夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

阪本智子の『ボーダレス』と出かけよう!!

阪本智子の『ボーダレス』と出かけよう!!
【お手軽釣行編】
こまかな誘いでキス攻略!
ラン&ガンで巡るしまなみ海道 弓削島

ツイート

阪本 智子 (さかもと ともこ)
関西を中心にTVなどで活躍中。多忙の合間を縫って、ジャンル問わずいろんな釣りを本気で愉しむ。

携帯しやすいコンパクトな振出タイプの「ボーダレス ショートスペックシリーズ」を片手に、智子ちゃんが各地の釣り場を巡ります。
手軽なロッドだけど、その汎用性はハイレベル。いろんな釣りに使えちゃうのです。
今回智子ちゃんは、しまなみ海道から離島エリアに渡って、愛媛県の弓削島へ。
サイクリスト憧れの地で、釣りをしっかり愉しみます!

●前編はこちら
広々としたサーフで爽快キャスト!ちょい投げで気軽に愉しむキス釣り

ちょい投げでキス釣り inしまなみ海道 弓削島

「もうちょっと広範囲に探してみましょう!」

キスはちょっと移動するだけでキスの群れに出会えることも多い。釣れないときは歩いて群れを探そう。

そんなわけでラン&ガン開始。サーフを見つけてはキャスト。アタらないなら素早く竿を収納して移動する。

付属専用ケースで持ち運びも楽々。

振出タイプの『ボーダレス ショートスペックシリーズ』は携帯性が高く、智子ちゃんを後押ししてテンポをよくする。

「だんだん喰いが渋くなってる感じがします。巻いてるだけだとアタっても掛からないんですよ。よーし」

やっかいなのはコレ。
アタるけど喰わない。

そんなときの攻略法を彼女は知っています。というわけで喰い渋りのキスもバッチリ釣ってしまいましょう!

アタリはあるけどイマイチ喰いが悪いときのキスを攻略するコツは「こまかな誘い」。

キスの喰わせ方一例。

「アタったあと、リールを巻く手を止めて待ってみたり、リールではなくて竿でゆっくり仕掛けを引いてみたりすると喰い込んでくることがあるんです」

これは以前、冬場の活性が低いキスを仕留めたことから学んだテクニック。もうひとつテクニックがあるという。

ゆっくり引いて喰いやすくしてやる。

「アタリがいいのに喰い込まないこともあったりするんですけど、そういうときはアタリに合わせてラインを緩めてみたりすると喰い込んでくれることがあるんですよ」

より喰いやすくする。

智子ちゃんはさっそく止めて待つ、竿でゆっくり誘うを実践してキスを仕留めた。

アタリが強くなってから軽く巻きアワセ!

「やった~!こういうときに釣る1匹ってすっごい興奮しますよね」

智子ちゃんナイス!

たしかにアタリをとって誘って誘って喰わせるこの工程は見ているだけでもけっこう愉しい。

「あとはもうちょっとサイズがいいキスも釣りたいですね」

こうして再びラン&ガン。彼女のテンポは速く、ついていくのがやっとである。

「ちょっと前までキス釣りって、投げ竿で豪快に仕掛けを飛ばして1投でたくさん釣るってイメージがありましたけど、ショートロッドで軽めなオモリに1本のハリでこんなふうに繊細に誘う釣りも愉しめるんですよね。これはいろんな方に愉しんでほしいスタイルです」

こうして弓削島の各所を巡りながらキスを追加。

「愉しみました♪ホント、ちょい投げと『ボーダレス』って相性がいいですね」

しまなみ海道のきれいな景色と釣りを大満喫した智子ちゃんでした。

サイズのいいものだけをキープ。

PAGE TOP