夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

大知 昭 × 鱗海スペシャル 熱釣インプレッション

00号&PEラインで完全攻略
名手・大知昭 VS 喰い渋る寒チヌ

大知 昭(おおち あきら)

大知 昭(おおち あきら)

シマノ磯アドバイザー。チヌのフカセ釣り黎明期から釣法の開発にいそしみ、釣具開発にも携わる黒鯛遠投フカセ釣りの第一人者。

00号&PEラインでスタート

大知さんがこの日降り立ったのは、山口県周防大島の東に浮かぶ「情島」の南向きにある磯。この時期は北西風がよく吹くので風裏を優先させたのだ。大知さんは周囲を見渡し「手前はちょっと浅いけどカケアガリがあるし、シモリもたくさんある。チヌがいそうな地形やね」と教えてくれた。

釣り座を決めて仕掛けを作り、釣り開始。30m沖のカケアガリ付近にマキエを効かせ、そのコース上にチヌを集めて釣る作戦で狙う。すると『鱗海スペシャル』00号の穂先が何度かアタリをとらえるが、小さく小突く程度。すべてエサトリだと大知さん。

「フグは活発やね。チヌは動かずじっとしているかもね。なんでフグだって分かるかって?これは00号の穂先の繊細さもあるけど、PEラインとのコンビネーションだね。ナイロンだとたぶんこのアタリがとれんのよ。チヌなら喰いが渋くてもアタリはもっと大きく出るよ」

この小さなアタリがとれることでサシエがないまま仕掛けを流す無駄な時間がなくなったという。そしてアタリがないときは、サシエがハリに残っていると確信を持って長めに仕掛けを流しているとのこと。

「飛距離が出て手返しもアップしたし、どういう状況かの判断がより早くできるようになった。PEを使うことで自分の釣りが格段にパワーアップしたね」

そう言いながらも「自分のPEフカセは始まったばかり。これからも検証を続けていくよ」とさらなる進化を宣言してくれた。

きれいに曲がる00号。状況判断が見事的中!きれいに曲がる00号。状況判断が見事的中!

朝日を浴びて釣り開始。竿をしならせて仕掛けを投入朝日を浴びて釣り開始。竿をしならせて仕掛けを投入。

1匹目は40cmオーバー1匹目は40cmオーバー。

見事な状況判断で7匹攻略

その後もしばらく粘るがチヌはマキエにつられて動かない。大知さんは作戦変更。シモリ際やカケアガリでじっとしているチヌの前にサシエを流し込んで喰わせるように、広範囲に仕掛けを投げ分けて狙った。これがうまくいった。穂先が大きく曲がるアタリを見せて待望のチヌがヒット!
「ねっ?チヌのアタリは全然違うでしょ。これでもそんなに喰い込んでいないんよね。口の横に掛かってればいいくらい」

しっかり竿を曲げ、チヌを寄せてくる。「いいな〜、この曲がり。たまらんね」と竿曲がりを愉しむ。大知さんが00号を使う理由は、細ハリスを使うことで喰いが渋いチヌをしっかり喰い込ませるためもあるが、掛けたあとのやり取りを最大限愉しめることもあるという。

上がってきたチヌの口の横に浅くハリが掛かっていた。
「これは1カ所で粘る釣りじゃないな。釣り座を移動したり、流すコースや遠近を変えたりしながら拾っていく感じやね」

潮位が下がって移動しやすくなったので、大知さんはバッカンを持って即座に移動する。フカセ釣りではマキエをある程度撒くと「チヌが寄っているかも?」と、移動をためらうものだが、大知さんは一切迷いがない。

「あっちがよさそうって、カンに従っているだけだね」

朝日を浴びて釣り開始。竿をしならせて仕掛けを投入「今日は拾い釣りやね。釣り場が広くてよかったよ」と大知さん。釣り場を最大限活用すべしとのこと。

きれいに曲がる00号。状況判断が見事的中!決めたらすぐ移動。名人に迷いはない。

きれいに曲がる00号。状況判断が見事的中!ときどき手を止めて高い場所から釣り場を見渡す。「初めての場所は何度か確認するね。1回だと勘違いもある」

そのカンが見事的中。3カ所の釣り座でカケアガリやシモリ周りを狙って、タイムアップまでの間に35〜46cmのチヌを7匹キャッチして終了となった。1カ所で粘っていたらこうはいかなかっただろう。仕掛けをうまく操って喰い込ませることはもちろんだが、こういった判断が名人といわれるゆえんだ。

「いいアタリを見せたのは1匹だけだったね。あとは渋かった。でも残りの6匹は00号の喰い込みのよさとPEラインの感度のおかげでアタリがとれて釣れたものだよ。これからしばらくはチヌ釣りがおもしろい時期になるね〜」

そう、ガンガン釣れるのもいいが、喰いが渋い状況をどう攻略するかもおもしろい。チヌ釣りは時期や場所によってその難易度が変わる。喰いそうで喰わない。読めそうで読めない。大知さんが一生かけてチヌを追い続ける理由はここにある。

アタリは大きくもハリ掛かりは浅い。でもこのアタリをとらないと釣れないのだアタリは大きくもハリ掛かりは浅い。でもこのアタリをとらないと釣れないのだ。

「やせ気味やね。じっとしている証拠だよ」と大知さん。釣った魚から情報を入手する「やせ気味やね。じっとしている証拠だよ」と大知さん。釣った魚から情報を入手する。

「この子はコンディションがいい。黒鯛って感じ。ほれぼれするね!」「この魚はコンディションがいい。黒鯛って感じ。ほれぼれするね!」

PEフカセとの相性

昨年の春から大知さんが集中的に取り組んでいるPEラインを使ったチヌフカセ。瀬戸内では『鱗海スペシャル』0〜06号で検証、宇和海では『鱗海スペシャル』1〜1.2号で検証し、結果はすべて「良好」と出たが、00号ではどうなのだろうか?
「00号もバッチリとハマってくれたね!チヌがアタったときの穂先の曲がりは、00号も1.2号も明確に表現してくれるんだけど、チヌの喰いが渋いときは1号以上だと穂先だけ曲がって放してしまうこともある。
2番の設定が軟らかめな06号や0号ですら放すことがある。でも00号はそんなときでも2番まで曲がってくれる。ひょっとしたら00号がPEフカセには一番合っているのかもしれないね」

ラインは『セフィアG5 PE』。比重1.25~1.43と重めなので、潮なじみがよい。「PEは風に弱いとか浮くとかは過去の話だねぇ」と大知さんラインは『セフィアG5 PE』。比重1.25~1.43と重めなので、潮なじみがよい。
「PEは風に弱いとか浮くとかは過去の話だねぇ」と大知さん。

この日も35〜46cmのチヌを7匹ヒットさせたが、穂先から一気に3番まで曲げ込む「ロケットアタリ」を見せたのは1匹だけで、残りの6匹はいずれもアタリが渋かった。「普通ならサシエを放すくらい渋かったと思う。
00号とPEだから喰わせることができたし、アタリもとれた6匹だったと思う」と大知さん。

「この時期のチヌ釣りを経験すると、ほかの時期の愉しみ方が変わる。釣ってやるぞ!と思いを込めて出かけてほしい」「この時期のチヌ釣りを経験すると、ほかの時期の愉しみ方が変わる。釣ってやるぞ!と思いを込めて出かけてほしい」

やり取りを愉しみながらも00号とPEの相性を検証していた大知さん。そのひたむきさには感服。やり取りを愉しみながらも00号とPEの相性を検証していた大知さん。そのひたむきさには感服。

ついに登場!『鱗海スペシャル』00号530

00号はシマノでは『鱗海スペシャル』ならではのモデル。2016年の春に『鱗海スペシャル』が新しくなったんだけど、今回「00号」が追加されたことで自分としては死角なし! 最高のラインナップになったと感じてるよ」

大知さんがそれほどまでに入れ込む00号。チヌ釣りで使うときは2つの意味があるという。
「ひとつはチヌ釣りの『愉しさ』を最大限に味わうこと。もうひとつはここぞという時の『切り札』だね」

00号は魚を掛けると大きく曲がって、小さなチヌでも引きをダイレクトに味わえる。しかも魚を怒らせない。これが『愉しさ』。大知さんの話では磯竿になじみがない人は視覚的にインパクトがあるので「スリリング!」と言われるし、「チヌってこんなに引くの?」と愉しんでもらえるそうだ。

そして「大きく曲がることは1号、またはそれ以下の細ハリスの使用が可能となる。『切り札』の部分にかかるけど、これも00号を選ぶ上では重要なことだね」と大知さん。

とはいえ、ただ大きく曲がればいいというものではない。へなへなの軟調子竿では大きな魚を浮かせることができないばかりか、仕掛けをうまく投げることもできない。
「そこがシマノの00号竿のすごいところ。軽くて細くて大きく曲がるのに魚を浮かせるパワーをしっかりと持っている。そのパワーがキャスト時に発揮されてしっかりと仕掛けを飛ばせる。これってスパイラルXパラボラチューンRのコンビの恩恵だね。シマノの技術にはホントに毎回驚かされるよ」と大知さん。

話を戻そう。ここぞの『切り札』とは00号が持つ繊細さ。シリーズ中もっとも軟調子に設定されている穂先から2番、3番までは小さな引き込む力で曲がってくれるのだ。「チヌの喰いが渋ければ渋いほどその効果が分かるんだよ。特にチヌの喰いが渋い時は、自分には欠かすことができない1本になっている」とのこと。
「大型チヌを狙うなら1号以上、軽快に釣っていくなら06号、または追加になった08号。『鱗海スペシャル』のスタンダードは0号だね。そしてその真骨頂が00号という感じかな」

大知さんにそう言わしめる00号、ぜひ手にしてみてほしい。

「00号は気持ちいいなぁ〜。たくさんの人に体験してほしいよ」「00号は気持ちいいなぁ〜。たくさんの人に体験してほしいよ」

こちらも追加リリース!『鱗海スペシャル』08号500

00号と同時に追加となるのが「08号500」。大知さんいわく「ひとことで言うと、『鱗海スペシャル』の中でもっとも操作性を重視したモデル。
08号というパワー設定と500の軽快さがミックスされることで繊細に攻めの釣りができると感じているよ」とのこと。

「08号だし500と短くなるぶん、本来の『鱗海スペシャル』らしさが失われるんじゃないかって思われるかもしれないけど、そんなことはまったくないね。鱗海ならではの繊細な穂先からの曲がりを08号のパワーにしっかり合わせて設計されている。シリーズのどれを使っても『鱗海スペシャル』という味わいだよ」と大知さん。
こちらもぜひとも触れてみたいモデルだ。

PAGE TOP