夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

大知 昭 × 鱗海スペシャル 熱釣インプレッション

瀬戸内海攻略のカギは藻場にあり!
軟らかい0号と鋭敏な「Xガイド」で釣果アップ

藻の中にサシエをはわせる藻中釣法

藻の中にサシエをはわせる藻中釣法

瀬戸内海の沿岸域では、秋から春先にかけてホンダワラなどのガラモが密生し、こうした場所がチヌ狙いのメインポイントになります。水深があって藻が多い場所は、エサとなる生物が多く、低水温期には必ずチヌが入っています。「密生する藻場の壁や藻の中をいかに釣っていくか?」これが釣果を上げるためのカギになります。私は、ウキを沈めて、ハリスやサシエを藻の中にはわせながら穂先でアタリを取る「藻中釣法」で好釣果を上げています。

ソフトなやり取りができるので、魚が突っこみにくい

ソフトなやり取りができるので、魚が突っこみにくい

藻中釣法に欠かせないタックルが、0号クラスの軟らかいロッドです。藻の周辺で掛けたチヌは、必ず藻の中に入ろうとします。このとき強引なやり取りでチヌを怒らせると、どんどん奥へ突っ込み、張り付いて取り込める確率が下がります。軟らかい0号を使ってソフトにやり取りすることで、チヌは突っ込みにくく、たとえ張り付いてもすぐに走り出して、藻の一段目(深い場所)、二段目(中層)、三段目(上層)と徐々に浮かせてくることが可能になるのです。

軽量なXガイドを搭載した先鋭な穂先

軽量なXガイドを搭載した先鋭な穂先

今回、新しく登場した鱗海スペシャルは、こういった瀬戸内特有の釣法に適したロッドといえます。ウキを沈めながら穂先でアタリを取ることが、この釣りの基本スタイルですが、鱗海スペシャルには、トップガイドにチタン製一体構造のXガイド、♯1(フリー)と♯2(玉口)に軽量高強度カーボン素材CI4+にSiCリングを装着したXガイドが採用され、これまで以上に先鋭な穂先に仕上がってます。

違和感を与えずアタリが鮮明

違和感を与えずアタリが鮮明

軽く小さなガイド、白い穂先は、筏・カセで使うかかり釣りロッドを連想させるほど、シャープで繊細です。穂先のダレがない上、チヌがエサを吸い込んだときに違和感を与えにくくアタリが鮮明に出ることが最大の特長です。それだけでなく、潮流の変化、サシエが藻に引っ掛かった感触、ネリエの有無などを伝える鋭敏なアンテナとしても優れ、チヌとの駆け引きを楽しめる穂先です。

穂先へのライン絡みがすぐに外れる

穂先へのライン絡みがすぐに外れる

Xガイドは3D一体構造でブランクスとの段差をなくし、糸絡みが少ないこともメリットです。向かい風で穂先にラインが絡んでも、ラインを海に浸けて少しロッドをあおれば、簡単にすり抜けて外れ、ストレスを感じることがありません。

疲れにくく穂先に集中できるリールシート

疲れにくく穂先に集中できるリールシート

スクリュー式リールシートのパームフィットシートCI4+が採用され、リールをガチッと固定できるので、大型が掛かっても、安心してやり取りできます。背部のアールは、手の中にきれいに収まる形状で、疲れにくく、穂先に集中できます。マットラバーコーティングでしっかりと握れる上、遠投時のコントロール性が高いことも、遠浅釣り場が多い瀬戸内海では大きな強みになります。

細ハリスの強度を最大限に引き出す

細ハリスの強度を最大限に引き出す

近年のチヌ釣りは、1.2号や1.5号といった細ハリスを使った喰わせ重視のスタイルがスタンダードになっています。ネジレに強いスパイラルXや、滑らかな曲がりのパラボラチューンRを搭載した鱗海スペシャルなら、0号でも、ロッドを立ててためているだけで、細ハリスの強度を最大限に引き出しながらジワジワと良型を寄せてくることができます。まさにさまざまな技術が結集された素晴らしいチヌロッドだと思います。

シーンに合わせて4つのラインナップからセレクト

シーンに合わせて4つのラインナップからセレクト

鱗海スペシャルには、0号のほか、06号、1号、1.2号がラインナップされています。06号は、藻の密度が高かったりシモリが多い場所。大きめのウキで遠投するときやワンランク上のハリスで50cmオーバーを引き出すときに最適です。1号は、55cmクラスが出る釣り場や、境界線の内側で強引に取り込まないといけない競技会、瀬戸内海特有の激流狙いに向きます。1.2号は愛媛県御荘湾、長崎県九十九島、山陰の島しょ部など、ロクマルの可能性が高い釣り場や、ロープが複雑に入った障害物エリアでのパワー勝負で威力を発揮します。

PAGE TOP