただ濡れて滑りやすくなる場所もあったりするので、智子ちゃんが持ってきたフェルトピンソールのシューズがあると安心かな

ロッドを握る。シャクを持つ、魚を持つなど素手だとけっこうなダメージ。グローブがそれを軽減してくれる
波止ならスニーカーでもよいが、滑りやすい場所もあるので、シューズだとより安全だ。軽量なフィッシングシューズもおすすめだ

 

智子 ありがとうございます。これでバッチリですね!

 

智子ちゃんが持っているのは『スタッフケース90M』。
ハリや仕掛けパーツ、ガン玉などを入れている。
ケース同士を合体させることもできる便利アイテムだ

 

竿は1号以上 道糸は2号

大知 タックルはさまざまだけど、入門には1号以上の磯竿がおすすめだね。チヌ釣りでは0号なんかもあるけど、やり取りに慣れないうちは竿にパワーがあるほうがやり取りをカバーしてくれる。その1本を使い込むことで自分に合う竿を探せるようになるからね。
リールは新提案の1700番/C2000番や定番の2500番やC3000番がおすすめ。道糸はナイロンの2号を巻いておこう。はじめのうちはあまり飛距離を投げるわけではないし、いざ大物がヒットしたときにも安心して対応できる。

智子 竿は1.5号の5mで道糸は2号を用意しました。

大知 OK! 50㎝がきても大丈夫だよ

智子 50㎝! がんばって釣らないといけないですね

半遊動仕掛けでスタート

大知 仕掛けもいろいろあるけど、まずは半遊動仕掛けをマスターしよう。仕組みが覚えられるよ

智子 仕組み……ですか?

大知 この仕掛けはウキ止めを使ってウキからハリまでの長さを固定するんだけど、たとえば水深が5mの場所でハリからウキ止めを5mより少し短くしておけば、毎回底スレスレを釣ることができる。自分がどのタナを釣っているのかをイメージできるんだよ

智子 たしかに分かりやすいですね!

大知 あとはアタリがとりやすい。ウキ止めがあるからチヌがエサをくわえて泳ぐとウキが沈むからね。アタってからアワセのタイミングを計りやすい。これで海中での仕掛けの動きのイメージができたら全遊動仕掛けや沈め釣りなんかも分かってくるようになるよ

智子 まずは基本! ですね!

 

全遊動仕掛けとは

ウキ止めがないので、仕掛けがどんどん入っていく。タナの変動にすぐアジャストできる。
ただ、慣れていないと、仕掛けがどのくらいのタナまで送り込めたかも分からない。
そこで半遊動仕掛けからスタートというわけだ

 

半遊動仕掛けとは

ウキ下を設定して流せるので自分がどこを釣っているのか、
魚がどのタナで喰ってきたかが分かりやすい。
底スレスレに設定すれば根掛かりなどのトラブルを回避できる。
アタリ=ウキが沈むなので分かりやすい

タックル・仕掛けについて解説

1. 竿


智子ちゃんが用意したのはシマノ『ADVANCE ISO』と『ランドメイト』。ともに1.5号。パワーでやり取りをサポートしてくれる。初心者は5m前後がおすすめで、フカセ釣り以外の釣りにも使える持っておいてソンなしの1本だ。

2. リール、道糸


リールは『サハラ』C3000。入門にピッタリのモデルだ。2500番、C3000番クラスのリールはほかの釣りにも使えるので出番が多い。こちらも持っておいてソンはない。


道糸は2号。遠くへ投げる、潮なじみ、風の影響を考えるなら細くするが、近場を狙うなら強度を優先。
BASIS 磯ナイロン

3. ウキ止め


ゴムタイプや、簡単に結べるタイプのウキ止めがあるが、ウキ止め糸の結び方をマスターしよう。ウキ下が深いときはとりあえず仕掛けを作って、あとで道糸に結べばいいので楽。

通常のウキ止めの作り方

(1) 道糸にウキ止め糸を添え、輪を作る

(2) 道糸に巻き付けながらウキ止め糸を輪を中に通す

(3) 5回前後繰り返す

(4) ウキ止め糸をゆっくり引いて締め、余分な糸を切る

 

4. ウキ


ウキは中通しウキを選択。『コアR自在』は潮筋にどっしり落ち着いて仕掛けをタナへと送り込んでくれる。浮力はB。浮力と同じ重さのガン玉を使うとで仕掛けを楽にタナへ入れてくれる。

5. ナビストッパー


「ナビストッパー」はウキと仕掛けが絡むのを防ぐ役目と、仕掛けが沈んでいるかを知らせてくれるという役割を持つ。いつまで経ってもこれが沈んでいかないときは絡んでいる可能性大。
FIRE BLOOD ナビストッパー

6. サルカン


道糸とハリスの接続はサルカンを間に入れると結びやすくて丈夫。両方ともクリンチノットでOKなので覚えよう。面倒だからとコブ結びを何度もするのはNG。結束部が簡単に切れてしまう。

7. ハリス


ハリスは1.7号。強い引きでも安心してやり取りできる。これで釣り慣れてから細いハリスに挑んでみよう。
BASIS EX Fluoro

8. ガン玉


ガン玉はウキの浮力に合わせて使い分ける。ウキには余浮力があるが、浮力がBなら合計重量がB + G5くらいにしよう。

仕掛けに描かれているガン玉(オモリ)はとても重要なアイテム。仕掛けを沈める、流れの中に安定させるという役割がある。ウキの下あたりと、ハリスに打つものでそれぞれ役割が違う。イラストを参考にしよう。

9. ハリ


ハリはチヌバリ。大きさと形状にたくさんの種類がある。まずは1種類でサイズは2つか3つ用意しよう。

次回はいよいよ実釣!

PAGE TOP