夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

大知昭 黒鯛PE フカセ ザ・バイブル

大知 昭×『リミテッドプロ PE G5+』
渚釣りこそPEライン
細糸&高感度がもたらすアドバンテージ

大知 昭(おおち あきら)
大知 昭(おおち あきら)
広島県宮島周辺を確立した遠投釣りでチヌのフカセ釣りを大きく進化させた第一人者。シマノ磯アドバイザー。

進化したPEの圧倒的な操作性

チヌ遠投フカセの鉄人、大知昭さんが、いま力を注いでいるのがPEラインを使った渚釣りだ。強度はナイロンの約3倍で、伸びが少ないPEラインは、極細の号数が使えて圧倒的な感度が得られるうえ、従来のPEラインに見られたしなやかさによる穂先絡みや、波風の影響を受けやすい比重の軽さを改良した、コシがあって高比重のPEラインが登場し、渚釣りでのアドバンテージが大きく広がったからだ。

「渚釣りの場合、どうしても波打ち際で崩れた波にラインを取られるし、横流れの潮をラインが受けて仕掛けが手前に寄りやすい。細いPEラインを使うと、そうしたトラブルがなくラインメンディングが圧倒的にやりやすいんよね。それと、軽いキャストで仕掛けがぐんぐん飛んでいくので、これまで手の届かなかった遠くのポイントが狙えるし、アタリも明確に出る。もうナイロンには戻れない感じよね」

そんな大知さんが攻めたのが、関東の渚釣りの聖地、静岡県千本浜。伊豆半島の付け根、沼津漁港の西に広がるこの渚は、チヌの魚影の濃さもさることながら、天気がよければ北西方向に富士山が望めるロケーションのよさも人気の理由だ。

軽いキャストで飛距離が伸びる。ポイントが広がるだけでなくサシエがずれないことも大きなメリット。

水切れがいいので波がなければ穂先を下げて構えることで、糸フケが出ずアタリはより鮮明に出る。

アタリを弾かない00号がベストマッチ

高強度、高感度のPEラインのメリットを最大限に活かすためには、ロッドのセレクトが大切。この日チョイスしたのは鱗海スペシャルの中でもっとも柔らかい00号。

「伸びの少ないPEに硬い竿を使うと、アタリを弾いたり、掛けたチヌがよけいに暴れる。柔らかい00号だとアタリに穂先がついていくので弾かないし、掛けたあとも暴れないから引き味を愉しみながら余裕を持ってやり取りができるよね。それとXガイドを採用した穂先は軽くて感度が損なわれないからPEとの相乗効果でアタリが響いてくるし、万が一ラインが穂先を巻いても絡みにくいので安心なんよ」

使用するPEラインは0.8号(取材時はプロトタイプを使っていたが、2017年秋からはフカセ釣り用のリミテッドプロ PE G5+ 150m)。鱗海ゼロピット遠投 00を通してサルカンに結ぶ。ダブルクリンチノットのあとハーフヒッチを3回。これでノットのスッポ抜けはない。

「コシのあるPEならフロロの先糸を使わなくてもトラブルはないし、直結のほうが誰でも簡単にできていいよね」

2ヒロ半のハリス1.5号をつなぎハリを結べばセット完了。ウキ止めを使わない全遊動スタイルで、底までサシエをフォールさせるスタイルだ。

伸びが少ないPEラインには軟らかい竿がいい。アタリを弾かず魚が暴れないからだ。大知さんは鱗海スペシャル 00号530をチョイス。

鱗海スペシャルの穂先に搭載されるXガイド。軽量で穂先の感度が損なわれずPEとの相性抜群。糸ガラミもシャットアウト。

仕掛けを回収するときは竿を持つ手の指にPEラインを挟んでテンションをかけながら巻くとライントラブルがない。

遠投時にネリエがズレない安心感

遠投釣りが得意な大知さんだが、いきなり遠くを狙うことはない。渚釣りのセオリー通り波打ち際のブレイクライン(かけ上がり)から攻めていく。それは、渚のチヌがブレイクラインに沿って回遊してくるからだ。

左から右に流れる潮に乗って流れる仕掛けに合うようにマキエを横一列に点々と打ち、ラインを張り気味に流していく。仕掛けが手前に寄らず素直に横に流れていくのは、大きめのウキの踏ん張りと、細いPEラインの水切れのよさのためであることはいうまでもない。

しばらく打ち返すが、サシエのオキアミが残ってくる。そこで、黄色いネリエを平べったくハリに付けて投入。ヒラヒラフォールでアピールする作戦だ。「竿を軽く振っても仕掛けがよく飛ぶからね、サシエのネリエは本当にズレない。遠投しても安心だよね」

狙いは見事に的中した。サシエがゆっくりと沈み終え仕掛けが立った瞬間に、ラインがシュッと走り穂先がスーッと引き込まれていく。

軽く優しいアワセを入れて00号の曲がりを愉しむ。右へ左へと走り回るファイトは渚釣りならでは。取り込んだ銀ピカのチヌに大知さんの笑顔が弾けた。

横走りするチヌの走りを竿の胴に乗せて優しくあしらう。魚が暴れず、それでいて引き味はたっぷりと愉しめるのだ。

狙い通り喰わせた千本浜の初チヌに”大知スマイル”が弾ける。

顔が精悍な千本浜のチヌ。

ナイロンでは出ないアタリも明確に!

魚の活性が低いときは、貴重なアタリをいかにものにするかが釣果を大きく左右する。PEラインの高感度は、これまで逃していたチャンスをも、ものにできると大知さんはいう。

「ナイロンでは気がつかずに仕掛けを回収して、なにか触ってたのかなってことがあった。PEだとそんなナイロンではわからない小さな反応も出るし、よそ見をしていても手元に伝わってくる。小さなアタリがわかるからこそ待てる。それが本アタリにつながるなんてことがけっこうあるんよね」

この日もアタリがないことから、ポイントを少しずつ沖へずらしながら探り40mほど沖でアタリをとらえたのは、1尾目から2時間後のことだった。

「これだけ遠くてもコンコンと小さなアタリが明確に出たからね。そのまま待っているとグーッと引き込んでいったよ」

35cmほどのチヌだったが、PEラインによる”釣ってやった感”の大きさに納得の大知さん。

「使えば使うほどPEのよさを感じるね。今日は穏やかだったけど、風や波があるほど細糸のメリットは生きてくるだろうし、飛距離が伸びるということは探れるポイントが広がることだから、PEを使うことで渚釣りは、もっともっと面白くなるよね」

PEラインにより渚釣りはどう変わっていくのか、今後の展開に目が離せない。

少しずつ沖へポイントを移しながら探っていく。

40mほど沖で遂にアタリをとらえた。

「ここのチヌはよく引くし、景色もいいから最高だね」。

愉しませてくれたチヌは感謝の気持ちを込めて優しくリリース。

PAGE TOP