夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

REPORT ブログ・レポート

森井 陽 ジャパンカップクロダイ下津井予選 参戦記

森井 陽 ジャパンカップクロダイ下津井予選 参戦記

ジャパンカップクロダイ予選に参加!

2016年4月9日(土)、シマノジャパンカップクロダイ下津井予選に参加してきました。
私にとって下津井のフィールドは初めて。しかもクロダイの大会に出場する事自体が少ないため、仲間の情報を頼りに大会へと挑みました。
岸田丸に乗船。下水島南という磯が今回のステージ。6時間で5匹を揃える事を目標に、早々にタックルの準備。

(当日の使用タックル)

(ロッド)NEW 鱗海スペシャル 06号-530

(リール)NEW BB-X テクニウム C3000DXG(LEFT)

最初の3時間はノーフィッシュ…

この磯は、釣り座を取り巻くように藻が生えており、取り込みには細心の注意が必要。複雑に潮が流れ、重ねて潮流も早く、狙うポイントを小刻みに変更しながら釣りを展開しました。しかし答えは返ってこずノーフィッシュのまま3時間が経過しました。

海の変化を捉えて、まず1匹

ここで釣り場に変化。潮流が緩み、いかにも釣れそうな予感。マキエを多めに入れて再度ポイントを作り出し、仕掛けを投入しました。サシエが海底付近まで沈んだその時、NEW 鱗海スペシャルの白い穂先に僅かなアタリが!掛け合わせてみると、クロダイ独特の引きがロッド全体に伝わります。さすがにグレ専用ロッドとは違い、ロッド全体が曲がり込む気持ちの良いやり取り。とは言え、大事な1匹目だけに慎重且つ丁寧に取り込み成功。やり取りの途中、藻に巻かれたことから、次への作戦を練ります。

スパイラルXのパワーで魚を沖で浮かせる!

2匹目はその直後。ロッドから伝わる感触はかなりの大物です。強引なやり取りでは再び藻に巻かれるはず…
ここでスパイラルXのパワーを利用し、沖でクロダイを弱らせる作戦に出ます。SUTブレーキでロッドのブレを防ぎ、一定のテンションを保ちながらクロダイを沖のポイントでステイさせます。ロッドを溜めこむというよりは、竿先をやや前方へと倒し、突っ張るような角度でロッドを保つと、スパイラルXの効果は一目瞭然。クロダイが沖で浮き始めるのです。もちろんこの操作はグレでも同じ事。
30メートル沖でウキがうっすらと姿を見せると、後はNEW 鱗海スペシャルのしなやかさと粘りでクロダイをゆっくりと引き寄せ、藻上を滑らせるようにキャッチ。50センチを超える丸々とした魚体。残り3匹を揃える事が出来ればもしかして…。

思いもかけない結果、優勝!

潮が緩んだこの時間帯を大切に手返しよく集中し、5匹目がタモに納まったのは1匹目を釣ってから僅か1時間での出来事。再び逆方向へと潮流が増し、海中からの反応は全く無くなりました。
5匹で8,166グラム。
来年開催の全国大会への出場キップを手にする事が出来ました。
Xガイドによる繊細な穂先と糸絡みの減少。より集中力をより高めることの出来るロッド『NEW 鱗海スペシャル』は、これからのクロダイ釣りの強い味方、頼れるロッドになりそうです。

PAGE TOP